2021年05月03日

「憲法くんがやってくる」 名古屋市公会堂

憲法施行74周年記念 市民の集い

「憲法くんがやってくる」

名古屋市公会堂

愛知憲法会議 主催

2021年5月3日 1:00〜4:30



第1部  
 
講演
 
 「改めて憲法について考えるー激動する世界と日本ー」


 水島朝穂   早稲田大学 教授

第2部

お笑い芸人  松元ヒロ

ひとり芝居
「憲法くんがやってくる」


松本ヒロの紹介


1952年  鹿児島県に生まれる。鹿児島実業高校在学中、全国高校駅伝で区間賞

1975年  法政大学在学中 陸上の道から芸の道へ

1985年  NTV「お笑いスター誕生」で優勝、(笑パーティ)

1988年  ザ・ニュースペイパーの結成に参加、政治風刺の世界へ

1998年  ザ・ニュースペイパー退団、ソロ活動開始

2005年  立川談志 日本笑芸百選 NHK BS2 選ばれる

2007年  BSラジオ 永六輔その新世界の「土曜ワイド芸能大賞」受賞

2000年―09年  立川志の輔野志の輔落語に毎月ゲスト出演

  
 第1部

早稲田の水島朝穂先生の講演は、ユーモアを混ぜた講演であった。
バイデン・菅の会談で、日米安保は、極東の範囲から、インド太平洋の範囲に広がり、自衛隊の活動範囲は、アフリカ地域まで広がった。アメリカは、日本の自衛隊の活動範囲を広げる約束を菅首相に押し付けた。菅首相は喜んで帰ってきた。日本は戦争に巻き込まれる危険性が益々増えると考えられる。

第2部


何よりも面白いのは、お笑い芸人・松元ヒロの「憲法くんがやってくる」だった。松元ヒロは菅首相と同じ法政大学の政治学科出身と自己紹介。菅首相の経歴を風刺とユーモアを込めて紹介した。身振り手振りでユーモアのある話だ。また、自分の経歴もパントマイムなどで紹介。

 スポーツの世界から、芸に世界に入った。経歴を見てもわかるように、なかなかの人物だ。会場を何度も笑いで沸かせた。身振り手振りで、笑わせた。ザ・ニュースペイパー時代の公演は、憲法記念日の講演会にかつて出演したのを見たことがあった。面白かった。

パントマイムをしていた。ザ・ニュースペイパ―の時代だったか。人間はもともと、言葉を持たなかった時があった。パントマイムを使っていただろうと、言った。例えば、「大きな像が来た」時に、こんな身振りをしただろうとと紹介した。その時にこんな声も出していた、と。

こんな芸人はあまり知らなかった。家内は、日曜版で見たといって知っていた。日本国憲法は、「アメリカの押し付けだ」という考え方が一般通念としてある。これについては、答えにくい面がある。

(しかし、最近、現憲法の中には、日本人の発案になる、部分が、発見されたということで近く、NHKで放送されるという。静岡大名誉教授の鈴木安蔵・憲法学者かなと思う。)

松元ヒロは、現憲法の「押し付け論」に真正面から反論した。小気味よい反論であった。これは従来から憲法学者が言っていることかもしれない。常識的な内容だ。それは次の通りだ。松元は鹿児島出身で身振りで、体をひねり、自分の足元を指さし、鹿児島は、自分の足の先を指さす。その身振りがおかしい。

日本国原産のものは、そもそもなく、外来の物ばかりだ。これを押し付けといえるか。例えば、サツマイモは、鹿児島の産物で、有名だ。それは中国から来たものだ。日本国のものでない。日本国憲法の内容は、そもそも、イギリスのマグナカルタ、フランスの人権宣言、アメリカの独立宣言など世界の政治の結晶から成り立つ。日本にある法制度、文化、植物で外来でない物はない。押し付け論はそもそもおかしいという反論だ。

松元ヒロの圧巻は、憲法前文を、ゆっくりと、その内容の厳粛さを込めて、全文暗記して、読み上げた。聞いていると、全文の中身の素晴らしさをしみじみと味わった。聴衆は、全文を読み上げたときに、拍手をした。憲法の全文は、一度、ゆっくり、読み返してみたいと思った。

約20年前から、「日本国憲法」を人間に見立てた一人芝居「憲法くん」を演じ続けてきたのが、お笑い芸人の松元ヒロさんだ。日本では珍しい政治や社会への風刺のきいたスタンドアップコメディが人気を博し、文化人、知識人にもファンが多い。

松元ヒロはウィキペダイアで紹介されており、ネット上でも紹介されている。


集会の後、鶴舞公園の売店で、農業センターのアイスクリームを買い、食べながら、緑化センターまで散歩した。緑化センタには、芙蓉の紹介の看板がきれいだった。

また、鶴舞公園は、昭和3年に博覧会が開催され、その時の記念の噴水とか、茶室「鶴鶴亭」など他に、選挙が初めて実施されたときの、普選台などがある。


緑化センターを見て帰った。昔ここに動物園があったという。歴史を重ねてきた鶴舞公園の姿である。立派の森の姿がよい、癒しを与えてくれる。


水島朝穂さんは、「憲法くんの誕生のいきさつ」を、水島朝穂のHPに掲載しているので、水島瑞穂のHPを見てくださいと述べた。面白いので引用します。

講演の中で、ぜひ、私のホームページを見てください、と言っていた。憲法50周年のころのことのようだ。


「この時期、全国憲の講演会の準備を進めながら、夜の憲法コントのためのシナリオを執筆した。授業が終わると、駒込の稽古場に通って、メンバーと憲法コントをつくる。これがけっこう大変だった。

メンバーは時間通り来ない。三々五々、出たり入ったり。当時、松崎菊也さん、松元ヒロさんもメンバーで、稽古場では、みんなでウンウン唸りながら話をつくっていく。

メンバーから、「先生、憲法3条と4条で一番問題な点は何ですか」「留置場と拘置所との違いは」など、次々に質問が飛ぶ。

最初はどうなるかヒヤヒヤしたが、稽古場に通うごとに、ちょっとした憲法上の問題でもおもしろおかしくコントに仕立てあげられていった。これには舌を巻いた。

すごい集中力である。私が執筆した「シナリオ」も、稽古のなかで無残に修正されていった(第1場のシナリオが見つかったので、ここに掲載する〔PDFファイル〕。シナリオ中の橋竜とは橋本龍太郎首相のこと)。」


次に、松元ヒロさんが絵本作家と作った「憲法くん」の紹介をします。以下の通りです。


「こんにちは、憲法です。70歳になりました。わたしがリストラされるといううわさを耳にしたんですけど、ほんとうですか」そんな科白からはじまる、芸人・松元ヒロ氏のひとり芝居『憲法くん』の舞台を、平和を愛してやまない絵本作家・武田美穂氏が絵本に仕立てます。憲法改正の動きが急な状況のなかで、本書は静かに、心をこめて、「日本国憲法」の大切さを訴えます。


■芸人・松元ヒロさんをご存知ですか
政治風刺のコントで人気を博したコント集団「ザ・ニュースペーパー」で活躍後、1998年に独立しました。それ以来、時の政権に批判的なネタを舞台にかけ続け、全国を飛び回っています。作家井上ひさし氏、落語家立川談志師、放送作家永六輔氏らが、はやくからその才能に注目し、応援を続けてきました。


■ひとり芝居「憲法くん」をご存知ですか
日本国憲法施行から50年目にあたる1997年の初演以来、松元ヒロさんが機会があるごとに演じているのが「憲法くん」です。日本国憲法を人間に見立ててユーモラスに描き、その大切さを訴える8分ほどの短いネタですが、最近は「憲法くん」を演ってほしいという要望がとても多くなってきたといいます。


■「憲法くん」が絵本化されたわけ
絵本作家の武田美穂さんも、松元ヒロさんの舞台を観つづけている古くからのファンのひとりです。今回、絵のお願いをさしあげたところ、ふたつ返事でご快諾いただきました。


     憲法くん

   文  松本ヒロ
   絵  武田美穂
   
    講談社  

   1540円

私は、面白そうだから、図書館で借りて読むことにした。電話で申し込んだら、今貸し出し中なので、

4人目だという。

憲法のことを、分かりやすい言葉で、小中学生、高校生に、いや、私たちに分かりやすく解説してくれた、女性の憲法学者、青井美帆さん(学習院大学教授)が、名古屋へ憲法記念日に講演に来てくれたことがあった。

その青井美帆さんが書いた本も一度、読んでみたい。

はじめての日本国憲法 (楽しい調べ学習シリーズ)
青井 未帆
  
憲法を守るのは誰か
幻冬舎
青井美帆



















posted by 花井英男 at 18:41| 戦争・平和

2021年04月23日

相生山緑地の散歩

相生山緑地の散歩


先日、緑区に住む家内の妹の案内で、相生山緑地を散歩した。いつかは行ってみたいと思っていた。家族みんなで出かけた。緑区を車で走ると、外側から広大な緑地が見える。どこから入っていいか分からないような感じだ。どこに入り口があるか分からない。雑木林で囲まれている。


老人ばかりで歩いたので、お互いを気遣いながら歩くことができた。入り口は、ほんの小さな入り口である。急な階段があった。お互い転ばないように、声をかけながらゆっくりゆっくり、階段を上った。

辺り全体が、森というか、林というか、竹林というか、という雰囲気だった。竹が切り倒してあった。一応手入れがしてあるという感じだった。どこまでも、どこまでも、樹木があるという感じだった。階段は、細い階段だ。転ばないように歩いた。

階段をしばらく歩くと、細い道に出た。一軒民家がそびえたっていた。こんなところに家を建てる人がいるもんだ。塀越しに民家が見えた。立派な家だ。別荘のような家。その家を見ながら、細い、細い落ち葉の落ちた道を歩き始めた。

落ち葉の落ちが道は、歩き心地がいい。落ち葉が沢山降り積もった感じで、感触がいい。しばらく、あの花は、何だとか、踏み心地がいいとか言いながら、心地よく歩いた。落ち葉の道をしばらく気持ちよく歩いた。

どこをどう歩いたかはもう覚えていない。思い出せる限りで書いて見る。やがて、開けた太陽の光の見える道に出た。民家が時々現れた。義理の妹は、この緑地をずいぶん前から歩いているので、詳しい。地元の人と言葉を交わしたり、知り合いもあるということだ。

民家がちらほらと見えた。こんなところに住めるんだ。でも、ここは名古屋市だ。名古屋市の中の別天地という感じだ。電柱があるから、電気は来ている、電話もきているだろう。水道もきているんだろう。トイレはどうなるんだと思う。

大きな運動場があった。設備として整っている。車も走れる道もある。途中で車とすれ違った。人も来られるところだ。皆が来られる公園なんだろう。開けている。十字路があった。民家がちらほら、見られれる地域に出た。山の上のほうの景色だ。

大きな道路沿いに歩いた。右に、左に、民家が見られるようになった。住宅地帯になった。徐々に開けつつあるところだ。道沿いに歩いた。コンサートをする家もあった。立派な家が多い。背後は、森というか林というか樹木が見えた。

道案内に従って、歩いた。大きな坂もあった。大きな坂の途中で、木の根っこに座って一服した。大きな門構えのある家の前であった。一服していると、主婦が歩いて行った。ここの住人だろう。静かな森の中というか、林の中というか、静かな所だ。

林の中にあるといえばいいだろうか。まだ辺り全体は、林だろう。立派な家ばかりだ。住んでいない家もあるという。建築工事中の家の前に、工事関係者が数人集まって話をしていた。トラックが数台止まっていた。そこを通り過ぎた。一軒一軒手入れの良い家もあれば、手入れのあまりない家もあった。

こんな調子で歩いているうちに、帰り道に向かっていた。最初登ってきた道に出たまたその道を下って降りた。登り始めた道に降りて、街に出た。いい散歩だった、清々しい散歩だった。達成感のある散歩だった。








posted by 花井英男 at 11:05| 自然

2021年04月16日

多治見陶磁器祭り

多治見陶磁器祭りオンライン


ニュースで多治見陶磁器祭りを紹介していた。多治見なら近いから行きたい。しかし、コロナで外出はしたくない。いっそ、オンラインで探してみようかと思った。

元気なら、多治見の街をのんびりと歩いていろいろな店をのぞいて、手に取ってみてみたい気持ちである。行きたい気持ちはあるが、出かけられない。

交通費を使わなくてもよい。サイトはいくつかある、買いたいもののあるサイトを見た。家内と一緒に見て、小鉢を3つばかり注文した。注文してすぐあくる日に品物が届いた。丁寧に包装がしてあった。

久しぶりに窯元から。陶器を買った。毎日、使おうということで、毎日、使っている。やっぱりいい。買ってよかったと思う。

年寄りになって、どうしても、食器を粗相して割ってしまうことがある。仕方がない。やっぱり食器は、楽しいものがよい。小鉢を買って、食事が楽しくなった。毎食買った小鉢を使って食べている。










posted by 花井英男 at 09:28| 日記