2019年02月25日

2018 認知・行動療法コロキウム in 小樽

2018 小樽 認知・行動療法コロキウム

2019年2月22日(金)−24日(日)

小樽 朝里クラッセホテル

北海道小樽市朝里川 2丁目676

主催 日本認知・行動療法学会 コロキウム 準備委員会

JR函館本線 「小樽築港」より車で15分


プログラム

2月22日(金)
事例検討@ 14:40~16:00
コメンテーター:鈴木伸一先生(早稲田大学)

事例検討A 16:20~17:40
コメンテーター:神村栄一先生(新潟大学)

2月23日(土)
事例検討B 9:30~10:50
コメンテーター:古川洋和先生(鳴門教育大学)

特別企画@ 11:30~12:20
古典的条件付けと認知・行動療法』 登壇者
漆原宏次先生 (北海道医療大学)
谷晋二先生 (立命館大学)


事例検討C 13:30~14:50
コメンテーター :杉山雅彦先生(福島学院大学)

事例検討D 15:00~16:20
コメンテーター:岡嶋美代先生(BTCセンター東京/なごや)

事例検討E 16:30~17:50
コメンテーター:太田滋春先生(さっぽろCBTcounselingspaceこころsofa)

2月24日(日)
事例検討F 9:00~10:20
コメンテーター:熊野宏昭先生(早稲田大学)

特別企画A 事例発表に対する、公開スーパービジョン10:30~11:50
SV 坂野雄二先生 (北海道医療大学)



今年の冬は、暖かいそうで、雪が少ない、と北海道の人は言う。
久しぶりに北海道に来た。コロキウムで北海道に来たのは2度目。
前回は、名古屋と千歳空港の往復だけであった。


今回は、前日に、北海道の積丹町のユースホステルに宿泊した。日本海に近い、北海道の一番辺鄙なところだ。
小樽駅から中央バスで、積丹町(しゃこたん)の婦美(ふび)まで、1時間半乗った。
もう少しで、積丹岬というところ。


コンビニもレストランもない所。コンビニで、昼飯を買ってユースで食事をとろうと思ったが見事に失敗した。


夕食が大変なご馳走であった。宿の落書き帳に、食事が、ものすごいご馳走ということが書いてあった。その通りだった。

寒くて外出は出来ず、夕食時、ご主人と話しをしながら食べた。
穏やかな笑みを浮かべて話された。素晴らしい方だ。
TVは、なしだ。お風呂を頂き、本を読んで、早めに寝た。
セントラルヒーティングで部屋は暖かい。


早朝7時の朝食。
私にとって、パン、野菜、ハム、北海道の牛乳などは、おいしかった。
十分な量でご馳走だった。
奥さんが話し相手になって頂いた。
穏やかな人柄の人。



食事後、「美国」まで30分の運転で送って頂いた。
8:45発小樽行のバスに乗れるように。
雪は除雪で、消えていたが、助手席に座っていたが、国道の運転には、緊張感があった。


除雪に使う、融雪剤のために、車のボディが、
「こんな風に、塩分のために、腐食するんです」と
車のボディが腐食した部分を見せてくれた。


北海道は、雪が降ると、道路の雪の除雪はしっかりやるとのこと。
積丹から小樽まで、道路上には、雪はなかった。歩道の雪は、除雪もしっかりするとのことであった。


コロキウムの前日に、準備委員会から、メールで、連絡があった。
「千歳空港のコンビニとか、ホテルなどで、靴にはめる、雪の上でも、凍った道でも安全に歩ける、雪道対策グッズ、靴に装着するタイプのスパイクがおすすめです」と。


小樽や札幌観光で歩く場面で、つるつる路面にご活用くださいとのこと。

1400円から1500円位。
買わなかった。
最終日には、1回、220円の小樽運河一周・散策バスに乗って小樽運河観光をした。


さて、研修会では、十数年ぶりにすばらしい出会いがあった。
2010年の行動療法学会で、痛みの認知・行動療法の発表をした、本谷亮先生、当時福島県立医科大の先生だった。

10年ぶりに再会。本谷先生の名前を見て挨拶に行こうと思っていた。


本谷亮先生(北海道医療大学・准教授)が、私が今回コロキウムに参加しているのを知って、挨拶に来てくれた。
涙が出るほど、うれしい出会いだった。温厚な、笑顔の素晴らしい、研究者。
SCとして県立高校に勤務していた時、心理的要因の頭痛の生徒に、痛みの認知行動療法を施術し、軽くなった。

その事例を、臨床心理士・高校部会で発表した。
その時、本谷先生に報告した。
部会では、北海道医療大出身のSCで、本谷先生と同期の女性が同席していて、喜んでくれた。

さて、今回のコロキウムの2番目の、事例検討で、千葉大の大島郁葉先生のスキーマ療法の実践研究の発表は、すばらしかった。大変勉強になった。短時間に早口で話されるので、追いついていくのが大変だった。スキーマ療法に取り組む気持ちが強くなった。大変有難い発表であった。大きな収穫だ。


プログラムの最後の企画。坂野雄二先生による、公開スーパビジョンはすばらしかった。
発表者を傷つけず、暖かく、見守る、しかもビシッと指摘する内容であった。
納得のできる内容であった。
坂野先生は、すでに退職し、現在は、特任教授として活躍。
病院勤務で、難しい事例を担当している。

私は、行動療法学会時代から、参加しているから、学会所属は、大学院時代からだから、20年以上になると思う。

原田憲明先生(東京・くにたちSati心理オフィス)と3日間、研修会に同席して頂いた。懇親会も同席させて頂いた。いろいろと話・アドバイスも頂いた。行動療法学会時代のコロキウム以来の友人。こんなに長くお付き合い頂いている。

帰りに、「小樽で石原裕次郎記念館に行くといいよ」とアドバイスを頂いた。小樽で、バスの運転手に聞いたら、「30年もたったから、石原裕次郎の名前を知っている人もなくなったから、閉館した」と。開館当時は、2−3時間待ちするくらい、沢山の人が来館したという。

今回も同室になった、臨床心理士2人、ドクター2人と親しくなった。
また来年会いましょうと言って別れた。

今回、コロキウムの参加者は、2日目に101名になったと報告があった。

道内から、30名以上の参加とのこと。準備委員会の先生たちは、北海道医療大学の金沢先生をはじめ、北海道の臨床心理士が大変なご苦労だったと思います。


参加者の募集に始まり、参加費の会計、100名以上の参加者の部屋割り、JR「小樽築港」駅への参加者の出迎え、会場準備、プログラムの作成、事例発表者の募集、ホテルの関係者との打ち合わせなど、最終日は、JR「小樽築港」へのホテルのバスで参加者を送ること、事例発表者とコメンテーター、司会者との打ち合わせなど大変な仕事だと思います。

大変お世話になり、誠にに有難うございました。

来年は、神戸で開催と発表された。

今年の認知・行動療法学会は、名古屋・中京大名古屋キャンパスで、8月30日ー9月1日開催。又再会できるのが楽しみだ。

認知・行動療法学会の発展を祈ります。






posted by 花井英男 at 21:45| 研修

2019年02月18日

司法精神鑑定における心理検査の実際  愛知県臨床心理士会 司法領域部会主催

司法精神鑑定における心理検査の実際

―臨床心理士がテスターとして社会的役割を担うためにー
2018年度 講演会

主催 愛知県臨床心理士会 司法領域部会 主催

日時:2019年2月17日(日) 13:30~17:15


会場:国立病院機構名古屋医療センター  講堂

地下鉄 名城線 市役所


プログラム

13:30~13:45 「なぜ今、精神鑑定業務において心理検査のテスターが求められるのか」

講師:山内 信樹 (名古屋地方検察庁刑事部事務官)



13:45〜14:30「鑑定医が求める心理検査所見」

講師:船橋 龍秀 (日本赤十字社名古屋第一赤十字病院精神保健判定医)



13:45~15:30「責任能力鑑定における心理検査概論」
講師:古村 健(国立病院機構東尾張病院 臨床心理士)



15:45〜16:45 「法曹関係者が求める心理検査所見」
講師:鵜飼裕充(名古屋地方裁判所岡崎支部刑事係裁判官)




16:45〜17:15 質疑応答

参加費 3000円





寒い日曜日の午後、80名位の参加であった。講堂一杯の参加者であった。
クリニック、病院での日常臨床の中で、司法鑑定に関わる仕事をしている人はかなりいるようだ。

検察庁の立場から、
検察の役割、
精神障害と責任能力と刑事裁判の関連性、
最近の起訴前精神鑑定の傾向と今後の方向、




舟橋先生(東尾張病院名誉院長)精神鑑定医の立場から、

違法性阻却事由という難しい話があった。

責任の要素について、
@ 責任無能力:心神喪失者、14歳未満
A 限定責任能力:心神耗弱者

現在の司法鑑定医学の主流は、可知論である。

犯行と精神障害の関係を整理する7つの着眼点の紹介。


刑事精神鑑定の解釈における一般的な鑑定事項等の話があった。





舟橋先生は、かつて東尾張病院に勤務され、臨床心理士の古村健先生と一緒に精神鑑定の仕事をされた。


古村先生から、60分に及ぶ時間を使って、沢山の資料のもとに、詳細な話があった。



精神鑑定と臨床診断の比較。

刑事事件から判決までの流れと精神鑑定。

起訴前鑑定と公判鑑定。

鑑定心理検査には、刑事鑑定と医療観察法鑑定がある。

検査の実施種類、検査種別の実施頻度、バッテリーの構造、

Daubert基準(1993)

心理検査報告書等。


膨大な資料であった。





最後に、裁判官の立場から、

裁判官にも、裁判員として参加している普通の人にも分かる言葉で、心理検査の所見を書いてほしいという希望は出された。




最後に、参加者からの質疑応答があった。

予定時間を超過して終わった。

愛知県臨床心理士会の会長の言葉と
東尾張病院の副院長の吉岡先生の言葉があった。





posted by 花井英男 at 17:52| 研修

2019年01月25日

第2回 桜山統合失調症研究会

第2回 桜山統合失調症研究会

日時:2019年1月24日(木)18:50~20:35

場所:名古屋マリオットアソシアホテル 16階「サルビア」

地下鉄 名古屋駅

主催:大日本住友製薬株式会社


製品紹介:18:50~19:00 ロナセン情報  大日本住友製薬株式会社

開会の辞:名古屋第二赤十字病院精神科部長  竹内浩先生



講演T:19:05~19:30

座長:南医療生活協同組合 メンタルクリニックみなみ所長
古水 克明先生

演者:名古屋市立大学大学院医学研究科  渡辺勝昭先生

「実地臨床で若手も使える認知機能に配慮した統合失調症治療」



講演U 19:30~20:30

座長:明知 龍男先生
名古屋市立大学大学院精神・認知・行動医学分野 教授

「統合失調症の当事者・家族。医療者がお互いを理解するために必要なことは?
〜医師資格を持つ当事者・家族として伝えたいこと〜」

演者: 夏苅 郁子先生

やきつべの径診療所


閉会の辞:公立陶生病院 メンタルクリニック  主任部長
太田 深雪先生

   終了後  情報交換会




感想


今回の研究会の参加は、名市大の渡辺孝文先生からの愛知県精神科心理ネットワーク研究会(代表・古村健先生)への会合案内によるものです。感謝申し上げます。

「桜山」という名前がついているのは、名市大医学部と病院があるのが、桜山という町にあるからということは、名古屋に住んでいる人ならすぐわかることだ。名市大病院のある、地下鉄の駅名が、「桜山」になっている。私の家は、桜山に近いところに住んでいるので、身近な気持ちがある。

参加者は、予想以上に多かった。椅子が不足状態であった。50~60名位の予想であったようだ。
100名以上の参加であった。

参加者は、医師、臨床心理士であったと思う。

情報交換会においては、東尾張病院の古村健先生に、司法精神医学の精神鑑定についての手続きについて、親切に教えて頂いた。感謝します。

講演T


名市大の渡辺孝文先生は、統合失調症の患者への「やわらかあたま教室(メタ認知トレーニング)」のG病院での実践報告をされた。

東大の石垣先生がMCTを日本へ導入され、東尾張病院(守山区)の古村健先生(博士・東京大)(愛知県精神科心理ネットワーク・代表)が、愛知県においても、紹介されているものです。

いよいよ病院に普及し始めたかなという感想を持った。
途中で中断する人は少なかったという。


病院で患者さんに紹介し広めていくには、10人前後が適当な数で、患者さんは、統合失調症、うつ病などの患者さんを相手にする。

このやわらかあたま教室は、患者さんの認知機能の改善のために行うものです。
パワーポイントによる画面上の状況について、自由な状況の理解の仕方を発表してもらう。

例えば、駅で会う約束した時に、相手が来ない状況について、どう考えるかという課題である。

答えは、3通りで、@自分のせい、A相手のせい、B状況による場合。

柔軟に考える力をつけることを目指す。

実践報告は、ドクターと看護師、作業療法士で行った。これぐらいの人数で出来る。
ドクターではなく、心理士がふつう実行する。

コーメディカルにまず理解をしてもらうことが必要であると、渡辺先生は言っている。


講演  U

本日の目玉は、夏苅郁子先生の講演だった。
パワーポイントを使って、ご自身の辛い人生の道のりを、穏やかに話された。

3つの壁を指摘された。

@患者・家族と医師の壁。

A患者・家族同士の壁。

B医師・看護師・その他医療関係者同士の壁。



今日は、「医師と患者・家族との壁」について話すと言われた。

これは、ご自分が、摂食障害の患者として、精神病患者としての長い苦しみ、辛い人生を送った経験、母親が統合失調症という不治の病になり、家族として味わった苦しみの体験、その母親を76歳で亡くなるまで看護した経験、自殺未遂を2度もされた。長い間の病人として、家族として差別を受けた苦しみと、仕返しをしてやりたい、見返してやりたいと言う復讐の気持、憎しみの気持を抱き続けたと、率直に表明された。その中で、患者として医師に接してきた経験から、当事者・患者と医師との壁というテーマを取り上げられた。

このテーマは、誰も医療関係者が取り上げることのないものではないかと思う。
「医師に質問が自由にできますか」、とか、「医師に自分の気持を自由に表現できますか」、「医師に要求を言えますか」など、医師と患者の人間関係、信頼関係、医師の質、医師の人間性、能力に信頼を抱いていますかという、日常の患者の医師に対する気持ちがどのようなものであるか、を問う、質問アンケートをネット上で行ったということだ。

こんなことはタブーだ。それをあえてやったということだ。なかなかできることではない。
ネット上で、アンケートをとったら、なんと7000人から回答があった。

これを医学論文として、投稿しようとしたら、初め、「エビデンスがないから」と拒否されたという経緯があった。
しかし、論文の査定段階で、かなりのやり取りの結果、採用され、医学雑誌に載った。

夏苅郁子医師は、型破りの医師だ。ユニークだ。医師の権威に正面からぶち当たっていく姿勢だ。こういう意味での患者に寄り添う医師だ。医師の能力を根本から問う姿勢だと思う。

これは、臨床心理士・公認心理師にもあてはまる、自戒すべき問題である。

改めて、医師自ら、医師の姿勢を問う厳しい姿勢には、敬意を表したいと思います。

夏苅郁子医師の著書、



人物紹介は、ウィキペディアの紹介を引用します。次の通りです。


私の感想は次の通りです。


小柄な優しい話し方をする、患者に寄り添うドクターだと思った。
自分を苦しめた、母親、父親への憎しみ、少女時代から青年時代に至るまで、病人として、家族として、受けた、差別に対して、憎しみ、怒り、見返してやりたいという復讐の人生だったと語る。

今は、両親は亡くなった。母は、76歳まで生きた。看護師の免許を持っていたので、勤務していたが、長続きしなかった。母とお金を出し合って、母の句集を角川書店から出した。勿論売れなくて、母の家に山積みになっていた。

今は、語ることによって、和解の気持ちへと動いていると話された。
飾ることなく、ご自分の気持ちを語られた。

今は、医師の夫と、焼津の街に有床診療所がつぶれないように経営している。資金は、クラウドファンディングで設立した。
ご自分の給料は、19万円、夫の給料は、36万円。自分の給料は、看護師の給料より低い給料だという。聞いて驚いた。

診療所は、街中の誰もが来やすいところにしたいと言う願いだった。山の上とか、街から遠く離れたところに精神病院がある。
現在の診療所開設には、住宅地帯である地域の町内会から、反対運動が起こり、集会で吊るし上げをされたという。診療所の写真を紹介された。母親の発病前の若い時の写真、老後の写真などを紹介された。

「ごめいわくはおかけしません」と言って了解してもらったという。
「やきつべの径」(やきつべのみち)は、万葉集の中の歌を紹介され、「焼津」であると説明された。
精神神経学会では倫理委員会委員の要職を務める。

 夏苅郁子医師が、母と会うことを拒否していたのを改めて、会うことになった切っ掛けになる漫画の本、「我が家の母はビョウキです」(2008年)(サンマーク出版)(1200円)の著者・漫画家中村ユキさんは、「おわりに」
で次のように、気持ちを述べている。引用します。

「みなさ〜ん、ココロの病には『統合失調症』(トーシツ)もありますよ〜・・・」
私は人生のほとんどを「家族」という立場でトーシツと歩んできました。
でも長い間、トーシツがどんな病気なのか、よくわっからないままいたのです。

自分から学ぼうとしなかったせいもあるけど、身近で詳しく耳にする機会がありませんでした。
もっと早くトーシツの正しい知識を持っていたら、母も私もこんなに大変な状況に陥ることはなかっただろうな〜と思うと、後悔と哀しい気持ちでいっぱいになります。

そんな経緯もあり、たくさんのヒトに「トーシツ」という病気を知ってもらえればと思ったのが、この本を描こうとと思ったキッカケでした。

中略

長い間、「死にたい」と泣き続けてきた母ですが、最近では「生きててよかった」と言うようになりました。
穏やかな時間が流れるようになり、日常生活での障害は残ったけれど、私は現在「トーシツ」を母のオマケくらいに思えるようになってきました。昔は大変だったけど、いまはとても幸せです!」

このマンガの本は、長い間、私はよまないまま、本棚においてありました。読んでみようと思います。

夏苅郁子医師の著書『人は、人を浴びて人になる』ライフサイエンス出版も読んでみたいと思います。

ウィキペディアの夏苅郁子先生の人物紹介は次の通りです。

「北海道札幌市生まれ。10歳のとき、母が統合失調症にかかる。家庭を顧みず収入を家に入れぬ父親とは疎遠であり、病んだ母親と二人の孤立した過酷な少女時代を送る。


両親が離婚した後、実家に引き取られた母と会うことを拒む。父の籍に残ることになったがもともと疎遠な父と暮らすことはなく、孤独と絶望から2度の自殺未遂。


友人の仲介により母と再会した。その後イラストレーターの中村ユキ著の「我が家の母はビョーキです」という本を読んで、母の統合失調症を真正面から向き合うことにした。



浜松医科大学医学部卒業後、同精神科助手、共立菊川病院、神経科浜松病院を経て、2000年やきつべの径診療所(静岡県焼津市)を開業。


現在は焼津市在住で、精神科医である夫とともに診療所を営む傍ら、その母の介護経験を基とした統合失調症の理解・啓蒙のための運動に取り組み、


2012年に「心病む母が遺してくれたもの〜精神科医の回復への道のり」を上梓した。 2017年8月21日『人は、人を浴びて人になる』ライフサイエンス出版 を上梓する。 全国各地域から講演依頼が殺到している。 」






posted by 花井英男 at 15:18| 研修