2017年07月27日

瀬戸内寂聴の言葉  『無常』

瀬戸内寂聴写真展

主催
 
徳島県名古屋事務所   徳島県立文学書道館

2017年7月27日(木)

場所  中日ビル  2階廊下



中日文化センター講座「ジョン・キーツを読む」の後は、2階の喫茶店で友人と一服して、その日の講義のこと、関心を持っていることを、話をして帰ることになっている。

いつもの通り、いろいろ教えてもらったり、感想を言ったりして、喫茶店を出た。
出たすぐの廊下で、「瀬戸内寂聴写真展」をやっていた。


寂聴さんには尊敬の気持ちと関心を持っていたので、一通り見た。
幼児の写真から、95歳の現在に至るまでの人生の節目の写真がコンパクトに展示されていた。

写真の最後に、『無常』という短いことばが出ていた。
寂聴さんのこのことばに感銘を受けた。
思わず涙が出た。

今、死にたいと思っている人に
生きる意味がないと思っている人に
人生のどん底にいる人に、
この短い言葉が、少しでも支えになればと思う。
勿論、私自身に支えになる言葉でした。


瀬戸内寂聴のことば

『無  常』


世の中のことは、すべて移り変わっていくもの。
どんなに不幸な状態がやってきても
その不幸が果てしなく続くことはありません。



必ずいつの日にか終わりが訪れる。
そして誰の元にも幸せは必ずやってきます。



梅雨の時期に雨が降り続いても
やがては夏がやってくるように。



そしてどんなに暑い日も盛りを過ぎれば
涼しい秋風が吹いてくるように。



東日本大震災の被災地を見舞う

岩手県宮古市にて  89才

瀬戸内寂聴



posted by 花井英男 at 18:01| 防災

2016年02月27日

被災地に笑顔を届けるヘアスタイリスト野沢さん

  
被災地に笑顔を届けるヘアスタイリスト野沢道生さん


 2016年2月27日朝のNHK番組で、ヘアスタイリスト・野沢道生さんの活動を見た。
何度も被災地を訪れ、被災者へ、ヘアアレンジをして奉仕活動をしている。無料で。身銭を切っての活動である。

  被災地の人たちへ笑顔を届ける活動ある。



 東北の人たちは、被災地で復興のため、めいめいが必死に生きている。

 身づくろいをしている暇も余裕もない中、そこを訪れ、散髪をしてもらい、気持ちが明るくなり、涙を流す人もいる。

NHKの番組の説明によれば、次のとおりである。
被災地各地での取り組みをレポートする。


 人気ヘアスタイリストの野沢道生さんは、震災以降、仮設住宅を訪れ、ヘアアレンジを施す活動を続けてきた。その数、およそ70か所、1200人に上る。そんな野沢さんが指導しているのが、福島県郡山市にある美容専門学校。


 野沢さんは、ヘアメイクの心を伝えたいと南相馬市小高地区で学生たちと一緒にヘアイベントを企画、実施した。被災地に足しげく通う野沢さんの取り組みを見つめる。
posted by 花井英男 at 11:46| 防災

2015年09月01日

災害食

NHKあさいち
「これならできる災害食」


 9月1日は、防災の日。この番組はよかった。早速ホームページを印刷して、必要なものを揃えたいと思った。一覧表を家内に見せて準備を進めたい。

 防災食ということで関連する事柄は、備える道具と備える食材に分けられる。まずは、備える道具は次のとおりである。
@ クーラーボックス
食材を保管するため。
A 保冷剤
保冷材は一番上に置くこと。
B アルミホイル
C ラップ
D クッキングシート
E ハサミ
F 皮むき器・ピーラー
G カセットコンロ
           その他

備える食材

@ パスタ
A クラムチャウダスープ
B 水
C 糖分の高いジュース
D お茶
E 缶づめ(魚の水煮、鶏ささみ、大豆、コーン缶(ドライパック)、あさり缶、マッシュルーム缶、
F ドライフルーツ・プルーン、
G ひじき
H 小魚のつまみ
I トマトジュース
J サプリメント
K 切り干し大根
L 顆粒
M 塩
N こしょう
O マヨネーズ
P すりごま
Q ポテトチップス
R 高野豆腐
S バター
21 しょうゆ
22 たまねぎ
23 にんじん
24 サラダ油
25 その他


  スーパーに行って、食材を確認した。なるほど、こんなものがあるのかと思った。
  番組では、スープパスタ、トマトジュースごはん、切り干し大根と鶏ささみ缶マヨネーズあえ、高野豆腐そぼろ、高野豆腐ミートソース風などのレシピも載せていた。
 日頃これらを練習して、作って食べてみたい。
posted by 花井英男 at 14:25| 防災