2022年12月12日

日本人の心- 冷泉為人氏の講演

令和4年度 心の健康・文化フォーラム

子どもの「こころ・いのち」に応える文化創造を考える
―ともにコロナ危機から立ち上がる中でー


日時 2022年12月11日(日)10:15〜17:00

会場 国立京都国際会館メインホール (京都市左京区)

京都地下鉄  「国際会館」駅

基調講演  日本人の「こころ」と「ことば」と「やまとうた」
―王朝人の「古今集」とその後の歌集と物語と芸術論をめぐってー

冷泉為人氏 (冷泉家第25代当主)/ 公益財団法人冷泉家時雨文庫理事長)

主催 公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会


 朝早く名古屋を出て、大好きな国際会館へ出発した。
途中、新幹線の窓から見える田園風景は、ボーとみているだけで、こころが穏やかになった。いい景色だ。こういう時しか味わえないと思って風景を楽しんだ。


6千人の応募に、運よく1400人の中に選ばれた。「国際会館」駅から、会場への通路は、工事中のため、いったん、地上に出て大回りする道を歩いた。

昼休みの昼食は、食堂を解放してくれたので、食堂でとろうとした。食堂の外も解放されて、机が用意してあったので、ベランダの机に弁当を広げた。となりに男性が座っていたので、「どちらからきましたか」とたずねた。さびしいから話しかけた。「京都から」「地元からで、いいですね」

「どちらからですか」と聞かれ、「名古屋からです」、「1時間ぐらいですか」、「そうです」
「冷泉さんは養子ですよ」京都のどこに家があるか、教えてくれた。

「この山、比叡山ですよ」「え?これ、比叡山ですか」くっきりと晴れた空に、比叡山がなだらかな不等辺三角形の形で、きれいに見えた。驚きであった。こんなに近くに見えるとは。


そのベランダから見える庭の風景がすばらしい。いつも研修でここへ来るときは、大きな庭を散歩するのが楽しみだ。写真に撮って、私は、いつも楽しんでいる。ここのベランダからの風景もいい。

今回の研修は、冷泉為人氏の講演が楽しみで来た。詳しい資料をA4で8枚くらいもらった。驚いたのは、会誌ACADEMIA NO.189 2022.12 一般社団法人全国日本学士会 の本をもらった。

『「日本人の心」について興味があり、少々知識があったので、「アカデミア」No.147に、「王朝人の心」を書かせていただいた。』とのことであった。

あらためて、日本人の心、言葉のことを考えてみようと思った。高校生の時の古文の授業の気分になった。面白いと思った。家に帰り、広辞苑で「こころ」を調べると、なんと、7頁にわたる。読んでいて面白い。










posted by 花井英男 at 08:45| 文学・芸術

2022年11月24日

ジョン・カビラ兄弟の母について

徹子の部屋   2022年11月24日


ジョン・カビラと川平慈英の兄弟が、母を語った。

この番組は、よく見ます。ジョン・カビラと実弟、川平慈英さんが出演した。

二人の雑談を聞いていて、感心したのは、3人兄弟を育てたお母さんの育て方でした。
貧しいテキサス州だが、どこの州だか(カンザス州でした)、聴き忘れたが、貧しい家に生まれたお母さん。
3人兄弟は、日本人の父とアメリカ人の母のもとに生まれた。

お母さんは、世界恐慌の時代に生まれた。貧しい家だったと語る。そのお母さんの育て方を二人が語った。
アメリカでは、麦を売って、必死に生きていたと兄弟に話した。お父さんと結婚されて、オキナワで生活した。異国の地で、毎日不安があったかもしれない。男の子3人を育てた。そのお母さんは88歳でなくった。

3人兄弟は、仲良しだと言っていた。兄弟が仲良しだということが、私には、珍しいし、ほんとに?と
思うし、うらやましい。そんなに仲良しに育てられるの?と思ってしまう。私自身、4人兄弟だが、そんなに
仲良しではない。

3人兄弟仲良しに育てるというのは、やはり、お母さんのお陰ということも感じた。勿論、番組を見に来ていたお父さんのお陰もあると思う。

 そのお母さんのしつけの仕方をジョン・カビラが話した。毎日、家に帰ると、子どもたち3人に、「今日は、どんなことがあったの?」と聞いた。思春期のことだから、ふてくされて、「何にもないよ。」というと、「そんなことないでしょ、何かあるでしょ」と問い詰められた。苦し紛れに、些細なことを話すと、「そうでしょ!素晴らしいじゃない!」と言って、ほめてくれたという。

 ここで、私が注目したいことは、子どもの安全、安心を守るという親としての仕事である。お母さんは、日本という、異国の地で、子どもたちがどういう状態かを、確認したがっていたと思う。異国の地であろうとなかろうと、親として、子どもが安全・安心の状態かどうかを確認することは、親として大事な仕事であると思う。

 お母さんの前向きな態度が素晴らしい!と思った。オキナワという地で、日本について何もわからない状態で、子育てをしたのだ。いつも、子どもに関心を持ち続け、このように接するお母さんの姿勢に感動するし、このお母さんは素晴らしいと思った。

 3人兄弟が仲良しだということも素晴らしい。お母さんが平等に接したのではないか、と思った。











posted by 花井英男 at 17:22| 子育て

2022年11月23日

守山区志段味 歴史の里 しだみ古墳群

散策と歴史探訪

守山区志段味 歴史の里
しだみ古墳群

愛高教退職者の会  11月例会

2022年11月18日(金)  13時20分 

しだみミュージアム前 集合

 案内は、次の通り。

「2年半ぶりの企画です。コロナ禍、それに日本の政治チョット乱れていますが、いかがおすごしですか。
今回は1年前に計画した中止になった、名古屋市守山区にある歴史の里『志段味古墳』を訪ねます。

東西1.7q、南北1qの自然の中の古墳群、散策しながら旧交を暖め、楽しいひとときをすごしましょう。」


久しぶりに、退職者の会があった。楽しみにしていた。都合で、集合時間に間に合わなくなった。まあ、ゆっくり行こう、と決めた。

大曾根まで地下鉄で出て、そこから、ゆとりーとラインのバスに乗る予定だった。途中で、地下鉄「砂田橋」で、ゆとりーとラインへの接続を知った。砂田橋で降り、エレベーターで3階まで行くと、ゆとりーとラインのバス停だった。便利だ。

着いたら、すぐに「中志段味」行のバスが来た。運転手が親切で、「このバスで行けます。行き方を教えてあげるから、乗りなさい」と言ってくれた。

久しぶりに乗るゆとりーとラインから、名古屋の景色が良かった。途中で龍泉寺を通り過ぎた。やはり、距離がずいぶんあった。

中志段味でおりて、次のバスが来るまで、おにぎりをほおばった。うまかった。なかなか、バスが来なかった。上志段味までかなりあった。名古屋のはずれだから、ずいぶん遠いなあと思った。
上志段味で降りたが、どこへどういったらよいか、困った。案内をなくしてしまった。

運転手の言った言葉を思い出した。「信号を渡って、右へ行き、左に行きなさい」その通り歩いた。途中で、神社のような勝手塚古墳があった。通り過ぎた。

運転手の言葉通りに歩いたら、それらしい建物が見えた。広い駐車場を通って、建物の中に入った。中に、退職者の会のメンバーらしき連中がみえた。なんとか、まにあった。皆が、受付をしていた。静かだった。皆、案内係について館内を回り始めた。

黙ってついていった。知り合いがいないか探した。高田さんがいた。しばらく展示を見て歩いていた。高田さんが私を見つけてくれた。「受付をしてください」と言われて参加者名簿に記入した。19名の参加者だ。高田さんとは、外へ出てから、ゆっくりと会話ができた。

案内係に従って、館内を回り、展示品を見た。館内の出発点にある、志段味古墳群のそもそもの起源を説明する動画が良かった。

近くを流れる庄内川沿いにある古墳群は、海とつながる、重要な村であった。そこの王を祭る墓が作られた。ヤマト王権とつながる王とそれにつながる部下たちの墓であった。大中小、いろいろな墓だ。これが古墳群址となった。

館内の展示を見て外へ出た。広々とした外は気持ちが良かった。例会にいつも犬を連れてくるKさんに挨拶した。今回、大型の犬を2匹連れてきた。「ボルソイ犬」という。「ボルソイ」はロシア語で、「俊敏」という意味だ。狩りに使う大型犬で俊敏だという。

時速50キロで走るという。ロシアの貴族階級が所有していたので、迫害を受け、ロシア革命で、殺された。東ヨーロッパに逃げた。2匹は、品の良い、人懐っこい性質で、誰にでも愛想が良くて近づいてきた。好感が持てた。
 
 ところが、一匹は、小型犬には、相性が悪く、「飛びついていく」と、Kさんはいった。  だから、近づく他の犬には、警戒して、離れ離れに歩いていた。

 もう一人、原発保護犬を連れて参加した人がいた。その犬は元気に歩いていた。こちらは、あまり愛想は良くなかった。

 広々とした、国の史跡という古墳群址を歩いた。小春日和で、天気が良く、気持ちが良かった。久しぶりの例会で、知り合いにも挨拶した。志段味大塚古墳に登った。降りて、下で、写真を撮った。

 近くには、東谷山フルーツパークがある。県立大学看護学部のキャンパスもある。名古屋の端っこにある。
久しぶりの会であった。またいつかゆっくりと来たい。帰りは、バスの便は少なく、3時間くらいかかった。ずいぶん、遠いところだ。

例会の準備をしてくれた、舟橋さん、山内さん、ありがとうございました。










posted by 花井英男 at 11:05| 教養