2019年06月23日

沖縄全線戦没者追悼式 「平和の詩」

6月23日(日)、慰霊の日、沖縄県主催  沖縄全線戦没者追悼式が糸満市の平和祈念公園で行われた。

お昼の時間にNHKで放送した。

玉城知事の平和宣言を聞いた。政府に話し合いを通じて、辺野古の基地移転取りやめを求めて行く姿勢を応援したい。

軍事による平和ではなく、話し合いによる平和を希望します。

狭い沖縄に、日本にある米軍基地の70%以上を沖縄が負担している現状。


ひめゆり平和祈念資料館では、展示が今の若い人に、ピンとこないという感想を聞いて、展示内容に工夫をこらしたいと伝えていた。


「平和の詩」が小学生によって発表された。

ここに引用させていただく。

「本当の幸せ」

           糸満市立兼城小学校6年 山内玲奈

青くきれいな海
この海は
どんな景色を見たのだろうか
爆弾が何発も打ち込まれ
ほのおで包まれた町
そんな沖縄を見たのではないだろうか

緑あふれる大地
この大地は
どんな声を聞いたのだろうか
けたたましい爆音
泣き叫ぶ幼子
兵士の声や銃声が入り乱れた戦場
そんな沖縄を聞いたのだろうか

青く澄みわたる空
この空は
どんなことを思ったのだろうか
緑が消え町が消え希望の光を失った島
体が震え心も震えた
いくつもの尊い命が奪われたことを知り
そんな沖縄に涙したのだろうか

平成時代
私はこの世に生まれた
青くきれいな海
緑あふれる大地
青く澄みわたる空しか知らない私


海や大地や空が七十四年前
何を見て
何を聞き
何を思ったのか
知らない世代が増えている
体験したことはなくとも


戦争の悲さんさを
決して繰り返してはいけないことを
伝え継いでいくことは
今に生きる私たちの使命だ


二度と悲しい涙を流さないために
この島がこの国がこの世界が
幸せであるように

お金持ちになることや
有名になることが
幸せではない


家族と友達と笑い合える毎日こそが
本当の幸せだ
未来に夢を持つことこそが
最高の幸せだ

「命どぅ宝」
生きているから笑い合える
生きているから未来がある

令和時代
明日への希望を願う新しい時代が始まった
この幸せをいつまでも





posted by 花井英男 at 13:47| 戦争・平和

2019年06月21日

柳美里と長淵剛の産業技術高校の校歌作成

NHK  あさイチ
2019年6月21日(金)8:15−

柳美里の今

芥川賞作家が本屋開店

華大のための選書

母の直らない癖 息子が暴露



朝食後、あさイチの柳美里(ゆうみり・50歳)の登場の番組をつい見とれてしまった。

福島県立小高産業技術高校(2つの学校の合併、新設校)の歌詞の中に込められた、柳美里の逆境を生き抜いてきた人生の結晶が込められている。歌詞に感動して泣けた。それは、福島の人びとの逆境とも重なる。


校歌発表の日の柳美里の語りと長淵剛の弾き語り。

その歌詞を聞いて涙が流れた。

福島県立小高産業技術高等学校の校歌は、ネット上で見ることが出来ます。



柳美里が 校歌の作詩をして、長淵剛に作曲を依頼したことから始まった。

長淵剛が、「美しいものにしたいね」という言葉から始まった。


「福島県立小高産業技術高等学校 校歌」

作詞 柳美里
作曲 長渕剛

懐かしき海の音満つる
学び舎の窓の彼方
海ありき
海ありき
村上海岸

時は行く
我は行く
今日を祈りに身も魂も

我ら吉名の丘に立つ
我は吉名の丘に立つ

懐かしき花の香満つる
学び舎の窓の彼方
花ありき 花ありき
浮舟の紅梅

時は行く
我は行く
今日を学びに身も魂も

我ら吉名の丘に立つ
我は吉名の丘に立つ

懐かしき輝き満つる
学び舎の窓の彼方
川ありき 川ありき
小高川

時は行く
我は行く
今日という日を旅立ちに

我ら吉名の丘に立つ
我は吉名の丘に立つ

長渕弾き語り


柳美里の詩のすばらしさ。

長淵剛の作曲のすばらしさ。





柳美里の紹介は、NHKの番組紹介からそのまま引用した。

「芥川賞作家で、現在は福島・南相馬で本屋も営む柳美里さんを迎えました。
幼少期から続いたイジメ、一家離散、自殺未遂、家出・・・波乱に満ちた人生のすべてを、これまで作品に表現してきました。31歳のときに発表した小説『命』では、シングルマザーとしての出産、子どもを持つことをあと押ししてくれたかつての恋人のガン闘病など、当時、柳さんが体験していた日々を赤裸々につづって、70万部を超えるベストセラーになりました。そんな柳さんが、今なぜ、南相馬で本屋をやっているのか?柳さん自身、内面が180°変わったという南相馬の土地や人との出会いと、楽しい南相馬ライフを伺いました。本屋では、80の質問に答えると、柳さんが選書してあなたにピッタリの本を届ける「柳美里選書」というサービスを行っています。MCの華丸と大吉が80の質問に答え、柳さんが2人のために選んだ本をスタジオで紹介してくれました。」




posted by 花井英男 at 10:09| 文学・芸術

2019年06月11日

三河一向一揆の舞台 本證寺を訪ねる

愛高教退職者の会  6月 月例会

三河一向一揆の舞台

本證寺を訪ねる

2019年6月11日(火)13:05〜16:00

集合場所:名鉄 西尾線 桜井駅


桜井駅から、あんくるバス(100円)に乗って、野寺本證寺まで行った。
山門で集合した30人以上の参加者は、退職者の会員の廣田純子さん(安城市歴史ガイド)から、自己紹介を聞いた。

パンフレット「安城 歴史の散歩道 三河一行一揆の舞台 本證寺を歩く」 安城市教育委員会発行を頂いた。昔の人々の信仰の姿が描かれている。

廣田さんは、初任校が、新実南吉が務めたということで有名な県立安城高校、最後が西尾東高校だった。退職後、安城市歴史ガイドをしている。数学を教えた。


集合時間には雨が降りそうで、はらはらした。途中で小雨が降った。最後は晴れた。
本證寺は、13世紀、親鸞の弟子、慶円(きょうえん)により開設されたと伝えられている。二重の堀と土塁を持つ、全国でも珍しい「城郭寺院」として知られている。

山門に向かって、左側に赤い蓮、右側に白い蓮が植えられていると言う。今年は遅れていて咲いていない。
山門から歩きはじめて、昔の荘園時代?寺領の広さの感じを知るために、現存する堀とか土塁を見るために、街の中を歩いた。しばらく歩くと、昔の外堀の跡と思われる蓮池が残っていた。

一揆の時の、門徒側か、家康側かどちらの物か分からないが、田んぼから、鉄砲の弾などが出てきた。ガイドの図で紹介した。

例えば、熱田神宮の昔の範囲の大きさは、神宮前や国道沿いの石碑で示されている。驚くくらいの大きさだ。

街の中を歩いて、寺領の大きさを知った。寺領の中に、武士も住んでいた。昔の武士の子孫の家の紹介もした。本證寺公園の構想があり、民家の協力を得て作ると言う。


次に、寺の境内の中に入って、昔の土塁の跡を見た。一揆の後、土塁は埋め戻され、低くなった。内堀と外堀という二重の堀に囲まれていた。


庫裏をかこむものが、2つあり、その外側に東西約320m、南北約310mに及ぶ外堀があった。
堀の底から、土塁の上までの高低差は5.4m以上あった。この土塁の見学をした。


次に、本堂の中に入って、廣田さんの説明をじっくり聞いた。

一向一揆の発端を聞いた。恥ずかしい話だが、私は、一向の意味を知らなかった。ただ、「南無阿弥陀仏」と、唱えると言う意味だ。浄土真宗の信者は、「南無阿弥陀仏」を唱える。浄土宗も同じだ。家康の兵糧集めに怒った、門徒らが、浄土真宗の門徒らの一揆ということで、一向一揆という。

1563年ころ、家康が23歳頃に、兵糧を集めるために、寺の不入権(租税免除と治外法権)侵害が発端となった。
一向一揆では、家康軍を相手に、よく戦ったが、5か月後に和議が成立した。
本證寺は、他の三河三か寺とともに、領主の家康と争った。いったん和議が結ばれたが、巧妙な家康が裏切り、家康から一方的にだされた改宗命令を拒否したため、坊主衆は追放となり、建物も破却されたと伝えられている。

家康の伯母石川妙春尼の尽力もあり、一揆の罪は赦免された。

中略

江戸時代に三河三か寺は、本山―中本山―末寺という本末制度のなかで、本證寺は、中本山の地位を得た。檀家は少ないが、末寺が支えるから、食っていける。「中本山」というのはそういう意味だ。


今日の本證寺の寺観は、江戸時代を通じて、順次整えられた。今日の姿、鐘楼、裏門、鼓桜、経蔵、庫裏、本堂はこのようにして出来上がった。鐘楼は普通のお寺にはないものだ。お城のような構えだ。鼓桜の柱も、普通のお寺のものとは全く違う。

柱には、7月10日に琵琶法師による、相続講の案内のポスターが貼ってあった。
帰るころには、晴れていた。晴れ男、晴れ女の集まったからであろう。運が良かった。

あゆち俳壇のメンバーが集まった。選者の鈴木仁さんに今回の吟行の案内のお礼を申し上げた。
久々に、あゆち俳壇のメンバーに挨拶をした。5人の常連が集まった。8月号の「あゆち俳壇」に、今回の参加者は、吟行の名作を出してくださいと、鈴木仁さんから、激励の言葉を頂いた。

色々分からないことを、廣田さんや他のメンバーにに質問をして、教えて頂いた。浄土真宗と一向一揆との結びつきが分かった。帰るころには、空は晴れた。

駅まで歩いて行こうということで15分くらい歩いた。安城の広い麦畑をアンクルバスの中から見た。もう麦刈りを済ませた所もあった。懐かしい風景だ。日本のデンマークと言われる安城の風景は、のどかでいい。
久しぶりに外出ができた。




posted by 花井英男 at 18:17| 旅行