2021年05月13日

「患者と探す 心の回復」を読んで

「患者と探す 心の回復」を読んで


中日新聞【2021年5月13日】は、精神科医夏苅郁子さんが、今回出版した、「精神科医療の7つの不思議」の紹介記事を載せた。夏苅さんは、精神科医の夫とともに、焼津市で、「やきつべの径(みち)診療所を営む。

かつて、名古屋駅の近くの会場で夏苅さんの講演を聞いたことがあるので、記事に関心を持った。医学博士号を持つ。確か博士論文を大規模の調査をもとに書いた人ではなかったかなと思う。今回の本も、6千人の調査実施と書いてある。

「調査」をもとに医学論文を書くことに疑義を持つ人がいた、と聞いたと思う。この調査の基本は、主治医の診療態度を問うという内容である。自ら医師が自分たちの診療態度を問うということは勇気のいることだ。医師の患者への在り方を問うという、厳しいものだ。

教師の場合、研究授業と言って、同僚の先生から、授業内容、教え方などについて改善のための厳しい職業的訓練の場がある。有名大学、国公立大学出身だからと言って、うぬぼれている人もいる。ほんとに人間性があるのか。教師像を求めて。改善の道は自分自身で進めなければいけない。

私は、臨床心理士として、自分の態度がどうであるか、自戒を込めて考えなければいけないという気持ちだ。このことは、臨床心理士、公認心理師についても自戒を込めて反省することだと思う。精神福祉士でも、看護師・介護福祉士でも、同じであると思う。

全国の精神疾患の人と家族に郵送で調査を実施した。約6千人から回答を得た。主治医・担当医の診療態度に関して、25項目を挙げ、4段階で評価してもらった結果の概要を著書で紹介した。新刊は、ライフサイエンス出版から1650円。

調査の報告書によれば、「きちんと顔を見て、目を見て話をしてくれる」、「親しみやすい雰囲気を持っている」、「など誠実さや親しみやすさを測る項目では、約8割が肯定的に評価。
2割は、否定的であるということだ。

一方で、「病名や薬について十分な説明がない」、「回復の見通しについて納得できる説明がない」など治療に関する内容は、患者の3割以上が不十分と感じていた、と。患者や家族は、病名について、劣等感、困り感、成育歴にやりきれなさ、先入観、偏見、絶望感、希死念慮、自殺企図などを持っているかもしれない。

対人関係でも、家族との関係でも、医師との関係でも、良好な関係を持っている人、いない人がいるかもしれない。心の病の人は、神経質になるかもしれない。待ち時間についてもイライラするかもしれない。

私の体験を述べる。近くのかかりつけの病院で、ドクターの話を聞きそこね、「もう一度言っていただけますか」と質問に対し、丁寧に答えてもらえなかった。きつい言い方で、非難する気持ちで返事をもらった。不愉快な気分を味わった。「ドクターは若い」という印象だった。

夏苅さんが、そもそもこんなことを何故しているのか。彼女の成育歴にある。詳しくは、ウィキペディアの夏苅郁子を読まれたい。

引用すると、「北海道生まれ。父親(薬品会社勤務)の転勤で、幼少期から中学時代まで引っ越しが多かった。10歳のとき、母(看護師)が統合失調症にかかる。家庭を顧みず収入を家に入れぬ父親とは疎遠であり、病んだ母親と二人の孤立した過酷な少女時代を送る。

両親が離婚した後、実家に引き取られた母と会うことを拒む。父の籍に残ることになったがもともと疎遠な父と暮らすことはなく、孤独と絶望から2度の自殺未遂。友人の仲介により母と再会した。その後イラストレーターの中村ユキ著の「我が家の母はビョーキです」という本を読んで、母の統合失調症を真正面から向き合うことにした。」

エッセイ「心病む母が遺してくれたもの精神科医の回復の道のり」を出版。母の病気とのかかわりや自身の病気(摂食障害、うつ病)、回復した過程を書いて反響を呼んだ。私は一気に読んだ。日本各地を講演した。名古屋にも来られた。

病気回復の道のりは大変だった。自身の闘病体験は、医師への不信、自身の症状と処方薬の副作用に悩んだ。医師との関係、不信感。講演での語り口は、やさしさで溢れる内容であった。








posted by 花井英男 at 22:13| 心の病

2017年02月18日

北海道・浦河べてるの家

もう一つの実践を見る
NHK・ETV 2017年2月18日1:00〜こころの時代

弱さを絆に共に生きる
北海道・浦河べてるの家の実践


この番組の紹介は、次のとおりである。


「精神障害のある人が地域で共生する取り組みを続ける「べてるの家」の向谷地生良さん。精神医療の常識を覆し、世界中から注目されている向谷地さんの人生・宗教観を伺う。

北海道浦河町の『べてるの家』。精神障害のある人たちが当事者同士ともに過ごし、幻覚や幻聴など互いの弱さを語り合い、自身の病気と向き合うなど数々のユニークな取り組みが行われている。

はじまりは、向谷地さんが、精神科を退院した有志メンバー数名と教会で一緒に暮らしながら、手探りで始めた実践だった。

「弱さを絆に、行き詰まりと絶望の中で生きる」とは何か、向谷地さんのこれまでの実践や数々の出会いから、伺う。

【出演】ソーシャルワーカー、浦河べてるの家理事…向谷地生良,【きき手】杉浦圭子」

この番組を見た後、「べてるの家」のHPを見ると、向谷地生良(むかいやじいくよし)さんは、北海道医療大学の教員と出ている。理事であり、教員もしている。

この番組をみて少し感想を書く。

心療内科の心理士として、勤務する者として、この番組を見ていて、ほっとする。こういう実践もあるんだ。
素晴らしい生き方をしている、と思う。

ソーシャルワーカーがメンバーさん達に付き添う人生である。
心の病を持つ人たちの生涯の大変さは、一言では言えない、苦しさ、辛さ、むなしさ、絶望感、悲しさなどがあるだろう。


ソーシャルワーカーとして勤務した病院から、解雇を言い渡された向谷地さん。
それでもメンバーさん達と共に生きてきた。今では、ユニークな取り組みに共感をもらい、日本全国から1年間に2800名の見学者が訪れる。


クリスチャンとしての姿は最後に、讃美歌をメンバーさんと歌う場面のみ。
彼は、聖書の中に登場する人物は、社会の最底辺の人たちばかりだという。
イエスは、最底辺の人たちと生きたと述べる。


幻聴、妄想、パラノイアなどに苦しむメンバーさんが入退院を繰り返す。
繰り返す幻聴、妄想、幻視に悩まされ、苦しみ、付き合い方を学び、仲間同士が支え合っていた。メンバーさん同士がいがみ合い、仲間割れすることが多い中で、仲間同士が支え合っているのが印象的だ。


症状、困りごとに一緒に取り組んでいる姿が見られる。
杉浦圭子アナウンサーと向谷地さんの対談を中心に進められていく。その中に、メンバーさん達の生活、仲間と幻聴、妄想と付き合う場面が紹介される。


医師が、症状にどう取り組んだかではなく、もちろん、医師による薬物療法に支えられているということは、原則であるが、症状に仲間とどう取り組んだかに重点が置かれていることに注目したい。

番組を見ていて、安らぎを感じた。

終わり

posted by 花井英男 at 14:39| 心の病

2014年12月26日

映画「それぞれの伊勢湾台風」を見て

畏友Mさんから手紙
Mさんからの手紙の中にある、「映画『それぞれの伊勢湾台風』で証言してー 改めて災害・2次災害を考えるー」を記したB4版の文章を読んで、涙が出た。Mさんのヒューマニズムというか温かさを感じた。いつも穏やかで寡黙で思慮深い彼が、今まで語らなかった内面を文章にして自己開示をした。
B4の紙に、詳細に記述された内容に即して述べる。
異常気象もあって台風が日本列島を襲った。御嶽では爆発も。今あらためて自然災害後の苦しみ、そこから脱出の道を考えてみたい、と述べる。私もその通りだと思う。この先南海トラフの大地震、原発事故、何が起きるか分からない。御嶽は予期せぬことだった。今までの災害で見過ごされてきたことがあるかもしれない。一緒に考えたい。
「映画の撮影クルーが我が家に来る」
映画は、竹下景子のナレーターによる、2時間ものであった。その中で、彼の証言はほんの一部であった。彼の証言は、さらりと触れられた程度であったと思う。まさに、タイトル通りの「それぞれの伊勢湾台風」の体験であり、それぞれの人生の詳細がどうであったかはあまり触れない。彼自身が述べているように、「どれほど証言が取り上げられているかは不明」になってしまっている。私の感想では、この映画は、ドキュメンタリーで、色んな事実を取り上げている台風災害百科事典である。彼がB4の記述の中で、述べた「2次災害を考える」と言うテーマは薄らいでいたように思う。彼は、55年前の旭ヶ丘高校3年の時の、「伊勢湾台風のこと、父のうつ病・自宅での自殺、その後の人生を語ることになった。」と述べ、それを知った高校のクラスメイトの親身になった世話を受けた経緯を述べる。その記述は、後で述べる。
ドキュメンタリー映画の完成まで
この映画の前売り券は、ある親睦会で数年前にカンパのつもりで購入した。なかなか上映されないし、何のチケットだったか理解していなかったのであきらめて捨ててしまった。Mさんの記述により、この映画の作成過程は、順調ではなかったことが分かった。2014年の10月から名古屋駅前のピカデリーで上映が始まったが、50周年の2009年の上映を目指したが資金不足で出来ず、2011年3月11日の東日本大震災、東海・東南海地震への危機もあって本年2014年9月完成となったという。5年も遅れた。
 「なぜ、いま伊勢湾台風なのかー改めて防災への動きをつくる」 
彼は「自然災害のおそろしさ、そこに貫徹する社会の歪み、2次被害への対応となる社会的ケアの大切さ、さらにいえば防災への動きをどう作るかに映画作りのねらいはあると思う」と述べる。
 「そこに貫徹する社会の歪み」と言う指摘に、ハットした。原発被害にしても、東日本大震災の被災者支援、広島の土砂災害にしても、常日頃から社会の歪みに憤りを感じる。自然災害によるトラウマによる打撃は大きい。東日本大震災による自殺者の数は、1700名だった。
 「災害後に失ったもの失って得たものー私の証言から」
 Mさんは、名古屋市港区に住んでいた。床上1.3mの浸水、家の全壊。2週間ほど海水の中で過ごした。Mさんの港区の災害のひどさを私は体験しなかった。多分港区はひどかったと想像できる。
さてMさんの記述に戻る。18歳の反発心から避難所では1日も寝ず、押し入れの上段で独り寝た、と述べる。段を下りると海水があった。もっとも厳しかったのは、災害後の2次被害だと述べる。父の不眠、自殺願望、「心因反応」との診断。精神病院の入院、12月に退院、12月22日自宅でのガス自殺。就職試験、卒業・大学入試・・・。
Mさんは、かけがえのないものを失った、と述べる。更に次のように述べる。あわただし高3の3学期を送った。葬式を終えて出校すると級友は授業後、Mさんを囲む会を開き、今後どうするか一緒に考えてくれた。親友は、『鋼鉄はいかにきたえられたか』(岩波文庫)を贈ってくれた。トヨタ系の重役になった級友も内村鑑三の『基督教徒のなぐさめ』を、あまり親しくなかった2年の級友は封筒に入れた千円札を渡した。大学で哲学を教えている父を持つ級友はその父との面談の場を用意してくれた。大学に入ってからは、多くの友人のサポート(自分の家庭教師の口を私にまわす)温かい視線、便り、励ましを得た。偲ぶ会、文集づくりを7人ほどで行った、と述べる。
「つらく厳しい体験こそが人を連帯させる」
精神的打撃への対応への重要性をMさんは述べる。阪神大震災にとき、愛知から最も多くの精神科医が現地入りしたという。フクシマの原発事故後のメンタルケアも行われたという。一方、難しさもある。中国戦線での体験を80歳まで語れなかった人の例をあげている。Mさん自身同情を得たくないという気持ちであったため、人には話さなかったと述べる。ようやく今語る気持ちになったという。
Mさんは「一人ひとりバラバラにされた展望が持ちにくい現実だからこそ、私たちは厳しい体験を語ることで《支えられ支える》関係を築きたい。」と述べる。
最後に、映画のディレクターにMさんの取材を推薦したのも高校時代の同級生だったと述べる。
私の伊勢湾台風の体験
 ここで瑞穂区で当時の体験をいくつか述べたい。私は伊勢湾台風のとき、愛知学芸大学2年生だったと思う。我が家は、戦時中に建てた家で、台風のため、東側の壁が抜けてしまった。家の中から青空が見える状態になってしまった。しばらくそのままであったが、トタン板を張り付けて修理した。脳溢血で寝ていた父が高校2年生の時、亡くなり、当時、4人の子どもを抱えた母は、養鶏で家計を支えていた。私は大学の先生の紹介で、家庭教師のアルバイトに恵まれ、学費を稼いでいた。父方の親類である南区道徳町の親類へ、おふくろの作った、おにぎりを頭にのせて、自転車でお見舞いに行った。そのとき、内田橋から南の方へ行くにしたがって胸まで水に浸かって自転車を押しながら、行ったことを覚えている。一方、母方の親類の叔母夫婦が、南区で家を流され、我が家へきて滞在することになったが、しばらくして叔母は鉄道自殺をした。新聞で大きく報道されて恥ずかしかった。対応の仕方の未熟さが自分にはあったと反省している。学芸大学2年生だったので、友人達の呼びかけで、南区の学校で、被災した子供たちの学習指導のボランティアに行った。女子学生が、栄の百貨店・オリエンタル中村の前で被災地の子どもへの募金活動をしたら、すぐに60万円くらい集まったと聞いた。それで文房具を買って子どもたちに文房具を買って与えた。当時、南区の方は自衛隊のトラックが沢山走っていた。当時、被災地を見に行ったとき、水で膨れた豚の死体や木材などが水の上に浮いていた。南区の保健所には、溺死した死体が並べられ、異様な臭いが立ち込めていた。本城中学校の校庭は、亡骸の焼き場になっていた。やはり異様な臭いが立ち込めていた。福祉大学の学生に活動の手伝いをしてくれしつこく頼まれた。東京の大学に在学中の兄に手紙で報告したら、大げさなことを言うなという返事が来た。

posted by 花井英男 at 11:20| 心の病