2019年05月19日

自然風景と小さな旅  朝のひと時

朝のひと時

NHK 日曜日の朝
5月19日(日)


さわやか自然百景  静岡県愛鷹山
7:45分―

小さな旅  「もやいの海ふたたび〜熊本県水俣市」
8:00―8:25


日曜の朝、朝食をとり、静かな、ゆったりとした気分で、短い時間だが、日本の各地の自然の風景
を紹介するNHKの番組「さわやか自然風景」は、心が和む。

四十雀、ひよどり、こげら、きせきれい、やまがらなどが出てくる。富士山や、愛鷹山の風景は気持ちがいい。


続いて、「もやいの海ふたたび」もよかった。


水俣と言えば、かつての悲惨な公害を思い出す。今は、海底も復活して、きれいになったと紹介した。
海底が昔の姿を取り戻した姿を紹介した。豊かな海が昔通りになったのは、うれしい。

更に、もやいという2隻の船をつないで、漁をする場面を紹介した。
2隻の船で、速度を合わせ、魚を囲い込む。

もやいぶね「舫い船」という言葉がある。
他の船を杭(くい)などにつなぎとめた船。

この2つの船の映像を紹介した。
こういう漁があるのかと思った。

漁師が仲よく、呼吸を合わせる必要がある。


そこに生活する青年が祖母の作った歌に合わせて小学生たちに踊りを教えている風景を紹介した。


その青年は愛知県でダイバーの仕事をしていたが、故郷に戻り、生活することを決意した。
故里を守り、水俣でダイバーの仕事をして、そこで生活し、踊りを教えている。


楽しそうな子どもらの踊りの練習風景は見ていて、すばらしい。子どもらの楽しそうな顔がいい。貴重だ。
こんな風景は私の街では見られない。

どうしたら、地域で子どもらの繋がりをつくったらいいかを考えなければいけないが、難しい。


子どもらは、塾だ、習い事だ、で仲良く遊ぶ機会は奪われた。
子ども会の運営は大変なようだ。


祖母は、水俣病で亡くなったが、このことばかりで嘆いていてはいけないと、言った。歌を作り、踊りを提案した。それを、孫である青年が引き継いだ。


この風景を見ただけで、こころが和んだ。いつまでも続くことを祈る。




posted by 花井英男 at 09:49| 自然

2016年04月21日

春の庭

被災者へのお見舞いの言葉


九州地方の被災者の皆様にお見舞いを申し上げます。一刻も早く、地震が収まることを願っています。

春の庭



 九州では地震で大変なことになっている。3月に、別府、国東半島を旅行し、山里をバスで巡りました。今は、野山が新緑ですばらしい時期なのに大変なことになってしまった。大自然は怖い。


 さて我が家のささやかな庭は、これから新緑の季節を迎え、大いに新緑を楽しむ。


 家の南側の庭について書きたいと思う。
 塀沿いの、アカメガシに似た、赤い新芽と葉がひときわきれいだ。


 塀沿いに植えた、深緑のはらん、シャガの花、スズコランも芽、葉、シランがつぼみ、新緑を出している。


 山菜を楽しもうということで、山椒の木、たらの木、ぜんまいを植えている。

 ぜんまいの若葉がきれいだ。これが今すばらしい。



 いちはつの花が咲いている。大変地味な色の花。母がすいていたようだ。母を思い出す。


 ブルーベリーの花が終わり、そろそろ実を着けようとしている。今年はヒヨドリに食われないように、ネットを張ろうと思う。


 今、二色のクリスマスローズの花が咲いている。

 しゃくやくがつぼみを次第に膨らませている。


 くろがねもちが古い葉を落し、新芽を出してきた。


 庭の主というべき大木は、モクレン。花が終わり、新緑真っ盛りである。鳥たちの休憩所になっている。


 ヒヤシンスの花が少しあちらこちらで咲いている。

 ムスカリがあちらこちらで、花をつけている。

 穏やかな庭である。




posted by 花井英男 at 11:08| 自然

2015年12月19日

庭の手入れ

庭の手入れ


 ここ2,3日、沢山増えてしまった、庭のしゃがを抜いて、さっぱりとしようと思った。抜き始めると、結構沢山増えてしまったということに気が付いた。

 今迄手入れをしなかったということだ。しゃがの花は質素な花だ。
地味な花であるということが好きだ。

 常緑の多年草なので、深緑で庭の緑を保つ。少しずつ抜いたので、2.3日かかった。名古屋市の燃えるごみ用の大きな赤い袋に詰めこんだら、3つにもなった。

 昨日は、向かいにあるレオパレスの清掃の管理人が垣根越しに、挨拶をしてくれて、我が家の庭をみて、「これだけ緑があると、いいですね」と言ってくれた。今迄の努力を認められた気がした。

 冬になって、もみじや、モクレンの葉は、枯れてしまったが、はらんや南天の緑、キンカンの葉、もっこく、つげなどの葉、おもとなど緑がある。

 庭全体を眺めると、しゃがを抜いた後に残る空間が広がった。何もない空間が出来て、やっぱりよかったと思う。

 これで新年が気持ちよく迎えられる。

 春になると、庭の新緑はすばらしい。生命力を与えられるような気がする。
posted by 花井英男 at 14:57| 自然