2017年08月13日

いわさきちひろ展を見に行く

いわさきちひろ展
ピースあいち10周年特別企画
―世界中のこどもみんなに平和としあわせを―


2017年7月18日(火)〜8月31日(木)
博物館相当施設・戦争と平和の資料館 ピースあいち
2017年8月13日(日)


名古屋市名東区よもぎ台
地下鉄「一社」駅から北へ20分

日曜日の午前中に、ピースあいちのいわさきちひろ展を見に、家内と出かけた。
「ピースあいち」とはどんな所だろうという好奇心もあった。


まず、最初から行き方を間違えた。一社からは遠い。
上社から、バスで近くまで行けることに後で気づいた。


一社から坂道である。行けども、行けども見えてこない。
炎暑の中歩いた。
途中、道を尋ねながら歩いた。

ピースあいちの1・2階は、常設展示。
3階は、企画展会場。


1階で、「ピースあいち」の出来た経緯のビデオを見た。
1993年、愛知に戦争資料館をつくろうという運動を始めた。
戦争と平和の記念資料館を作る運動団体が、愛知県、名古屋市に作るように、働きかけたが実現しなかった。


名古屋市在住の、加藤たづさん(助産婦・看護婦)が、一生かけて作り上げた財産、90坪の土地と、1億円のお金を「ピースあいち」のために寄贈された。

加藤さんは、戦後、結婚されましたが、早くに夫と死別、その後も自立して働き続けました。自分は質素な暮らしをし、一生かけて蓄えた財産を世の中のために役立てたいと考えて、戦争資料館建設のために、寄付をされた。

私も、記念館建設カンパに協力した覚えがある。

ビデオでは、更に、常設展示は、どんな内容なのか、詳しく案内をした。
美術館とか、こういう施設で、ビデオ解説を見るのは大変役に立つと思う。


1階・2階の常設展示場を見た。ぎっしりと詰まった展示は、とても頭が一度に吸収できるわけではない。悲惨な戦争中の生活状態の展示、戦争被害による悲惨な状況の展示である。
「目をそむけないでください」という大きな文字が張り出してある。


自分が、もう受け付けないという感じがした。
圧倒する展示物に私の脳は、拒否状態だ。
もう駄目だという気がした。

詳しいデータ、写真が、これでもか、これでもかと張り出してある。

知らず知らずの間に、緊張状態になっていた。
私は、ビデオ解説で見たほうが、分かりやすいと思った。
先ほどの1階でのビデオ解説はよかった。


逃げるように、3階の、いわさきちひろ展の会場に移動した。
ここで、私の体は、正直だ。体の緊張がなくなった。ほっとした。

平和な雰囲気の中の、ちひろの子どもの絵は、すばらしい。宝だ。

絵本を椅子に座ってみている人、子ども。ここならのんびり出来そうだ。

しかし、腹が減った。
とにかく、昼食に外へ出ようということになった。
出口で、えはがき、絵本、一筆箋などを売っている。
一筆箋を買って外へ出た。


posted by 花井英男 at 15:42| 文学・芸術

2017年08月08日

EMDR学会に参加

日本EMDR学会第12回学術大会
2017年8月4日(金)

明治大学 中野キャンパス
JR中野駅



9:30−10:30
口頭発表
413教室

日本人のためのEMDRセラピー
ーマインドフルネネス編み込みの重要性―

演者
大河原美以(東京学芸大)9:30−10:30
鈴木弘子(すずきひろこ心理療法研究室)10:40−11:40

座長
幸田有史(京都府立洛南病院)

大河原先生の事例発表は、
早口の発表だ。子どものセラピー専門とする発表。大河原先生の発表は、
著書においても、脳科学の分野に言及する。
前頭前野(認知・良い子になりたい私)と皮質下構造(感情と身体感覚)との
繋がりを回復する。SUDを0にすることを目標にしない子もが必要なケースも多いという。


鈴木先生の発表は、ゆっくりとしたよく腑に落ちる発表。
丁寧に発表される感じ。
安全・安心の場のために、色彩を活用する試みは新鮮である。進化していると思う。

口頭発表
551ホール
11:50−12:20

複雑性PTSDの親子に対するパルサーを用いたEMDRの実際

演者:杉山登志郎(浜松医科大)
座長:本多正通(本田クリニック)

世代間連鎖の複雑性トラウマへの取り組み。
4セット法など杉山先生開発の手法は皆に知られているようだ。
ここでも進化しているという感じを持った。

総会
12:30−13:30
学会提供の弁当を食べながらの総会


シンポジューム
13:45−15:15
トラウマ反応の心理教育
シンポジスト
新井陽子(公益社団法人被害者支援都民センター)
福井義一(甲南大学)
紀平省伍(つくし医療・福祉センター)

指定討論
太田茂行(生活心理相談室ナヌーク)



基調講演

複雑性トラウマを抱えた子どもへのEMDR

演者
Ana Gomez MC. LPC

通訳
大澤智子(兵庫県こころのケアセンター)
菊池安希子(国立精神・神経医療センター)

司会
市井雅哉(兵庫教育大学)


初めに、市井先生から、アナ・ゴメス女史の紹介があった。南米・コロンビアの出身で、アメリカに来たときは、英語が話せなかったという。EMDRの実践者・科学者としてすばらしい実績を持ち、世界中で講演をしている実績を持つ。

私も、アナ・ゴメス女史から、署名をして頂いた。

今回、解離の問題にも結構触れる話をされた。これほど深く、解離について言及したことは
今までなかった。

350名位の参加者。講演の内容が大変すばらしいので、
拍手が鳴りやまない。すごい実践者であり、研究者である。
アナ・ゴメスの本が、今回、ちょうど出版された。

「私の中の虹色のパーツたち」
市井雅哉監訳
大塚美菜子訳
スぺクラム社
1800円


冷房の効いたホール。会場の内外で、懐かしい人と挨拶を交わした。
千葉県の」Fさんと挨拶を交わしただけだった。
同じ大学院で勉強した、Yさん、A君と挨拶を交わした。話はできなかった。


市井先生、福井先生とは挨拶をしただけだった。お元気で何よりだ。
USPT研究会参加者の山口県のTさんからお礼の言葉を頂いたりした。


東京のスクールカウンセラーをしている、M先生から、
「小野昌彦先生を紹介して頂いて有難う」、とお礼の言葉を頂いた。


東京では、小野先生の勤務校である、明治学院大学で、
不登校の再登校支援の研究会を、また、

スクールカウンセラーたちが、8月に開くということであった。
行動療法・応用行動分析に基づく再登校支援の研究が、東京のSCの間で始まったのは、素晴らしいと思う。
発展を祈ります。


私が東京に住んでいたら、参加するんですけど、と伝えた。
私は、金子書房から、小野先生監修の本に実践記録を出しましたと、伝えた。

久しぶりに会った、原田さんとは、旧交を温めた。大会運営で忙しい様子であった。東京EMDRで活躍されている。

吉川久史先生が、兵庫医科大学から、広島国際大学に転勤された。EMDRで博士号を取得された。久しぶりに会い、名刺を頂いた。大学の研究者が益々増えることを期待しております。首藤先生を同じ大学ですねと伝えたら、「知り合いですか」と言われた。



日本EMDR学会ワークショップ(継続研修)

2017年8月5・6日(土・日)
9:00―5:00


明治大学駿河台キャンパス
JR御茶ノ水駅


アカデミーコモン
3階アカデミーホール



世代間トラウマ:
愛着理論に基づく親と子へのEMDR

演者:アナ・ゴメス MC,LPC

通訳:大澤智子   菊池安希子

司会:市井雅哉



講師は時間通りにきちっと休憩をとってくれた。
内容がすばらしいので、やはり拍手がなりやまない。
世界各国で講演して回っている素晴らしい実践者だ。
大学の教員ではないので、実践内容が豊かであり、一つの体系を作っている。

久しぶりにJR御茶ノ水駅を見た。東京医科歯科大学でのワークショップに通い、よく来たので、懐かしい。バリアフリー化の大がかりな工事が長年続いている。聖橋(ひじりばし)に覆いがかけられていた。

昼食時間は近くの食堂で、瀬戸のN君、静岡のWさんと親睦を兼ねて、
食堂で旧交を温めた。
静岡のW先生は、80歳になるという。
研修に行く先々で、Wさんと出会う。Wさんを見習いたい。


元静岡県立高校の校長をされた。
今でも、SCとして高校に勤務している。
静岡の観光地についてアドバイスを頂いた。
静岡に来るなら、僕が案内してあげるよと言っていただいた。
僕は、先生が高齢者だから、お断りしますと断った。

Wさんは、USPTにも関心を持っていただいた。是非勉強したいとのことであった。名古屋でUSPT研究会開催の時には出席していただけそうだ。

この6月に、名古屋の国際会議場で行われた、日本精神神経学会での、新谷宏伸先生、小栗康平先生らのシンポジュームに、200名以上のドクターが集まり、盛況であったという、USPT研究会メーリングリストでの記事を読んで、関心を一層深く持たれたとのことであった。

統合失調症の認知行動療法にも関心を持たれているので、
私の実践している参考書を紹介することになった。


学生街の食堂であるので、結構、若者向きである感じがした。


昼の休憩中は、アカデミーコモンのビル1階にある、明治大学・阿久悠記念館をのぞいた。明治大学から、日本歌謡史の中で、著名な人が6人出ていると紹介されていた。
阿久悠の作品の一覧表、明治大学とのつながりが深いことが紹介されていた。

宿泊した宿は、飯田橋の高層ビルの18階で、18階から見る、東京の夜景は、血管の中を血が流れるように、真夜中も車が高速道路や一般道を走り回っている。

すぐ近くに、東京ドームの白い屋根が見えた。水道橋に東京ドームがある。一度、東京ドームを近くで見たい。





posted by 花井英男 at 18:07| EMDR

2017年07月27日

瀬戸内寂聴の言葉  『無常』

瀬戸内寂聴写真展

主催
 
徳島県名古屋事務所   徳島県立文学書道館

2017年7月27日(木)

場所  中日ビル  2階廊下



中日文化センター講座「ジョン・キーツを読む」の後は、2階の喫茶店で友人と一服して、その日の講義のこと、関心を持っていることを、話をして帰ることになっている。

いつもの通り、いろいろ教えてもらったり、感想を言ったりして、喫茶店を出た。
出たすぐの廊下で、「瀬戸内寂聴写真展」をやっていた。


寂聴さんには尊敬の気持ちと関心を持っていたので、一通り見た。
幼児の写真から、95歳の現在に至るまでの人生の節目の写真がコンパクトに展示されていた。

写真の最後に、『無常』という短いことばが出ていた。
寂聴さんのこのことばに感銘を受けた。
思わず涙が出た。

今、死にたいと思っている人に
生きる意味がないと思っている人に
人生のどん底にいる人に、
この短い言葉が、少しでも支えになればと思う。
勿論、私自身に支えになる言葉でした。


瀬戸内寂聴のことば

『無  常』


世の中のことは、すべて移り変わっていくもの。
どんなに不幸な状態がやってきても
その不幸が果てしなく続くことはありません。



必ずいつの日にか終わりが訪れる。
そして誰の元にも幸せは必ずやってきます。



梅雨の時期に雨が降り続いても
やがては夏がやってくるように。



そしてどんなに暑い日も盛りを過ぎれば
涼しい秋風が吹いてくるように。



東日本大震災の被災地を見舞う

岩手県宮古市にて  89才

瀬戸内寂聴



posted by 花井英男 at 18:01| 防災