2022年11月14日

「ドイツへの傾斜」  司馬遼太郎

「ドイツへの傾斜」  司馬遼太郎


司馬遼太郎  「この国のかたち」  文芸春秋


たまたま読んでいた、司馬遼太郎の「この国のかたち」(文芸春秋)の中に、「ドイツへの傾斜」を読んだ。なかなか面白い文章だ。そもそも、なぜ、日本が、日露戦争、日清戦争、太平洋戦争に突き進んだのか?ということにもつながる。

明治の大日本帝国憲法がどのようにできたのかにもさかのぼる。司馬遼太郎は、分かりやい言葉で、誰にでもわかる言葉で、明治時代の蘭学者たちが、ドイツ人のものの考え方、制度を取り入れる方向に向かっていった経緯を述べる。

司馬は次のように述べる。「日本近代史に、“ドイツへの傾斜”がある。アメリカ人で、日本近代史を専門とする人が、『どうしてそんなことになったのか』と、否定的な表情で私に聞いたことがある。」

「江戸期、日本にとってオランダがヨーロッパ文明そのものだった。医学も理化学もオランダ語によって知ったし、オランダ語によって知ったし、またペリー来航以後、幕府が設けた長崎に設けた海軍教育機関も、オランダ式だった」引用文

が、維新の翌年の明治二年(一八六九年)という早い時期に、日本政府はオランダ医学を捨ててしまう。」引用文

「そのようにすべく政府の要路に対して物狂いしたように説いてまわったのは、相良友安(佐賀藩)と岩佐純(越前福井藩)という二人の蘭学者だった。」引用文


「英語圏に見習って国づくりをすべきだった。という言い方も十分以上に成立する。・・・中略・・・ただ、アメリカは、その後南北戦争(1861〜65年)がおこって、幕末における対日外交が手薄になった。」引用文

イギリスも、フランスも、幕府に対して、抜きんでて能動的な対日外交を展開した経緯があった。

「明治維新を起こして4年目(1871年)に、プロイセン軍がフランス軍を破ったことが大きい。在欧中の日本の武官は、目の前で鼎の軽重を見てしまった。かれらはドイツ参謀本部の作戦能力の卓越性と舞台の運動の的確さを見、仏独の対比もした。」引用文。


「憲法についても、そうだった。」
「憲法をつくろうという機運は明治十年代からあり、さまざまな検討が行われたが、結局はドイツの後進性への親近感が勝った。」引用文


面白いのは、次の文章だ、「フランス憲法については、“過激”すぎるという印象だったし、後略」
「ドイツについては、ひいきというよりも、安堵感だったろう。ヨーロッパにもあんな田舎くさいー市民精神の未熟なー国があったのか、とおどろき、いわばわが身にひきよせて共感した。」引用文


中略

「陸軍が統帥権を根拠にして日本国を壟断(ろうだん)してはじめるのは昭和十年前後だが、外交面でまずやったのは、外務省や海軍の反対を押し切って、ヒトラー・ドイツと手を組むことだった。」

中略

「日本の近代化時代のドイツ偏重や、陸軍におけるドイツ傾斜というのは、一種の国家病のひとつだったとしかおもえない。」引用文















posted by 花井英男 at 17:04| 戦争・平和

憲法について考える「県民の集い」

中日新聞の記事―2022年11月13日朝刊―の紹介
11月3日の講演会の記事をずいぶん、たってから載せていますが、大切な内容だと思います。
そのまま紹介します。以下の通りです。


憲法を考える集い

9条の役割を説く

名古屋で大学教授講演

憲法公布から76周年を迎えた三日、愛知九条の会は、
名古屋市昭和区の市公会堂で、憲法について考える「県民の集い」を開いた。


野党共闘を後押しする市民団体「市民連合」の中野晃一・上智大学教授が講演し、7月の参院選後の政治などについて語った。

中野教授は、阿部晋三元首相の国葬や旧統一教会の問題への対応を巡り岸田政権が大きく揺らいでいると指摘。来年の統一地方選が野党にとって重要な局面になる一方、「改革」を前面に掲げた与党が再び政権の座に就く可能性が高いと述べた。


憲法九条に関しては、アジアの近隣職に対する最大の「安心」として機能してきたのに加え、米国の戦争に巻き込まれるのを防いできたとも強調。


「九条を壊せば、平和や国民の権利ではなく、国を守ることが最優先になる。もう一度、希望が持てるように、若者とともに具体的な提案をしていかなければならない」と訴えた。













posted by 花井英男 at 09:26| 戦争・平和

2022年11月13日

HSE48 The 4th Concert

HSE48 The 4th Concert

令和4年11月13日(日)13::開場13:30開演

愛知県芸術劇場小ホール


入場無料

出演

演奏 HSE48バイオリンアンサンブル

指揮 辻 昌宏

ピアノ小関洋子

歌【客演】まほろば遊 (元宝塚歌劇団)

「プラチナのように」

ドラム【客演】魚住英史

曲目

 映画 「ザ サウンド・オブ・ミュージック」より

朝の讃美歌

サウンドオブミュージック

私のお気に入り

ドレミの歌

エーデルワイス

すべての山に登れ

J.S.バッハ メヌエット

J.Sバッハ G線上のアリア

みじかくも美しく燃え

マイウエイ

時代

プラチナのように



日曜日の午後、バイオリンアンサンブルの演奏を楽しんだ。素晴らしい演奏だった。11月3日の名古屋市公会堂での憲法記念の集会の時に、初めて、演奏を聞いた。本日の演奏の案内をもらった。

指揮者の辻 昌宏は、金沢大学フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務めた経歴を持つ。その後、大学院工学研究科を修了し、大手電子部品メーカーに就職。

しかし学生時代に経験した予備校講師への情熱が忘れられず、大垣市で学習塾を起業。さらに若者だけでなくシニアにも教えられないかと、バイオリン教室を開講した。

21年には、名古屋市中川区にHSE名古屋事務所を開設、4周年となる今年、オリジナルソング「プラチナのように」を作詞作曲。

辻 昌宏さんは、音楽活動ではなく、社会活動。バイオリンの技術はもちろんだが、それ以上にメンバーが元気で仲が良いこと、これが一番大事です、と話す。

自ら、バイオリンを弾いて、歩きながら、バイオリンを弾いて、指揮をする姿を、公会堂で見た。気さくな感じの方だ。演奏している曲目も、私のように素人が聞いて、感動する内容ばかりだ。

さらに、メンバーのことを気遣っていることに注目したい。彼は言う、 「この活動を通じて生徒の皆さんが人生を振り返るときに『いい人生だった』と思えるようにしたい」と話す。とかく、自分の満足するように仕切りたかがる人が多い。そうではない。素晴らしい生き方だ。

これからの発展を期待します。











posted by 花井英男 at 17:32| 文学・芸術