2021年06月21日

認知・行動療法学会は、認知・行動療法の治療者リストを作ってください

認知・行動療法学会は、認知・行動療法の治療者リストを作ってください



 本日、瑞穂CBT相談室に、兵庫県三宮の女性から、「強迫性障害で困っている。カウンセラーを探している」旨の電話がかかって来た。とっさのことで、困ってしまった。

 岐阜県からは、臨床心理士から問い合わせでカウンセリングを依頼してきます。あるいは、ドクターから、カウンセリングの依頼の連絡が来ます。三重県、岐阜県など近隣の場合、どうぞおいでくださいと案内ができます。

 この時、思いついたのは、「滋賀県彦根のCBTセターに聞いて見てください」だった。滋賀県のCBTセターの方なら、兵庫県の事情に詳しいかもしれないと思いました。CBTセンターは、研修で、時々お世話になっています。研修会に参加した時の印象で、兵庫県、京都方面のカウンセラーは、CBT研修で盛んな印象を持っています。

 EMDR学会は、治療者の全国リストを発表している。大変便利なリストです。1200から1300名くらいの会員がいるので、一般の方に利用できる。ボディコネクトセラピーも、都道府県別に治療者リストを公開している。USPTS研究会も、全国の治療施設を都道府県別に公開している。


 日本臨床心理士会は、全国治療者リストをネット上に出している。「臨床心理士に出会うには」はネット検索すれば、ぱっと出てくる。この治療者リストで、調べれば、兵庫県で探せるかもしれないことに、あとで気が付いた。

日本認知・行動療法学会は、認定行動療法士と専門行動療法士の資格申請の仕組みがある。これは、一般の人に大いに知っていただき、利用していただくことが必要ではあると、私は思う。学会内だけで使っているのはおかしいと思う。認知・行動療法学会は、一般の人に、身近に奉仕できる存在になってほしい。私はこのように思うが、どうでしょうか?

 行動療法士がすべての分野で、認知・行動療法が出来るわけではないと、思う。それぞれが得意分野があると思う。出来る範囲で、社会に奉仕すればよい。





 認知・行動療法学会から、次のような返事を頂きました。有難うございました。

 
「花井英男先生

いつも大変お世話になります。
この度は日本認知・行動療法学会の運営に関するご意見を賜り、誠にありがとうございます。

現在、行動療法士の資格者リストは更新中となっています。
作業が終わり次第再掲載される予定ですので、しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

今後も引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。」
 











posted by 花井英男 at 16:08| 認知行動療法

2021年03月15日

「生活リズム健康法」について

「生活リズム健康法」について


 認知行動療法学会のコロキウム(毎年、国内各地で行われる、2泊3日の研修会)にて、
時々、お顔を拝見し、挨拶を交わしている、岡島義先生(東京家政大学)の、「認知行動療法で改善する不眠症」岡島義・井上雄一著・すばる舎を、読んだ。


 この本は、医師との連携、薬との関係を組み込んだ、医療現場でのアプローチを考慮に入れるアプローチだ。

 
 今、よくみられる「不眠症」のすがた、を見る、「アテネ不眠尺度」を紹介している。簡単なチェエクリストだ。全く簡単。
 

次に、「ピッツバーグ睡眠質問票」B5判、2枚の内容だ。

 睡眠にどう取り組むか、1冊の本に、いろんな角度から取り組むことが書かれている。認知行動療法の本です。


 睡眠に関する質問紙に関連して、「『生活リズム健康法』ー日常生活に取り入れようー」を見つけた。
 これも一般の人の健康チェエクリストである。これも、便利なチェックリストだ。













posted by 花井英男 at 13:21| 認知行動療法

2021年03月02日

強迫性障害の治療

強迫性障害の治療について

  
強迫性障害の治療は、これでいいのか?

最近、強迫性障害で困っている方からの、セカンドオピニオンを求める、電話(無料電話相談)を頂きます。東京とか、横浜、三重県から電話が来ます。
20年も、医者に掛かっている。最近、症状がひどくて困っているというものです。
10数年カウンセリングを受けているけど、治らないという方もいました。

 強迫性障害(きょうはくせいしょうがい、英: Obsessive–compulsive disorder , OCD)は、不合理な行為や思考を自分の意に反して反復してしまう精神障害の一種です。

 患者さんは、薬を飲んでおれば、治ると思っていたようです。医師は、患者さんに薬を飲みつつ、カウンセリングを受ければ、治るよと患者さんに伝えるべきです。

 強迫性障害の治療は、医師の診断を受け、薬を飲みつつ、行動療法のカウンセリングを受けて、順調にいけば、3か月で、治ります。

ウィキペダイアによれば、
「人口の約2.3%は、人生のある時点で強迫性障害を経験する。年間の患者数は、全世界では約1.2%ほど。35歳以降で発症することは少なく、患者の半数は20歳以下で発症している。男性も女性も、ほぼ等しく発症する。」記述しています。

 以下、引用を続けます。

「人種や国籍、性別に関係無く発症する傾向にある。調査によると全人口の2-3%前後が強迫性障害であると推測されている。」

「20歳前後の青年期に発症する場合が多いといわれるが、幼少期、壮年期に発症する場合もあるため、青年期特有の疾病とは言い切れない。」

「治療は主に心理療法によって行い、認知行動療法(CBT)や曝露反応妨害法(ERP)(行動療法)などが用いられ、時には薬物療法(SSRI)などが行われる。このような治療によって、症状が消失する。」

 この記述「症状が消失する」は、間違いです。確かに、健康を回復します。確かに、一時的に、消失します。だけど、症状は何らかの形で出てきます。だから、医師は、「一生、薬は飲み続けてください。」と伝えます。それはそれとしていいのです。

 それプラス、ERPの手続きを、クライエントは習得しておく必要があります。

 OCDに詳しい、原井宏明先生・岡嶋美代先生の著書、「図解やさしくわかる強迫性障害」(ナツメ社)には、「OCDは一度回復しても、再燃、再発を起こさない保証はどこにもありません。」と記述しています。

 再燃、再発した時に、どうするか、どうすればよいか、できることを知っておくことが大事です。私は、クライエントに、治ってからも、ERP
の手続きを繰り返し、繰り返し、「どうするんだったかな?」と何度も、復習をして頂きます。

 症状が消失しても、薬を飲み続けることが、医師から勧められるし、カウンセラーも、クライエントに薬を飲み続けてくださいと、伝えます。

 カウンセラーは、クライエントに、症状が出てきたときは、どう対処するかを伝えて、カウンセリングに来なくなってからも、自分でどう対処するかを、つまり、ERP(行動療法)の手続きを伝えておきます。


 行動療法の研究者・学者が、臨床心理士・公認心理師養成大学院には、まだ不足しているのが実態だと思います。
 OCDのカウンセリングができない、臨床心理士・公認心理師が実態として多い、ということを養成大学院も、認めて、積極的に、人事配置で務めるべきです。

 公認心理師、臨床心理士の資格があるからと言って、中身があるとは言えない実態です。これが現実です。

 臨床心理士も公認心理師も、研修を受けて、技法の取得のための学習するべきです。医師もこの実態を認識し、カウンセラーに技法を学習するように促すべきべきです。改善するために考えていただきたいと思います。

 公認心理士師、臨床心理士がどんなに増えても、健康回復のための効果がないという状態です。消防自動車を増やしても、火事が消せないような状態ではないでしょうか?


    



posted by 花井英男 at 15:22| 認知行動療法