2018年10月15日

第2回 愛知県精神科心理士ネットワーク研究会

第2回 愛知県 精神科心理士ネットワーク研究会

日時:2018年10月14日(日) 10:00〜17:20
場所:日本会議室 名古屋駅前店
ユニモール10番出口

地下鉄国際センター駅

会費:1500円
参加資格:精神科を標榜する病院・クリニックに勤務している臨床心理士

(臨床心理士のポイントが出ます)


講師:古村健先生 臨床心理士
(博士 東京大学)
国立病院機構 東尾張病院



内容
午前
テーマ:やわらかあたま教室(メタ認知トレーニング)を使いこなす!


統合失調症やうつ病などに見られる「認知特性への自覚(メタ認知)」を育てるための集団プログラムです。精神科デイケア、急性期病棟、医療観察法病棟などに活用されています。始めての方は体験を通して有効性を実感して頂けると思います。



午後
テーマ:成人の発達障害への心理検査とフィードバック面接を研究しよう!

成人の発達障害の心理検査を依頼されることはありませんか?
今回は、主にWAIS, AQ, P-Fスタディでは、何を見て、どう使うのかを紹介します。
また、患者さんへのフィードバックや支援の仕方も話題にしたいと思います。



参加申し込み&連絡先:
愛知県精神科心理士ネットワーク代表 古村健
〒463-0802 名古屋市守山区大森北2-1301
国立病院機構 東尾張病院
TEL:052-798-9711 Email: aichicpnet@gmail.com


参加しての感想


参加者、30名だった。7時間みっちりの内容で経験豊富な古村先生の研究発表であった。やはり、ロールシャッハは病院臨床では、医師も当てにならないということで使わなくなっているということだ。



古村先生は今度の認知療法・認知行動療法学会で、恩師の石垣先生(東大)とワークショップを開かれる。内容は、このやわらかあたま教室の内容である。ドイツが発祥の地で、ドイツ、カナダで盛んである。古村先生と石垣先生が日本国内で広めておられる。



薬物療法だけでは、限界があり、認知再構成法の方法として、心理士、作業療法士、看護師が取り組みやすい方法であり、国内でも広く広がりつつある。


医師は、薬物療法だけに頼りがちであるが、心理士による病状改善
(妄想、バイアス、エラー、原因帰属、結論の飛躍、
心の理論障害、記憶の過信など)に大きく寄与することが期待される。



いまだに精神科のクリニックの古い考え方のドクターの中に
は、デイケアで、このような認知再構成法を使わず、旧態依然の内容で、患者を放置している。


毎日、毎日、中身のない生活を患者さん達がデイケアで過ごしている状態が見られる所もある。
PSW(精神保健福祉士)も作業療法士も、勉強もしないで、国家資格に胡坐をかいている。



古村先生の企画によれば、
プログラム実施者に求められる原則は、


1. 対話を重視する(コミュニケーションの成功体験の機会をつくる)
ハッキリ送信:質問/課題メッセージを簡潔・明確に伝える。
しっかり送信:参加者の発言に関心を示し、「人の意見として」しっかり受容する。



2. やわらかあたまポンイントを実践する(適切な情報処理のモデルを示す)
原因帰属「たくさん思いつく」「3種類の原因を考える」
状況把握「あわてない」「一つの見方にこだわらない」



状況判断 「きめつけない」「前後の状況をよくみる」
感情認知 「人の気持ちを理解するには想像力と経験を使おう」「微妙なきもちはわかりにくい」
記憶想起「記憶にはまちがいもある」「あやふやな記憶にたよりすぎない」



3. 人の力を活用する
多様性 :参加者のなかには実践者がもっていない発想をしてくれる人がいる



自律性 :参加者のなかには自発的に自分のことを振り返り、展開してくれる人がいる
相互性:参加者同士の交流ができれば、その後の治療環境も変化していく



古村先生によれば、「集団MCTの8モジュールの内容と学習目標」とその方法が開発されている。省略。

私たち参加者を患者さんに見立て、古村先生は、実際に病院で実施している調子で展開された。会場では、ユーモアがあり、笑いが出て和やかな雰囲気であった。


これなら、患者さんたちが、押しつけではなく、楽しく参加できると思った。


午後の感想



午前と午後の資料が事前にメールで送られた。膨大な資料である。参加者はプリントアウトして持参した。学会発表などで使用する資料のままである。

私は、ベックの認知的洞察尺度日本語版(BCIS-J)のプリントアウトには成功したが、資料を完全にプリントアウトできなくて、メールで古村先生に問い合わせてみた。やはり不完全なプリントアウトで資料としては不完全であった。当日会場で、古村先生に質問して、親切に教えて頂いた。


成人の発達障害の心理アセスメントの力量を高めることがねらいである。
1. 発達障害の概念、アセスメントの目的の明確化
2. ASDの診断/アセスメント、適切な検査選択

3. ADHDの病態、適切な実施・丁寧な観察
4. ASDにおけるWAISの見方、データの適切な解釈

5. PFスタディの有用性、解釈仮説の検討
6. AQの見方、必要な塚情報の収集

7. 心理アセスメントの仕方、結果のまとめをフィードバック



内容は上記の内容であった。
総合的に、検査のバッテリーを組んで、見ようとするものだ。バッテリーの組み方がユニークであると思った。
私の実践の中には入っていないものもあったし、すでに実践しているものもあった。

改めて、良い勉強の機会が持てた。

この私のブログをみられて、この研究会に参加されたい方は、古村健先生のアドレスに、連絡をしてください。有意義な研究会です。是非ご参加をお待ちしております。

古村健先生は、今年の愛知県臨床心理士会(名古屋駅前。ウィンクあいち)の総会の時にも、分科会を開催されました。ご存知の方もおられると思います。

メーリングリストに登録すると、研究会情報だけなく、研究資料情報も送られてきます。疑問点、知りたい情報の交換もできると思います。古村健先生は、親切です。

日本の最先端の情報が提供されます。

古村健先生は、愛知学院大学大学院修士課程時代に、同窓生でした。
その後、東京大学大学院博士課程で勉強され、博士号を取られました。

まずはご案内まで。



posted by 花井英男 at 16:37| 研修

2018年07月17日

CBT Case Camp 2018 in 滋賀

CBT Case Camp 2018 in 滋賀

2018年7月15日(日)10:00am〜16日(祝)5:45pm
会場:ピアザ 淡海(おおみ)
207会議室

滋賀県大津市におの浜1−1−20
京阪線 石場駅

主催 日本CBTスキルアップ研究会

共催 一般社団法人CBTを学ぶ会

後援:CBTセンター・認知行動療法勉強会・三重CBT研究会


内容

教育 講演

様々な困りごとへのエクスポージャー療法の実際
岡嶋美代先生

効果的なセラピストになるためのポスト・ソリューションの臨床パラダイム
白木 幸二先生


模擬面接&ロールプレイ
西川 公平先生


ケース発表

発表者とコメンテーター 略

ケース1  「汚れ恐怖で外出困難な方へのエクスポージャーを用いた関わり」


ケース2  家族の自死に直面したことから様々な不都合を呈した男性へのCBT


ケース3  確認強迫が約20年続いている40歳代男性に対する看護師の認知行動療法

ケース4  四六時中仕事のことが頭から離れない中間管理職男性への認知行動療法
〜目標設定かと認知行動療法の導入〜

ケース5 会話中の相手の仕草が気になって話せなくなる口臭症患者への対応




CBT CaseCamp は今回で7回目だという。

私は始めての参加。ケース研究があるということで期待を持って参加した。
名古屋から近いということで便利だった。
名古屋―京都間は、新幹線で35分、京都―膳所間はJRで10数分。京阪膳所から石場駅まで10分。

教育講演について。
強迫性障害(OCD)に関して、国内で実践において、指導者的な存在の一人である、岡嶋先生の講演を聞けるのはうれいしい。
岡嶋先生は、九州の国立菊池病院において、長年、原井宏明先生と実践をされた。そののち、昨年までなごやメンタルクリニックにおいて、原井先生と10年間、活躍された。日本国内から、飛行機などで、なごやメンタルクリニックに患者さんがきたという。フランスなど海外からも患者さんが名古屋へ来られると原井先生は話されたことがあった。

強迫性障害(OCD)治療は、日本では、医師は、薬物療法のみをする人が多く、改善が望めないことが多い。行動療法による改善が望まれるが、実践できる医師、心理士が少ない状況である。


岡嶋先生は、最近、名古屋の御園座の近くに、BTCセンターなごや、東京にもBTCセンター東京を開設された。若手の心理士と活躍されている。次世代の心理士が養成されている。すばらしい。


私は、原井先生と岡嶋先生の著書と翻訳書、3冊を勉強している。最近は、合わせて飯倉康郎先生の「精神科臨床における行動療法」(岩崎学術出版)などを合わせて読んでいる。


この学術書は、2010年に書かれたものであり、もう古いという面もある。
一方、翻訳本・「強迫性障害を自宅で治そう!」[2001]は行動専門医による本で、
それなりに参考になる。


今回の岡嶋先生の講演での内容は、up-to-dateの内容で、先生の実践的研究の最前線の見解であった。大変参考になった。

先生に、休憩時間に質問をして親切に答えて頂いた。

今回の発表の内容は、10月の認知・行動療法学会年次大会のワークショップの内容であると言われた。この講演を聞けて、大変、得をした気持ちである。


名古屋で活躍されている、白木幸二先生の講演は、臨床心理士など心理臨床にたずさわる者の実力・スキルアップ・能力・スーパーバイズ・教育分析など・実践力・治せるかどうか等について、厳しい反省・自戒を促す指摘である。

ユニークな活躍をされている。時々、ブラックユーモアを交えて話された。時々、爆笑が起こった。
こんな活躍をしている人が名古屋にいるのかと、思った。名刺を頂いた。


西川公平先生の「模擬面接・ロールプレイ」は、基本的な面接での実践を、全ての参加者がするものであり、厳しい内容である。いい勉強になった。
合わせて、西川先生のケース2の実践発表も素晴らしいものであった。


参加者がすべて討論に参加し、発表しなければいけない仕組みになっている。
参加者は全部で、80名位であった。心理士が一番多く、医師の参加も多かった。医師が積極的に参加しているのが印象に残る。作業療法士、看護師、PSW、障害者施設の幹部(社会福祉士)なども参加した。

9つのグループに分かれて討議に参加し、各グループが意見をまとめて発表した。


参加者は、北は北海道から、東京、東海地方からも、近畿地方が多いようだ。群馬県、島根県からの参加者とも話をした。認知・行動療法に対する熱意・期待が強く感じられる。今まで築き上げられた、認知・行動療法の財産の継承がなされているように思える。

臨床心理士になって、数年という人の発表が目立つ。何よりも、実行委員のメンバー達の元気さ、陽気さ、関西風の笑いを大切にする雰囲気である。滋賀、福井、京都、大阪近辺の心理臨床に携わる若手が牽引力になっている。


このCase Campに新しい参加者も目立つ。若い臨床心理士、1年目とか、数年とかの人が、認知・行動療法、ここでは、行動療法系の認知・行動療法に対する期待が大きくなっている。
障害者施設に勤務する指導的な存在の人との出会いもあった。臨床心理士以外の参加も大切である。


私が2日目に参加したグループの中には、東京大大学院の若手の研究者・臨床心理士(博士号取得)とか、企業に就職した臨床心理士(博士号取得)、いくつかの学校を担当するSCであり、病院臨床もしている若い臨床心理士(EMDRに関心を持つ)、大阪の医師とか、障害者施設の理事長がいた。若手も、古い人も参加したグループであった。


泊まった旅館と琵琶湖疏水について



参加者は、3つ旅館、ホテルに分宿した。
旅館は、3階建ての花村旅館。京阪「三井寺」駅の近く。冷房の効いた、清潔な旅館。

この旅館は、高校生、大学生の合宿などで大変よく利用されていて、宿泊者の女将への手紙・礼状・新聞記事・写真が館内に沢山、張り出されていた。リピーターも多いようだ。


宿の女将さんが素晴らしい方で、琵琶湖疏水(そすい)の説明、疏水沿岸の桜並み木のすばらしいこと、京阪電車のすばらしさ、三井寺がすぐ近くにあるから行って見なさいと言ってくれたこと、近辺のことなどを朝食後にゆっくり話してくれた。

朝早く起きて、旅館の近辺を散歩した。朝早くから、釣りをしている人たちがいた。声をかけたら、岐阜から来た青年は愛想よく答えてくれた。ニコッと笑って、なかなか釣れないと言っていた。

私は、琵琶湖疏水について、もう少し知りたいと思っていた。思わぬところで、琵琶湖疏水に出会った。旅館の近くは、まさに、琵琶湖疏水の取り入れ口である。

公園には、明治時代から状況を書き記した掲示が出ていた。肥船が来て、野菜を置いていったと記述してあった。琵琶湖疏水について歴史を書いた掲示が疏水の橋に出ていた。


琵琶湖疏水は、若い技師の指導のもとにおこなわれた。明治初期の20年間の、国家的事業だった。その後、第2期の工事があり、明治後期に20年間位かけて完成したという。京都までの長い距離の工事が完成した。京都の人たちは琵琶湖の恩恵を被っている。三井寺の山の下を疎水は通っているという。
滋賀県は下水道の工事が他府県に比べて遅れたという。

路面電車が走っていることに驚いた。2両編成のかわいい電車である。京阪電車の沿線には、学校が沢山あるので、通勤・通学電車でなくてはならない存在になっているとのこと。


旅館の女将は、数年前の知事選に女性知事の当選について話してくれた。新幹線の駅を作る必要もないのに、無理やりつくろうとしたり、琵琶湖に空港を作ろうとした立候補者がいて、反対運動をして、女性知事が当選した。

滋賀県は、災害の少ない、生活の出来るすばらしいところだということを誇りにしているとのこと。

三井寺がすぐ近くだから、是非行ってくるようにと言われ、汗だくだくになって行ってきた。入口の門前まで行って引き返した。研修会の時間の都合で、中へ入れなかった。いつかゆっくり行きたい。

2日目は、研修会の会場へは、三井寺駅から、石場駅まで、涼しい冷房の効いた、京阪電車で行った。

会場のピアザ淡海は、石場駅から近い。NHK津放送局など大きな建物などを通り抜けると湖畔に出る。会場は、琵琶湖湖畔にあり、湖畔の周囲は、緑地帯があり、ベンチがおいてあり、雰囲気の良いところである。魚釣りをしている人がいた。

今回の研修会を世話されたスタッフの皆さんの献身的な奉仕に心から感謝申し上げます。益々、研修会の発展を期待しております。




















posted by 花井英男 at 12:09| 研修

2018年05月28日

平成30年度愛知県臨床心理士会総会及び1日研修会

平成30年度愛知県臨床心理士会総会及び一日研修会

日時:平成30年5月27日(日)午前9時20分〜午後4時30分
場所:ウィンクあいち 名古屋駅前

午前;9階、10階及び11階の会議室、小ホール1,2に分かれて分科会
午後;大ホールおよび小ホールに別れて総会および全体会




分科会k (会員企画)A
* 現場で行われている認知・行動療法

企画:児玉和志 (上林記念病院)

事例提供:

服部正嗣 (西知多こころのクリニック/ならい心療内科/とわたり内科・小児科)
平田裕也 (BTCなごや)
小林正人 (愛知県心身障害者コロニー療育支援課)




参加者107名という盛況であった。企画した方々も驚いたと伝えていた。
最初に、児玉先生から、趣旨説明、企画趣旨概要の説明があった。


認知・行動療法の定義については、応用行動分析・行動療法・認知行動療法の内容であると説明した。つまり認知療法系の認知行動療法ではないこと。


中京大大学院出身の4人で始めて企画した。経験年数の7〜8年という若手ばかりだ。4人の皆さん素晴らしい実践報告をした。皆さん全部、臨床行動分析研究会のメンバー。

事例提供


朝の吐気を訴える症例
服部正嗣先生



何度も休職を繰り返していたが、主訴が当人の現状であるとは限らない。本人の行動面について、標的行動の選定し、介入は、アサーショントレーニングと、エクスポージャ。
結果は、LSAS-JとBDIの数値が正常値になった。

職場復帰し、勤務が継続している。


強迫観念の症例
平田裕也先生



平田先生専門であるOCDの実践例。YBOCS  20。今、厚生労働省からOCDのマニュアルが出ていると紹介した。
しかし、彼は、厚労省のマニュアルではなく、オーダーメイドのアプローチをしたと述べた。


彼のオーダーメイドの方法は、マインドフルネス型であるというところだと思われる。
強迫観念が出てきた時に、「確認とか避けることをしないで、五感で意識し、他の行動をすること」

標的行動は、見えるもの、聞こえるもの、感じるものが出てきたら、○。
マインドフルネスの仕方は、熊野先生(早稲田大院)のやり方。
彼は、典型的な行動療法によるアプローチも紹介した。


他にも、参考になるアプローチを紹介した。
OCDの障害有病率は、1〜2%と厚労省は発表している。

行動分析による、ABC分析も紹介した。


コロニーに施設入所している、知的障害・自閉症の子ども「ろう便」・「便食」の改善
小林先生



今回の発表の中で、一番、感激して聞いた事例である。よくもこんなに素晴らしい実践が出来たものだと感心した。


10才前後で常時、おむつをしている子。言葉が通じない。トイレットトレーニングはできない子。


施設の奥の方の押し入れで、こっそり、排便し、それをこねたり、食べたりしていた。私設の職員が発見し、取り組んだ。
要求の仕方も、手を叩くという方法のみ。表現方法もない子。
要求の仕方も知らない。

排便に20日、排尿に14日かかり、ろう便、便食をなくし、おむつをはずし、排便,排尿も出来るようになった。画期的な実践であると思う。
これも行動分析に基づくアプローチである。


全体会
代議員企画  2階 大ホール・小ホール(ライブ中継)
テーマ:臨床心理士としての学びと研鑚



司会:
永田 雅子(名古屋大学/愛知県臨床心理士会 副会長)
   松本真理子(名古屋大学/愛知県臨床心理士会 副会長)


【シンポジューム】「臨床心理士の学びと研鑚」

話題提供:

スーパービジョン 大津直樹 (吉田クリニック/ならい心療内科)
大学院のリカレント教育 加藤大樹 (金城学院大学)
個別の研修会 高橋蔵人 (人間環境大学)
各職域の研修 石黒直生 (刈谷病院/医療保健部会)
県士会の研修 鈴木健一 (名古屋大学/研修部会)

指定討論  川瀬 正裕  (金城学院大学  愛知県臨床心理士会会長)


愛知県の県士会のメンバーが、2005名になった。毎年100名増えていく。大所帯になった。

初心者、中堅、ベテランなど各層の研修が課題になる。

臨床心理士にしても、公認心理師にしても、生涯を通じて研修を重ねていくことが求められている。

それぞれの立場からの発言であった。県士会の会長から、指定討論がなされた。これだけのメンバーを抱えてレベルアップに勤めて行かなければいけないのは大変だろうと思う。


何よりも、それぞれが学会などに所属して、ワークショップなどの参加して力量的にも、人間的にも成長していくことが義務であると思う。







posted by 花井英男 at 10:39| 研修