2019年01月07日

今上天皇・平成天皇のこと

今上天皇・平成天皇のこと


天皇陛下85才、最後の誕生日会見を始め、天皇の生い立ちや、在位中にのご活躍、成長過程など、TV放送がいくつかなされた。
天皇の人柄の素晴らしさにほれぼれした。

12月23日、天皇は、20分間にわたって、戦争と戦後日本の歩みを振り返りながら、「平成が戦争のない時代としておわろうとしていることに、安堵しています。」と述べた。平成天皇は、幼児から青年時代に至るまで、戦争の時代の中で生きてこられた。いかに平和が大事かを身を持って体験された。

皇室という特殊な環境の中で、3歳の時には、母親の下から切り離されて育てられた。大人ばかりの中で生活してきた。ご自分の異常な環境を意識され、世事に疎いので、それを支えてくれる伴侶を求めたという。

天皇の子ども時代のエピソードが紹介された。学校時代の友達同士の会話が紹介された。教師たちは、子ども達の中で育っていく状況を観察していたと述べた。


バイニング婦人(アメリカ人)とか、小泉信三侍従長(慶応大学教授)など素晴らしい環境に恵まれたと思われる。

20分間の話の中に、象徴天皇としての良識がいっぱい詰まっている素晴らしい内容であった。

平成天皇の生涯について、番組がTV放送された。その中で、昭和天皇の名代として、エリザベス女王戴冠式に訪英されたとき、太平洋戦争の時に、イギリス兵の捕虜に対する残酷な扱いを日本軍がしたために、イギリスでは、皇太子訪英の時に、デモなど反日感情がわき起こった。

その時に、チャーチル首相が、野党やマスコミ関係者、反対運動をする人たちを招待して、反日感情を収め、無事、皇太子が訪英できる環境を作った。皇太子は、チャーチル首相の行為に感謝する挨拶をされたというエピソードが紹介された。

日本が戦争に歩んだ道、皇后さまと重ねた慰霊の旅、被災地訪問の旅、障害者や日系人や外国人労働者への思いを語った。

沖縄の人々が耐え続けた犠牲にも心を寄せられた。
日本人として私たちが忘れてしまっている沖縄のことをいつも心を寄せていた。



皇后陛下に対して、「結婚以来常に歩みをともにし、私の考えを理解し、私の立場と勤めを支えて来てくれました。」と感謝の言葉を表された。

すばらしい夫婦だと思う。


平和を築いてこられた天皇に有難うと感謝の気持ちを表したいと思います。





posted by 花井英男 at 12:48| 戦争・平和

2019年01月05日

県美術館に風景画を見に行く

閑輝会の展覧会に行く

第26回 日本画 閑輝会展


県美術館ギャラリー
地下鉄 栄

2019年1月5日(土)


中日新聞で紹介された、無料の日本画の展覧会に家内と行った。何よりも魅力は、「風景画中心に100点」という記事だった。

日展会員の日本画家木村光宏さん(守山在住)が主宰する美術団体「閑輝会」という紹介だった。

風景画と聞いてこれは行かざるを得ないと思った。しかも、入場無料。

家内から指摘されて気づいたが、ほとんどが女性画家ばかりだった。男性は4人だけ。驚いた。会員40名の約百点を展示とあった。
小品から150号までほとんど魅力的な作品ばかりだ。

大自然の絵は、冬でも、春でも、秋でも、静寂そのもので和む。

心和むひと時であった。

帰りは、中日ビルのサンモリッツでお茶をした。
posted by 花井英男 at 17:34| 文学・芸術

2018年12月16日

日曜美術館 柚木沙彌郎

NHK 日曜美術館

2018年12月16日(日)  午前9時〜9時45分


「うれしくなくちゃ生まれない 染色家 木沙弥柚郎の模様人生」  (ゆのきさみろう)



日曜日の朝は、日曜美術館を見るのが楽しみだ。

今朝は、何気なく、見ていて吸い込まれてしまった。

難しい文字の、「柚木沙弥郎」「ゆのきさみろう」とよぶようだ。

年令は、95才の彩色家。作品が楽しい。6月の再放送だという。

「心が躍るような模様を布地に染める」と紹介している。

ピッタリの表現だ。

素朴で惹きつけられる模様。


「命のある」と表現している。

何と言って表現していいか分からない。

とにかく楽しい模様だ。


「柚木沙弥郎公式サイト」というのがある。

そこには、以下の紹介がある。

news 
展覧会など最新情報
2018.10.5更新

profile
略歴 

works
主な仕事の紹介

library
出版物の紹介web図書館

gallery
過去の展覧会の記録

notebook
柚木沙弥郎雑記帳
2018.12.01更新

Mail

以上。
posted by 花井英男 at 18:32| 文学・芸術