2018年03月28日

里親、里子に支援を

里親  里子に明るい、力強い支援を

里親をやめる

―里子の育て方が難しいー



2018年3月28日朝のNHKニュース番組で、「里子の育て方が難しくて里親をやめる」ことを報道した。
里子が、トラウマ(精神的外傷・心の傷)を抱えているので、普通の子どものように育てられないと言う困難さが推測される。

里子の子どもたち自身はトラウマを抱えて、苦しんでいると思う。どう訴えていいか分からないかもしれない。どうしても問題行動を起こしてしまうのだろう。一番必要なのは、子どもへの心理療法によるアプローチであると思う。

これがなされれば、里親も安心して育てられるだろう。里親は、どのような心理療法・アプローチがあるか知らないので、絶望的になってしまうと思う。


家庭の事情で、養護施設に入る子供がいる。養護施設で働く、友人の臨床心理士がいる。

子ども達の家庭背景は、一言で言えない。母親の虐待もあれば、両親による虐待もある。家庭不和、親の離婚。養育能力のない親もいる。

子どもたちには、何の責任もない。しかし、両親による、精神的・肉体的虐待を受けて、心に傷を持ち続けている。成人してからもトラウマに苦しめられて、日常生活、職業生活に困難を覚えている。

精神的にも、肉体的にも、傷を受けて、日常生活をすることが困難な好況にある。
時がたてば解決するというものではない。時間が解決することはできない。

その人が自分で解決できるものではない。施設の職員は慎重に、心を込めて、毎日子どもたちに接ししている。多額の研修費を払い、国内の学会、ワークショップなどの研修など受けている。

トラウマを抱える人への支援は、医療機関、心理相談室では、必ずしも十分な対応が出来ていないと思われる。医師、臨床心理士自身が関心がない、知識がない。対応できない。

トラウマを抱える人への支援は、一朝一夕に解決できないもどかしさがある。現代社会が抱える大きな問題である。

一方、ひきこもり、トラウマ、複雑性トラウマ、解離性障害などに取り組む、臨床心理士、医師、大学の研究者などが増えてきた。

明るい兆しだと思う。EMDR学会では、アメリカで、心に傷を受けた子どもにEMDRを施す実践例のビデオが上映された。アメリカでも、すでに日本より早く、傷を抱える里子を里親の取り組みがあったと思われる。

日本では、杉山登志郎先生(浜松医科大学)が、早くから愛知県の子ども医療センターにおいて手がけ、現在も取り組んでおられた。他にもおられるだろう。


子どものトラウマに取り組む、医師、臨床心理士、PSW、行政、学校の関係者が、里子のトラウマからの回復のためのネットワークが出来れば、里親が一人で抱え込むことはなくなると思う。


まだ、トラウマに関する一般の人の関心は低い。ソーシャルワーカー、医師も知識は浅い。医師の関心も低い。医師も、臨床心理士も、現在の自分の取り組みに満足しているのが実態だ。


里親は、大変な苦労をしていると思う。里親が抱える問題は、想定内のこととして全力で支援する体制が作られなければいけない。

子どもたちが、トラウマの心理療法をうけるための経済的負担を里親が支払うのは大変だ。経済的負担の支援も必要ようだ。支援をする心理クリニックが日本各地にでき始めている。


日本では、現在、カウンセリンぐ料金は、健康保険が使えません。街にある、心理クリニック、心理相談室においては、多額の料金が発生します。

心理相談室を開設しているものとして、大変、心苦しい気持ちです。
早く、健康保険が一般のカウンセリングに使えるようになることを期待します。

トラウマを抱える人に、気軽にカウンセリンぐを受けたり、健康保険がカウンセリンぐに使えるようになる日が早く来ることを期待します。


このような体制が作られるには、少し時間がかかる。しかし、こういう状態を放置していてはいけない。

トラウマを抱えた子ども、トラウマを抱えたまま、青年になった人、大人の方々への心理療法による方法は、豊富になっている。

トラウマを抱える人たちが、問題行動を起こして、福祉制度の恩恵が受けれられなくなっている状況もある。心の病を持つ作業所では、ソーシャルワーカーも、看護婦も職員もトラウマを抱える人への関心がないところがある。十分な研修を受けずに対応している様子が見受けられる。

心の病を持つ人に対応できる能力を付けてほしい、研修を受けてほしい。まだ、国家資格に安住して、お粗末な能力で対応しているのが現状だ。こういう問題が発生していることもも見逃されている。

心の病を抱える人は、デイケア等で、対人関係の困難な人同士のトラブル(もの隠しなど)を体験して、心の傷を持っているとか、医師の不用意な発言に一生傷ついている人もいる。必死の思いで心の病を抱える人は生きていることを知ってほしい。

医療機関の中で、スタッフが気付かない、辛い体験してその医療機関を変わる人もいる。それを、その患者が悪いのだと非難するPSWもいる。患者の立場に立てないスタッフがいることもある。

さて、つらい体験をした人に対する、心理療法として次のようなものがあります。
ブレインスポッティング、USPT統合法、EMDR療法などが、現在、各地で、実践がされている。

これらは、どれもしっかりとした心理療法である。人によっては、1年以上かかる人もいるだろう。

こういう心理療法が、トラウマを抱える、子どもたち、青年、大人に届く時代になっていることを知っていただきたいと思います。

養護施設で育った子供の中には、青年に成長してから、独立して生活をしていくことに困難を抱えている人が少なくないと報道されている。こういう子供たちに、十分な支援が配慮されていない現状だ。

私は心のトラウマを抱えて、日常生活に困難を抱える方への支援をしている者の一人として発言しました。
明日への希望を持っていただきたいと思います。

読んでいただいて有難うございます。








posted by 花井英男 at 10:40| USPT研究会

2018年03月26日

故キング牧師の孫が「私には夢がある」とスピーチ

故キング牧師の孫が「私には夢がある」とスピーチ


アメリカでは、2018年3月24日、銃規制強化を求める「命のための行進」が各地で行われた。
アメリカばかりでなく、世界中で銃規制のデモが行われた。

日本では、最近、名古屋で、アメリカで、留学中に、銃の犠牲になった、服部君の両親が、ささやかな会合を開いた。旭丘高校の服部君が、ハローウィーンの日に、間違えて訪問した家で銃殺された。

アメリカの集会では、小さな子どもがスピーチをした。
さらに、故キング牧師のお孫さんが、スピーチに立った。

「私のおじいちゃんには夢がありました。私にも夢があります」という銃をなくすための趣旨のスピーチをした。


アメリカは、憲法で銃所持が記述してあるため、銃社会になっている。
文明社会であるアメリカは、銃の所持なんて必要がない。

私は、英語の教師をしていたころ、高校に派遣されてくる、アメリカ人の青年教師に、アメリカは憲法に、銃所持の条文を持っていること自体がおかしい、と話したことがある。その青年は不機嫌になってしまった。


アメリカでは、にっちもさっちもいかない状況になっている。銃産業が、自分の利益追求のために、銃規制を阻んでいる。トランプ大統領は、銃産業から献金をもらっているため、本格的に銃規制強化に取り組まない状況だ。


やはり与論で銃規制強化を進めて行かなければいけない。銃規制の世論が高まることを期待します。


posted by 花井英男 at 17:37| 戦争・平和

2018年03月25日

第4回 瑞陵 ポプラの会 作品展

第4回  瑞陵ポプラの会 作品展

日時時:平成30年3月20日(火)〜25日(日)9:30〜17:00

場所:名古屋市博物館 3階ギャラリー 第6室


出品者名と作品名



[水彩画の部]


若山好子 
 
1.春の兆し 2.静物 3.ケベックの森4.阿弥陀ヶ原 

5.高山・三の丸 6.昼下り7.追想の街 8.裏街の一隅



[油彩画の部]

大角喬男 

1.フェスチバル 2.サーカス 3.玉のり
 
4.初夏のおとずれ 5.カサブランカ 6.仔犬



奥村 忠  

1.株杉  2.郷愁(古田博模写)  3.朝焼けの富士

4.吉瀬のしだれ桜 5.御岳二の池小屋 6.錦秋の駒ヶ岳



[油彩画 / 版画の部]


田川知子


 1. 朝もやロックカジャック 2.天空のコルド 3.時計台のある村

4.コロンジュラジール  5.フランス人形 6.籐椅子  7.小さい花






[植物画]


恒川三和


 1.犬張子 2.土瓶 3.ミニチュア&サンキライ 4.ガマズミ

5.木蓮 6.キウイ 7.フヨウ・シャリンバイ&コトネアスター




[詩・写真の部]



成田重忠 
 

ソネットの詩   人形 ヒトガタ 

       写真  人形   ヒトガタ



作品展を鑑賞して



成田君[高校、大学のクラスメイト)から、案内状を頂いた。毎年、見に行くのを楽しみにしている。会場で、瑞陵高校時代の同窓生と話が出来るのがうれしい。今回も、受付の席に座りこんで、受付を担当していた二人の女性と長話をした。

担任の名前を告げて、どこの組だったか、先生のことを話したり、話がはずんだ。
そこへ森君が元気よく登場し、さらに話がにぎやかになった。


森君と田川さんと私の3人が、会場の中に入り、作品を前にして、消息を話したり、じっと話を聞いたりした。お互いが、現在、関心を持つことを話す。

田川さんは今まで抽象画を描いていたが、街の景色とか、風景画を描いていると言う。昔の友達から、昔のわけのわからないよな抽象画をかけよと言われてしまうと言っていた。

森君と私は、高校時代、生徒会の副会長を一緒にした。森君は、高校時代から、美術部にに所属し、現在に至るまで、絵画制作に励んでいる。

田川さんは、版画もしているという。絵の作品はプロ級の出来栄えだ。


皆さんの作品は、上達し、プロ級かプロ級に近い。
特に田舎の風景画は懐かしい。大好きだ。

中日文化センターの絵画教室に通っている人が多いようだ。
田川さんは、フランス南西部地方の「美しい村」を旅をして、そこの風景画を描いた。

森君は、絵画の創作団体にいくつか参加していたが、日本美術史にエネルギーを注ぎたいということで、「8月〜」の反戦を掲げる絵画集団だけに絞ったという。そういう事情で、今回、森君は、出品していない。

森君は、毎日の日課を教えてくれた。彼の昔の面影を思い出しながら、話を聞いた。
朝、2時間は、英会話の録画を見て、勉強をする。

残りの3時間は、日本美術史と日本史の勉強をして、記録に残している。森君は、古代から、現在に至るまでの美術史を知りたいと言う気持ちを持っている。森君は、面白そうに、勉強の成果を話してくれる。

織豊時代の戦乱の時代に、世の中が荒れている時代、ドンパチをしている時代に
すばらしい絵画が創作されていると。

江戸時代後期、幕末の黒船が来たころ、日本国内が騒然とした時代にも、すばらしい作品が創作されていると。
安定した時代、大名のお抱え絵師が代々、伝統的な作品を描いた。そういう作品を超えた作品が世の中が不安定な時代に生まれていると。


最後に、成田君の詩 ソネットを紹介させていただく。

成田君は、75歳になってから、母校の愛知教育大学大学院で、ディラン・トマスの詩について、修士論文を英文で書いた。ネイティブの英語チェックを受けた立派な論文だ。

県立高校の教員・校長時代にも、詩作を続け、文芸評論家・詩人・北川透さんと交流を続けた。

中国の大学で、日本語教育にも携わった。

彼は、最近、昔教えた中国の大学へ、教え子が同窓会に招いてくれたので、1週間ばかり、奥さんと中国に行った。教え子たちは、昔の通り、温かく迎えてくれた。中国社会は全く変わってしまっていたと。


ソネット  人形 ヒトガタ

成田 重忠

人形(ヒトガタ)がそこにある

視られることで

私は生きている

視線は栄養だ

決して視ない

眼が無い

時間が跳ぶ

空間が歪む

耳も口も無くなる

視られることで

成長している

眼のある人は

やさしくてなつかしい

土の匂いがする









posted by 花井英男 at 11:28| 文学・芸術