2020年04月18日

不知火の海に向かって立つ実生の森と野仏

NHK  こころの時代〜宗教・人生〜

「水俣 いのちの海のただなかで」

2020年4月18日(土)午後1時〜


「水俣で建具店を営む緒方正実さんと、叔父で漁師の緒方正人さん。不知火海の網元に生まれ育った2人の人生は水俣病と共にあった。正人さんは6歳で父の壮絶な死に直面し、正実さんは胎児性患者の妹と育った。

水俣病が「奇病」「伝染病」とされた時代。一族20人以上が水俣病におかされた緒方家は、水俣病の象徴的な存在とされた。不条理な苦難を強いられながらも、恨みや憎しみの先で生きる道を見出してきた2人の言葉を聞く。」

以上は、NHKの番組案内の文章の引用です。

お昼ごろに、家内から水俣の「こころの時代」を1時から見るといいよと言われた。この番組の流れは、次のようなものであったと思う。不正確な部分もあるかと思いますがお許しください。

水俣病の当事者らの窒素の会社、熊本県、国との認定を勝ち取るため闘いの歩み、なんと、10年以上の闘いであった。県との交渉、国との交渉の場面、窒素の会社との闘いの場面が出てきた。

水俣病の人たちの、また、魚を食べた猫の、のた打ち回り苦しむ姿の数々の紹介、二人の身内の苦しむ姿の紹介、憎しみ、恨みの気持ちからの出発、認定を取るための、県、国、窒素との闘い、二人の方の交渉のために作成した自筆の嘆願書の映像、交渉場面の怒号、淡々と訴える姿。


すばらしい女性県知事の謝罪と認定、和解の気持ち、汚れた魚を沢山のドラム缶に入れて埋め込む作業。埋め込んだ土地に、実生の森の公園の建設、公園に50か所以上の野仏の設置、今も続く野仏の設置。静かに海を見続ける野仏の姿。


平和を求める祈りの世界へ、実生の森からとれた木材から作ったこけし、「祈り」と刻んだこけしの配布。水俣を訪れる人への水俣病の語り部として活動は今も続く。


二人の当事者が紹介された。一人の人は、父親が窒素の毒に侵されて苦しんで亡くなった。一人は、自分の妹が窒素の被害者として亡くなった。150トンの害毒(工業廃水を無処理で水俣湾に排出していたため、これに含まれていたメチル水銀が魚介類の食物連鎖による)を不知火の海に流し続けたと紹介された。緒方さん一家のとる魚は売れなくなった。町の人から差別を受けた。これは苦しかった。仲間である人たちから差別を受けた。


安らぎを回復した。うれしい。再び、同じ過ちを繰り返してはいけない。安らぎと落ち着きをようやく回復した。うれしい。祈りの世界である。亡くなった人たちを忍び、過ちを繰り替えさない気持ち。


今、福島では、増え続ける汚染水に地元の人たちは、日本中の人は悩んでいる。不知火の海は復活した。今新たに、福島の原発の汚染水の処理の問題が出ている。人間は、何度、間違いを犯すのだろう。これも大企業の犯した公害だ。チェルノブイリを忘れない。





posted by 花井英男 at 21:07| 宗教

2017年09月24日

秋彼岸・放生会

秋彼岸  放生会・法要


9月23日秋彼岸、放生会法要でお寺にお参りした。広い境内の庭木が良く手入れされて、清々しい、気持ちが良い。これだけ広い境内の手入れは大変だろう。池には、錦鯉、蓮の葉が伸び伸びと出ている。花屋さんが花を並べている。


受付に行くと、
お参りに来る私たちに、お寺の御嬢さんが、小さな盆に、お菓子をのせて、「どうぞ」と言って、お盆を差し出してくれた。「きょうかちゃんですが」と尋ねると、うなずいた。一つもらって、「おおきくなったね」と挨拶をした。


渡り廊下を歩いて本堂に行く。椅子が並べてあるのがうれしい。座布団に座るのはしんどい。


法要の後、幼稚園でおとき(昼食)を頂いた。幼稚園の教室に張り出してあるものに感心した。簡単なことわざが4つ位と、金子みすずの「ふしぎ」という短い詩が目に入った。

ふしぎ
                  

 
金子みすず


          わたしはふしぎでたまらない、
          黒い雲からふる雨が、
          銀にひかっていることが。


          わたしはふしぎでたまらない、
          青いくわの葉たべている、
          かいこが白くなることが。



          わたしはふしぎでたまらない、
          たれもいじらぬ夕顔が、
          ひとりでぱらりと開くのが。
 


          わたしはふしぎでたまらない、
          たれにきいてもわらってて、
          あたりまえだ、ということが。


この小さな詩は、きっと子どもたちの心に残るだろう。
感性の鋭さ、純粋さ、繊細さ、みずみずしさがある。


 当たり前のことを不思議と思う自然現象への観察力のするど
さ、あるいは、生物の生命力へのおどろき、いとおしさ、やさしさ、あたた
かさがある。



posted by 花井英男 at 16:04| 宗教

2016年12月10日

対談ー詩人若松丈太郎×アーサービナード

NHK「こころの時代―ひとのあかし」

【出演】詩人・若松丈太郎,【きき手】詩人・アーサー・ビナード

2016年12月10日放送を見て



福島在住の詩人をアーサー・ビナードが訪ねて対談する。

静かに対談する2人に引き込まれた。
アーサー・ビナードは、日本の詩に惹かれ来日。自らも詩を書く。日本の詩を英訳する。
アーサー・ビナードの経歴は次の通り。

ニューヨーク州コルゲート大学英米文学部を卒業。卒業論文を書く際に漢字・日本語に興味を持ち、1990年6月に単身来日。来日後、通っていた日本語学校で教材として使用された小熊秀雄の童話『焼かれた魚』を英訳した事をきっかけに、日本語での詩作、翻訳を始める。作品は多くが受賞している。省略。


若松は、叔父が箱の中にこっそり残していった、金子光晴の詩集に出会った。
金子の「鮫」(さめ)という詩を読む。
皆同じ方向を向いた鮫ばかりいる中に、1匹だけ反対の方向を向いているという詩。

どう生きて行けばいいのか迷っていた。戦時中も孤高を貫いた詩人、金子光晴の作品に出会い、「人と違ってもいいんだ」と鼓舞される。

福島第一原発の事故を、その18年前から見通すような詩を書いていた。81歳。

若松さんの魅力は、分かりやすい詩であること。

番組のタイトルである、「ひとのあかし」は若松さんの詩のタイトルから来ている。

人は田畑を耕す。
人は、漁をする。
人は動物を飼う。
これが人の証。
福島の人たちの営み。
人のこの幸せな営みを原発は奪った。
命を生み、継続する営みを奪おうとしている。
この人間の営みを原発は奪った。



チェルノヴィリを訪ねた若松さんは、福島の人と同じくらいの人たちが、15万人が避難した実態を見てきた。
福島でも同じことが起きた。

若松さんの詩「人の証」は、一人の酪農を営む人の自殺をきっかけに書いたもの。
壁に自殺した人が苦しさを書き残していた。
人の証である、営みが出来なくなる苦しみを。
人の営みがいつまでも出来るように願う。


ネット上の紹介文は次の通り。

若松丈太郎、1935年、岩手県奥州市生まれ、福島県南相馬市在住。元高校教師。

詩集『夜の森』『海のほうへ 海のほうから』『いくつもの川があって』『年賀状詩集』『越境する霧』『峠のむこうと峠のこちら』『北緯37度25分の風とカナリア』。

著書『福島原発難民』、『福島核災棄民』、『若松丈太郎詩選集一三〇篇』。

日本現代詩人会、日本ペンクラブ、「いのちの籠」、各会員。


終わり

posted by 花井英男 at 14:58| 宗教