2020年12月29日

たけしくんハイ

2020年12月29日
銀河テレビ小説  「たけしくん  ハイ!」
総合テレビにて年末年始に再放送!


毎朝、6時半ごろに起きて、NHKのTVを見る。29日の朝、たまたま見ていたら、青年時代の北野武が出てきて挨拶をした。ハンサムな青年だったなあと感心した。こんな時代もあったのか。


続いて。貧乏、子だくさんの家のドタバタ劇が始まった。ツイツイ面白くなって、終わりまで見てしまった。なんでこんなに面白いんだろうと思った。

きたのたけしの少年時代のめちゃくちゃな場面とまじめな場面の入り混じった姿が出てきた。酒飲みのおやじのでたらめのどうしようもない面、四苦八苦する、木の実ナナ演ずる母親役、終戦直後のドタバタ時代。毎日がドタバタですぎていく。

自分の家も、違ってはいるが、振り返ればこんな風だったのかな。なつかしさがあるのかな。なんだか、劇の展開に飲み込まれてしまった。終わりまで見た。なんでこんなに面白いのだろう。毎日、面白いことは何もないのに。一日中考え込んでしまった。これから、正月の3日まで再放送するという。

作品解説をネットで探した。以下の通りだ。


「2020年12月29日(火)から2021年1月3日(日) ※1月1日の放送はお休みです。
午前7時20分から午前8時19分 3話ずつ放送」

【原作】
北野武

【脚本】
布勢博一

【音楽】
渡辺敏幸

【出演】
林隆三 木の実ナナ
小磯勝弥 千石規子
金田龍之介 今井和子
趙方豪 松田洋治
牧伸二 北見治一
ほか

【内容】
北野武が少年時代をつづったエッセイをドラマ化。昭和20年代、貧しいペンキ職人の家に生まれた下町のやんちゃ坊主が、たくましく生きていく姿を、楽しいエピソードを交え描いていく。

【初回放送】
1985年7月15日から8月2日
総合「銀河テレビ小説」にて放送




posted by 花井英男 at 15:07| 教養

2017年12月11日

落語  おかめ団子

NHKラジオ深夜便
2017年12月10日

【話芸100選】

古典落語

「おかめ団子 」林家たい平

解説:柳家さん喬

聞き手:遠藤ふき子アンカー



久しぶりにいい落語を聞いた。笑点に出ている、林家たい平の落語である。

林家たい平には親近感を持つ。彼は美術大学出身だ。

美術大学在学中に、人を楽しませるためには、絵を描く方法もあるが、落語による方法があるという気持ちを持ち、落語家になったという経緯がある。


母校の小学校で、小学生に落語を作ってみることを提案し、子どもたちに学校で寄席を開催した。素人が出来ることではない。見事に成功させた。

このことを私は、勤めていた中学校のスクールカウンセラー便りに紹介した。

さて、おか目団子の内容は次の通り。

林家たい平の話した内容と少し違うが、大筋は次の通りです。

「落語あらすじ事典 千時寄席」から引用します。

おかめ団子(おかめだんご)/落語

   
麻布名物「おかめ団子」を舞台にした、地味でつつましい人情噺。

麻布飯倉片町に、名代のおかめ団子という団子屋がある。

十八になる一人娘のお亀が、評判の器量よしなので、
そこからついた名だが、暮れのある風の強い晩、

今日は早仕舞いをしようと、戸締りをしかけたところに
「ごめんくだせえまし、お団子を一盆また、頂きてえんですが」と、一人の客。

この男、近在の大根売りで、名を多助。

年取った母親と二人暮しだが、
これが大変な親孝行者。

お袋がおかめ団子が大好物だが、ほかに楽はさせてやれない身。
しかも永のわずらいで、先は長くない。

せめて団子でも買って帰って、喜ぶ顔が見たい。

店の者は、忙しいところに毎日来て、
たった一盆だけを買っていくので迷惑顔。

邪険に追い返そうとするのを主人がしかり、座敷に通すと、
自分で団子をこしらえて渡したので、多助は喜んで帰っていく。

中目黒の家に帰った多助、母親が嬉しそうに団子を食べるのを見ながら床につくが、
先ほど主人が売上を勘定していた姿を思い出し、

大根屋では一生お袋に楽はさせられない、あの金があれば
と、ふと悪心がきざす。

頬かぶりをしてそっと家を抜け出すと、風が激しく吹きつける中、
団子屋の店へ引き返し、裏口に回る。

月の明るい晩。犬にほえたてられながら、
いきあたりばったり庭に忍び込むと、雨戸が突然スッと開く。

見ると、文金高島田に緋縮緬(ひじりめん)の長襦袢(ながじゅばん)、 
鴇(とき)色縮緬の扱帯(しごき)を胸高に締めた若い女が、

母屋に向かって手を合わすと、
庭へ下りて、縁側から踏み台を出す。

松の枝に扱帯を掛ける。言わずと知れた首くくり。
実はこれ、団子屋の娘のお亀。

多助あわてて、「ダミだァ、お、おめえッ」
「放してくださいッ」

声を聞きつけて、店の者が飛び起きて大騒ぎ。
主人夫婦の前で、多助とおかめの尋問が始まる。

父親のツルの一声で、無理やり、婿を取らされるのを苦にしてのことと分かって、
主人が怒るのを、太助、泥棒のてんまつを洗いざらい白状した上、

「どうか勘弁してやっておくんなせえ」、主人は事情を聞いて太助の孝行に感心し、
罪を許した上、こんな親孝行者ならと、
その場で多助を養子にし、娘の婿にすることに。

お亀も、顔を真っ赤にしてうつむき、「命の親ですから、あたくしは……」
これでめでたしめでたし。

主人がお内儀さんに、
「なあ、お光、この人ぐらい親孝行な方はこの世にないねえ」
「あなた、そのわけですよ。商売が大根(=コウコ、漬物)屋」。

多助の母親は、店の寮(別荘)に住まわせ、
毎日毎日、おかめ団子の食い放題。 

若夫婦は三人の子をなし、
家は富み栄えたという、人情噺の一席。

【うんちく】

モデルは実在の団子屋


文政年間(1818〜30)から明治30年代まで麻布飯倉片町に実在し、
「鶴は餅亀は団子で名は高し」と川柳にも詠まれた名物団子屋をモデルとした噺です。

おかめ団子の初代は初代は諏訪治太夫という浪人で、釣り好きでしたが、あるとき品川沖で、
耳のある珍しい亀を釣ったので、

女房が自宅の庭池の側に茶店を出し、
亀を見に来る客に団子を売ったのが、始まりとされます。

それを亀団子といいましたが、二代目の女房が オカメそっくりの顔だったので、
「オ」をつけておかめ団子。
これが定説で、看板娘の名からというのは眉唾のよし。

黄粉をまぶした団子で、一皿十六文と記録にありますが、
明治の三代目麗々亭柳橋の速記には五十文とあり、これは幕末ごろの値段のようです。





posted by 花井英男 at 17:45| 教養

2015年12月12日

佐々木常夫さんのこと

佐々木常夫さんのこと


 ラジオ深夜便で佐々木常夫さんの話を聞いた。夜中にハッとして目を覚ましてしまった。
 私は名前を知らなかったが、身近な人に名前を話したら、知っていた。

 「働く君に贈る言葉」が感動のロングセラーになっているようだ。働くこと、生きることについて著者が語ることには、知恵が詰まっているようだ。

 生き方、働き方をシンプルに教えてくれる26の言葉があるという。
確かに分かりやすく話してくれる。

 何よりも私はすごいと思うのは、初めて課長に昇進した84年に、妻が肝臓病を患い、その後うつ病を併発し、40数回入退院を繰り返す。


 自閉症の長男を含む3人の子どももおり、全ての育児・家事・介護をこなすために、毎日定時に退社する必要に迫られる。

 「最短距離」で「最大の成果」を生み出す仕事術を極めるとともに部下をまとめ上げるマネジメント力を磨き上げた、という。

 会社での仕事でも赤字の事業や会社を黒字にするなど、多くの事業を成功に導いた、という実績を持つ。

 私的な面で、家族の病気、子どもの障害などで不確実な事柄に接するとき、不安・あせり、怒りなどが出る。方向性が出ない時には、日常の困りごと、症状について誰しも困ってしまう。そのようなときに、どう対処するか?

 本人、家族が困り切っている。それをサポートする組織があればよい。それをサポートする人が身近にあればよい。

 佐々木常夫さんは、どうそれを乗り切ってきたのか。もう少し知りたい。
posted by 花井英男 at 09:43| 教養