2018年05月20日

第3回 臨床行動分析カンファレンス

第3回 臨床行動分析カンファレンス

日時 2018年5月20日(日)10:30〜4:45

場所:ウィンクあいち 1001 大会議室

JR名古屋駅前

主催 臨床行動分析研究会


【内容】

司会は、柳沢先生(犬山病院)が担当した。

研究会趣旨説明(10時30分〜10時40分) 

 今野 高志先生(東海中央病院)

ワークショップ(10時40分〜12時30分)

 講師: 瀬口 篤史先生 (医療法人桜桂会 犬山病院、
立命館大学大学院人間科学研究科博士課程1年)

 タイトル: 『クライエントの行動は本当によくなったのか? -精神科臨床における行動指標の活用』


事例検討(13時30分〜16時45分)


 事例@(13時30分〜15時00分)

事例提供者: 平田裕也先生 (BTCセンタ−なごや、CBTを学ぶ会)

  脅迫観念の事例

コメンテーター: 権上 慎先生(広島国際大学大学院博士課程単位取得)(広島 松田病院)


 事例A(15時15分〜16時45分)

事例提供者: 牧野拓也先生(福井大学子どものこころの発達研究センター、その他)

強迫症の男児への実践

 コメンテーター: 橋 稔先生 (目白大学)




臨床行動分析研究カンファレンスは、第3回を迎えた。参加者は全国から、80名以上と思われる。
医師、大学の教員、病院・クリニックの臨床心理士である。

今野先生の趣旨説明では、事例研究の立場が述べられた。事例提供者を叩くのではなく、どうしたらうまく行くか提案をする内容に皆さんでしていこうという基本的な立場が述べられた。

学会とか研修会では、学者・研究者が相手の発表に対して、徹底的に叩きのめすという、品のない発言をする人がいる。参加者が不快な気持ちを持つことがある。臨床心理士の会合ではあることだ。

瀬口先生は、ならい心療内科でも一緒に勤める方だ。今度、立命館の博士課程に入学された。おめでとうございますと挨拶し、講演は大変有益な内容だと申し上げた。

臨床行動分析という難しい分野の牽引者として指導して頂ける方だ。臨床行動分析研究会は、そもそも、中京大の久野先生の教え子たちが始めたもの。瀬口先生の講演の後、考慮すべきこととして、
行動分析で気を付けることは、レスポンデント反応(私的事象)は測定しにくいから、オペラント行動(公的事象)を測定することを考慮に入れるとよいと言う発言、首藤先生がされた。


確かに、既成の質問紙でレスポンデント反応をみるものがある。病院臨床ですべての場面であるわけではない。患者の症状に、すべてマニュアルがあるわけではない。患者の話を行動分析の形でどうまとめるかという課題がセラピストに求められる。

臨床行動分析研究会は、全国区の研究会に成長した。次回のカンファレンスは東京の御茶ノ水になった。

さて、瀬口先生は、15頁のレジメをもとに、10年以上の臨床経験で実践してきた、臨床行動分析の、行動アセスメント、行動指標、標的行動の選択、行動の次元、測定の質などのついて、分かりやすく解説してくれた。


「行動療法研究」、「行動分析研究」など国内のジャーナル、学会での発表論文、海外の論文などから網羅して、解説してくれた。
忙しい勤務と、院生生活の中から、よくやってくれた、大変、勉強になったと、お礼を申し上げた。顔を合わせて話が出来たのはうれしかった。


広島からは、首藤先生(広島国際大学)が参加され、休憩時間中に久しぶりにお会いし、挨拶した。平田先生にも、休憩時間中に、挨拶した。彼は、臨床行動分析研究会の創設者の一人だ。
平田先生の発表は、OCDただ一筋に実践してきた、深さがある。

大阪からは、立命館大学の三田村先生が参加した。第1回に比べると、参加者が増えた。
病院臨床、相談室臨床の質の向上につながる会合であった。

第4回臨床行動分析カンファレンスは、


第4回  臨床行動分析カンファレンス
2018年12月16日(日)

ソラシティカンファレンスセンター

東京  御茶ノ水

内容  シンポジューム
嶋  大樹 (同志社大学)

指定討論 山本淳一 (慶応大学)

事例検討  





   
CBT CASE Camp 2018  in 滋賀 

2018年7月15日(日)〜16日(祝)

内容  事例検討(5事例) 研修会 3講座

会場: ピアザ淡海 滋賀県立県民交流センター  207号室

定員 80名



posted by 花井英男 at 20:11| 臨床行動分析

2018年05月15日

第57回−1 美術集団8月展  名古屋市民ギャラリー栄

第57回−1 美術集団8月展

企画展示 3・11とフクシマ

2018年5月15日(火)〜20日(日)

名古屋市民ギャラリー 栄 8階 第10・11室

入場無料




高校時代(県立瑞陵高校)の同窓生、森君からの案内をいつも楽しみにしている。
森君は、高校時代に美術部に所属した。それ以来ずっと絵を描き続けている。
高校時代は、一緒に、生徒会の副会長をした。

森君の風景画が大好きだ。県美術館での展覧会で幾度も入賞した。その絵を買いたいと言ったら、大きすぎて
家では飾れないだろう。家で飾れる、小さい作品を描いてあげるとと言って、北アルプスの風景画の作品を
描いてくれた。

高校時代の他のクラスの連中が、やっぱり作品展をしている。80歳に近くなっても、皆元気だ。すばらしい。森君は、日本美術史を、日本史と一緒に古代から勉強している。楽しいようだ。一度ゆっくりあって話を聞きたいと思う。

家内と久しぶりに一緒に美術展に出掛けた。

瑞穂区のバス停で、45年前の子どもの保育園時代の知り合いに会った。
懐かしい昔話をしながらバスに乗った。私は、その方が、すっかり昔の面影を残していないので、私は知らずにいたが、栄のバス停に着いて、その方から昔のエピソードを聞いて、ようやく思い出した。

家内は、いつも会って知り合いであった。家内は、付き合いが広く、趣味の会や憲法九条を守る会などで人びととの支え合いの中で生きていいる。
保育園時代のエピソードを聞いているうちに、思い出した。すっかり変わってしまったけれど、懐かしさが出てきた。

家内は、今は、九条の会などで、保育園時代の保護者と面識がある。お互いが、40年以上もまだ憲法を守る運動をしている。人は日常生活の中で、ささやかな支え合いをしているとつくづく思う。
ご主人によろしくと言って栄のバス停で別れた。


さて、美術集団8月展。


入ると、すぐに企画展の作品が並ぶ。

企画展示  3・11とフクシマ


「死せる町」  水彩

「座禅草」〈祈り〉  油彩

セシウムボール    油彩

ある詩によせて   書

一陽来復  パステル

被災地。苦闘   アクリル

県民健康調査―7年目 油彩

痛みの記憶 コンテ

希望の牧場〈私の福島見聞録〉  油彩

かあさん、大事に使っているよ  油彩



フクシマのテーマの作品は、グサッとくるものがある。怒り、悲しみ、やりきれなさ、未解決なままなこと、傷、風化していきそうな危惧、エネルギー政策への不満など。一方で、やさしさがある。



次に一般展示。


友人の森君の作品。

鎌倉  海のスケッチ   T  パステル
鎌倉  海のスケッチ   U  パステル
鎌倉  海のスケッチ  V  パステル



今まで、彼は安曇野の風景画が多かった。今回は、海の風景画。
風景画は好きだ。のどかな海の風景画。


全部で75点の一般展示だ。

ゆっくりと見た。私は風景画がすきなので、じっくり見た。
愛情をこめて描いている作品に共感する。
私は、元気をもらった。

有難うございました。頑張ってください。

私は、美術集団8月の趣旨に賛同します。



美術集団8月主旨

・私たちは、美術を愛し、人を愛します。
・私たちは、表現の自由を尊重します。
・私たちは、人間の尊厳を否定する戦争に反対します。
・私たちは、過去の芸術の業績を今日に生かし、新しい美の創造をめざします。



名古屋市民ギャラリー、7階、8階では、他の作品展もやっているので、見るのが楽しみ。親切に解説をしてくれる。陶芸展のところでは、解説をしてくれた。

和紙ちぎり絵展では、ちぎり絵でこんな素晴らしい作品ができるのかと感心した。すごいと思った。

中京大学美術部OBの第18回としわ会展も見た。
愛着を込めて制作した作品に感動した。

元気をもらった。有難うございました。










posted by 花井英男 at 16:46| 文学・芸術

2018年05月04日

白鳥庭園の青空演奏会

2018年5月3日(木・祝) 9:30〜12:00

白鳥庭園の青空コンサート

場所:白鳥庭園(名古屋市熱田区)

芝生の上にステージが作られていた。
若い女性の司会者がステージに立って、出演者の紹介をした。

無料。 熱田区の「宮の渡し」で催しものをしている太鼓のサークル。

堀川太鼓を普及する会が、活動状況を知らせるのチラシを配っていた。

2018年第24回

みんなで楽しく堀川太鼓をたたこう

主催:堀川太鼓を普及する会



熱ッコの太鼓演奏。太鼓サークル熱ッコ。熱田区を中心に活動しているようだ。
小学4年生から大人の人たち、老若男女すべての人たちによる、笛と太鼓の演奏を聞いた。
演技を含む素晴らしいものだった。

この後、皆さんに、太鼓を自由にバチを持って叩いてもらいましょうと言う時間。皆さんが初めてばちを持って太鼓をたたいて楽しんでいた。その光景がそれぞれで大変面白かった。小さなお子さんを連れたお母さんが一緒に太鼓をたたいていた。男の人が楽しそうに太鼓をたたいていた。小学生も楽しんでいた。

その後、指導者の指揮に従って、色々な叩き方を練習した。上手に初心者をリードしていた。

最後に、指揮者に従い、大きな音を出したり、小さな音を出したりした。
最後に、複雑な叩き方をして、初心者がそろって演奏をした。

皆さん、充実感を持っていた。会場には、テントが張られ、椅子が用意されていた。演奏が終わるごとに、皆さんが拍手をした。立ち見の人たちもいた。


太鼓演奏の後は、素晴らしい歌声とピアノ演奏。これも無料。

プログラムを皆さんに配った。

次の通り。曲目の選び方が気に入った。


“おしゃべりピアニストひらめ”の心の唄

〜今、伝えたい歌たち〜

1999年からの共演は今回で33回目。

ピアノ・うた おしゃべりピアニスト ひらめ(平松 八江子)

(県立知立高校講師・名古屋音楽学校講師・愛知教育大学卒)

うた・バリトン 友森 美文

(名古屋市立向陽高校教諭・愛知教育大学卒)



てるてる坊主   ひらめ(平松八江子さん)の歌

NHK大河ドラマ『西郷どん』メインテーマ  ヒラメによるピアノ演奏


友森美文さんの歌  ひらめのピアノ伴奏

    5月のバラ  
    
    ロマンチストの豚   
    
    さとうきび畑   


  ひらめの歌  友森のピアノ伴奏伴奏

   あなたの心に   
   
   悲しくてやりきれない   


歌い手が、一つ一つの歌の作詞者、作曲者の紹介をしながら、歌っていく。
どんな気持ちが込められているかを解説していく。
演奏や歌が終わるごとに皆さん、大きな拍手をした。無料でこんな素晴らしい歌声が聞けるのはすばらしい。

この二人による、ピアノ演奏と、ひらめの歌、と、友森さんのバリトンの歌声はすばらしかった。
バリトンの歌声には、涙があふれ出てきた。感動的な歌声だった。
ひらめの「かなしくてやりきれない」の歌も心にしみた。

歌を最後まで聞きたかった。プログラムの最後まで参加できなかったのは残念だ。
まだまだ続いたが、ここで私たちは退場した。
国際会議場の憲法記念日の講演会に行った。


偶然、この日は、家内と、国際会議場から、白鳥庭園に散歩をした。熱田神宮公園という広大な公園が、白鳥庭園と名古屋国際会議場の間にある。大きな壁画もある。緑もある。素晴らしい公園だ。

白鳥公園の入り口近くの東屋で家内と池を見ながら、新緑を楽しんでいたら、太鼓をたたく音が突然聞こえてきた。音に誘われて歩いて行ったら、青空コンサート会場にたどり着いた。

白鳥庭園でのコンサートは、偶然の出会いだった。この日たまたま、国際会議場から、白鳥庭園まで新緑の並木道を歩いた。新緑の公園もすばらしかったし、堀川沿いの並木道もすがすがしかったし、堀川の川の流れもきれいだった。すばらしコンサートだった。


posted by 花井英男 at 16:35| 文学・芸術