2022年04月05日

筑波大 文京キャンパス訪問   東京・茗荷谷

私の趣味―地方の国立大学のキャンパスをみること

  
 2022年4月5日


 東京の茗荷谷(みょうがだに)にどうしても行かなくては、ならなくなった。新幹線に乗ると、富士山を見るのが楽しみで、行は、左側の席に座る。今日の富士山は、きれいだった。雲が少しかかっていたが、ほとんど裾の全部がきれいにみえた。写真に撮ろうと、スマホを取り出そうとしたら、あいにくすぎてしまった。


 帰りもみようとしたが、あいにく、雲っていた。富士山のすそ野の広がりを全部見るというのは、ほんとに幸せだ。

 さて、茗荷谷といえば、奈良教育大学大学院時代の恩師、小野昌彦先生が、現在、筑波大学文京キャンパスの心理相談室に勤務されているとので、ついでに寄っていこうと思いついた。居ないかもしれないが、まあいいやと思い、昼食を、大学のそばの、公園でゆっくり昼食をとった。

 元筑波大学(東京教育大学)のキャンパスだった、敷地が、文京区に寄付され、広い公園になった。すごく立派な公園だ。若い人たちが、シートを広げ座っていた。若いお母さんたちが、電動自転車に子どもを乗せてきて、三々五々と会話していた。子どもたちは自由に周りで遊びまわっていた。
 
 トイレもあるし、電話ボックスもある。彫刻もある。天気もいいし、のんびりできる。公園を全部見て回りたい気持ちだった。昼飯をおいしく食べて、機嫌よく、5階建ての筑波大学の中に入って行った。運よく、会えればいいし、会えなくてもいいと思った。

 守衛がおりお辞儀をして、丁寧に、用件を伝えた。402号だと告げられた。エレベーターで上がった。静かで誰もいなかった。402号室をノックして、「名古屋の花井です」と自己紹介して、「小野先生おみえですか」告げた。中年の女性が愛想よく応対してくれた。中から、「名古屋の花井先生ですか」と言って出てきてくれた。

 「中京大学の認知・行動療法学会の時に会った、Sです」と言って、青年が出てきた。「今、筑波大のK先生のもとでやっております」と挨拶してくれた。「先生は、今日は明治学院のほうです」、・・・・「お元気そうで何よりです」と私。Sさんは、大学院生の時、緘黙・不登校の小学生を小野先生となおし、その児童は小学校に復帰し、元気に活躍した。

 その成長ぶりは、小野昌彦先生からも聞いた。緘黙の児童をなおすことは、難しい。すごいことをやってのけた。その実践研究のポスター発表を、中京大学でされた方だ。小野昌彦先生の後継者だと思う。私は彼から発表を聞くことができた。その時以来の再会であった。なつかしさが出てきた。・・・「先生によろしくお伝え下さい」と言って帰った。

 小野昌彦先生は、日本の屈指の不登校研究の研究者、実践者で、母校・筑波大茗荷谷の 心理・発達教育相談室相談員 大学等非常勤研究員も務める。
 私が、今あるのは、小野昌彦先生の指導のお陰です。不登校の子どもたちの教室復帰を実現してきた。

 現在、スクールカウンセラーが学校に配置されたが、不登校の問題が未解決のままになっている。膨大な予算が組まれているが、その費用の効果が出ていないのが実情だ。スクールカウンセラーの質の向上が求められている。










posted by 花井英男 at 21:52| 認知行動療法

2022年03月15日

名古屋市美術館  ゴッホ展

ゴッホ展

響き合う魂   ヘレーネとフィンセント

Collecting Van Gogh

Helene Kroller-Muller’s Passion for Vincent’s Art

2022年2月23日(水・祝)― 4月10日(日)

名古屋市美術館


 ゴッホ展に行った。ゴッホの作品について、改めて、素晴らしいと思った。すべての絵がすばらしいと心から思った。じっくりと作品を見たのは、今回が初めてかもしれない。会場は、鑑賞者であふれていた。

 ゴッホについては、かつて、在職時代、名演の演劇鑑賞会に参加していた時にゴッホの生涯の演劇を見た。統合失調症(かつては、精神分裂病)の症状が出たゴッホの役を俳優が演じた。その強烈な印象が頭に残っている。

 そのため、ゴッホの絵から距離を取っていた。作品を見なかった。ずうーと長い間、ゴッホから遠ざかっていた。長い、長い、間、ゴッホから遠ざかっていた。

 弟の存在を知っていた。唯一ゴッホを支えていると思っていた。実際にそうだった、弟テオの存在ばかりでなく、その奥さんも理解者だったと知った。その子供も、大きな役割を果たした、と知った。

 今回の展覧会では、さらに、ゴッホの芸術に魅了された、女性がいたことを知った。ヘレーネという女性の存在が紹介された。名もなき、女性は、資産家の夫の援助を受けた。ヘレーネは、ゴッホばかりでなく、ミレー、ルノワール、スーラ、ルドン、モンドリアンら作品も収集していた。

 ヘレーネは、ゴッホの芸術に魅了された、という。










posted by 花井英男 at 18:52| 文学・芸術

2022年02月26日

ドラゴンズライブ 2022

ドラゴンズライブ 2022

阪神×中日戦  北谷


コロナにロシアのウクライナ侵略で不安が増した。

オンライン研修会の後、オープン戦を見た。2対1でドラゴンズが、初戦を飾った。

根尾、石川など若手の活躍を見ることができた。いよいよ春だ。ドラゴンズの活躍を期待する。


 
 来週からは、バンテリンドーム地元でオープン戦。







posted by 花井英男 at 16:12| スポーツ