2017年10月20日

N君からの電話

N君からの電話


木曜日、N君から「名古屋へ出るので、会いたい」という電話が来た。
即座に「いいよ。」と答えて、いつもの通り、中日ビルで会った。この頃、中日ビルを見ると、あと1年とちょっとでなくなるかと思うと、いとおしくなる。

「昼は、ラーメンが食べたい」とこちらから、言って、地下1階のラーメン屋に行った。ところ、が10人位並んでいた。N君が下の中華料理がいいということで、そこへ行った。

彼は、この地下1・2階の食堂をよく利用しているようで、詳しくここがいいとかと言って説明してくれた。
落ち着いた店で、向かい合って座れる座席がある。値段もいい。

毎月、2回位は、中日文化センターの「ジョン・キーツを読む」の講座の後、Nくん、I君と3人で喫茶店で話をするのが楽しみになっている。最近、N君の都合で、1か月会っていなかった。

食事の後、いつもの喫茶店で積もる話をした。彼は、K町とS市の姉妹都市調印式に九州まで町の代表として行ったことを話してくれた。

私は「ジョン・キーツを読む」の講座での、岩崎宗治先生のドレイトンの翻訳詩集の話、イシグロ・カズオの感想などを紹介した。
N君は、村上春樹のノーベル賞受賞は、これで当分遠のいたと感想を述べた。
理由は、昨年、ボブ・ディランがとったから。文学者の枠をはみ出た受賞者だったからと。

彼は、イシグロ・カズオの作品も映画も見ていた。さすが幅広く読んでる。

私は10月下旬、学会で新潟まで行ったこと、福島大学で来年1月に開催される、スキーマ療法のワークショップに参加するために、3冊の本を購入し、準備している、近況を伝えた。

彼は、愛知教育大学学術講演会のチラシをくれた。
詩人・文芸評論家 北川透の講演会。

「これはぜひ行くよ」、「ジョンキーツを読む」の参加者にも知らせるといいねと伝えた。


彼は、愛教大大学院の時の恩師から、詩人・文芸評論家 北川透の講演会の企画を聞いて、北川透(現在84才)が40歳の時から親しいから、「僕に詩人との連絡など話しをさせてください」と言って、講演会のおぜん立てをした経緯を話してくれた。

愛知教育大学 学術講演会

詩人・文芸評論家 北川透先生 

「蟻の行方―詩を読むこと、詩を書くこと」

日時  平成29年11月10日(金)15:30−16:00
会場 愛知教育大学 第二共通棟 421教室
主催  愛知教育大学 英語専修・専攻 



詩って何が面白いの? 詩なんて関係ないよ。
もしあなたが今そう思っていたら、この講演会に来てみませんか。


詩を読むこと、詩を書くことに若いころから心血を注いでこられた
北川透さんの言葉は、きっとあなたの日常に波動を越し、何か大切な
ことを知る機会になるはずです。


講師プロフィール


1935年碧南市生まれ。愛知学芸大学(愛知教育大学の前身)・国語科卒業。
豊橋で1962年から1990年まで、詩と批評誌「あんかるわ」を
編集発行し、詩作、批評の世界をリード。


下関へ移住し、
梅光学院大学教授をつとめる。「北川透・詩論の現在」全3巻で
第3回小野十三郎賞、詩集「溶ける、目覚まし時計」で高見順賞、「中原中也論集成」で藤村暦程賞、昨年6月、中日文化賞。現在「北川透現代詩論集」全8巻刊行中。評論「谷川俊太郎の世界」など著書多数。



彼は、鶴舞図書館で開催された、英語の俳句の会合に参加したこと。
「ジョン・キーツを読む」のメンバーのSさんが英語で司会を務めたとのこと。
「青い目の人形の会」で募集した、英語の俳句が中高生から、500も集まったと喜んでいた。現在、審査中であるとのこと。

彼との話で一番素晴らしかったのは、ディラン・トマスの研究を続けたくなったと言った。私は、「いけ、いけー」と叫んでしまった。


母校の愛知教育大学大学院・博士課程で勉強することを決意した。
78才になって博士課程に行く気持ちは貴重だ。
成功を祈る。彼なら出来る。
イギリスの詩人・ディラン・トマスのついての英文の修士論文を今年1月提出したばかりだ。
優秀な論文だと評価された。





posted by 花井英男 at 08:41| 文学・芸術

2017年10月13日

中日文化センター  ジョン・キーツを読む

中日文化センター

ジョン・キーツを読む
―イギリス・ロマン派の感性と文体―

講師  名古屋大学名誉教授  岩崎宗治  文学博士
テキスト 「キーツ詩集」イギリス詩人選(10)
宮崎雄行編(岩波文庫)

2017年10月12日(木)13:30〜15:00


イギリス・ロマン派を代表する詩人のジョン・キーツ[1795−1821]の詩を
精読し、詩人の優れた感受性と詩の文体を、歴史的コンテキストの中で考えます。


9月28日(木)は、新潟の学会参加のため、中日文化センターには出席出来なくなった。
しかし、この日は、岩崎先生は、風邪をひかれて休講になった。
私にとって、ラッキーであった。幸い、先生は、少し風邪をひかれて、何とか回復した。


84才の先生は、今年になって、2冊も本を出されて、元気だ。
出した本は、いずれも、国文社から、イギリス・エリザベス朝時代のソネット集の翻訳。
日本人が翻訳するのは、almost impossibleと上智大学のミルワードが
言ったコンスタブルの翻訳。

「コンスタブル  ソネット集 ダイアナ」

もう1冊が、今回出した翻訳詩集。

「マイケル・ドレイトン  イデアに捧げる愛の詩集」
プラトンのイデアに関係する。

シェイクスピア時代にシェイクスピアと肩を並べた詩人たち。先生は翻訳詩集にも力を注いでいる。
大抵の大学の教員は、84歳になれば、引退している。知的好奇心は盛んだ。


先生は、今日は、30分位かけて、ドレイトンの作品の紹介をされた。
エリザベス朝時代の、「現代文学」という言い方。
エリザベス女王の全盛期を称える内容。
イングランド礼賛。ナショナリズム。愛国心。近代個人主義の芽生え。
イギリス風のソネットの確立に貢献した。

話変わって、
先生は、ノーベル賞を受賞した、日系イギリス人・イシグロ カズオに触れた。
翻訳で、イシグロの作品を読んだ。映画の作品がよかったと。
やはり。ノーベル賞受賞だと思った、と述べた。

イシグロカズオは、村上より早くノーベル賞を受賞して申し訳ないと言った。気を使っている。
しかし先生は、村上春樹は「大衆文学」だと言われた。ハルキストは怒るだろう。或いはがっかりするだろう。
私は、評判を聞いているだけで、村上は何も読んでいない。


私は、サマセット・モームが大好きで沢山の作品を夢中になって読んだ。モームは、大衆文学だと、英文学者の友人に言われて、がっかりした。しかし、何と言われようと、モームの「人間の絆」など作品は大好きだ。
大衆文学という言葉は、一段低い評価であると思う。


さらに、先生は、最近出た本を一冊紹介した。
キーツの「ネガティブ・ケイパビリティ」にちなんで、

「ネガティブ・ケイパビリティ」
帚木蓬生(ははきぎそうせい)著
朝日出版  1300円

作家、精神科医。開業医として活動しながら、執筆活動を続けている。
医学に関わる作品が多く、また自身(精神科医)の立場から『ギャンブル依存とたたかう』を上梓している

著者の帚木は、東大文学部仏文科卒、九州大学医学部卒


楽しみが増えた。


先生は、キーツの書簡集(ハンドアウト)を紹介した。
その中の一節。
The excellence of every art is its intensity,
Capable of making all disagreeables evaporate,
From their being in close relationship with
Beauty and Truth―
Examine King Lear and ・・・


これは、いい文章だ。






posted by 花井英男 at 21:54| 文学・芸術

2017年08月13日

いわさきちひろ展を見に行く

いわさきちひろ展
ピースあいち10周年特別企画
―世界中のこどもみんなに平和としあわせを―


2017年7月18日(火)〜8月31日(木)
博物館相当施設・戦争と平和の資料館 ピースあいち
2017年8月13日(日)


名古屋市名東区よもぎ台
地下鉄「一社」駅から北へ20分

日曜日の午前中に、ピースあいちのいわさきちひろ展を見に、家内と出かけた。
「ピースあいち」とはどんな所だろうという好奇心もあった。


まず、最初から行き方を間違えた。一社からは遠い。
上社から、バスで近くまで行けることに後で気づいた。


一社から坂道である。行けども、行けども見えてこない。
炎暑の中歩いた。
途中、道を尋ねながら歩いた。

ピースあいちの1・2階は、常設展示。
3階は、企画展会場。


1階で、「ピースあいち」の出来た経緯のビデオを見た。
1993年、愛知に戦争資料館をつくろうという運動を始めた。
戦争と平和の記念資料館を作る運動団体が、愛知県、名古屋市に作るように、働きかけたが実現しなかった。


名古屋市在住の、加藤たづさん(助産婦・看護婦)が、一生かけて作り上げた財産、90坪の土地と、1億円のお金を「ピースあいち」のために寄贈された。

加藤さんは、戦後、結婚されましたが、早くに夫と死別、その後も自立して働き続けました。自分は質素な暮らしをし、一生かけて蓄えた財産を世の中のために役立てたいと考えて、戦争資料館建設のために、寄付をされた。

私も、記念館建設カンパに協力した覚えがある。

ビデオでは、更に、常設展示は、どんな内容なのか、詳しく案内をした。
美術館とか、こういう施設で、ビデオ解説を見るのは大変役に立つと思う。


1階・2階の常設展示場を見た。ぎっしりと詰まった展示は、とても頭が一度に吸収できるわけではない。悲惨な戦争中の生活状態の展示、戦争被害による悲惨な状況の展示である。
「目をそむけないでください」という大きな文字が張り出してある。


自分が、もう受け付けないという感じがした。
圧倒する展示物に私の脳は、拒否状態だ。
もう駄目だという気がした。

詳しいデータ、写真が、これでもか、これでもかと張り出してある。

知らず知らずの間に、緊張状態になっていた。
私は、ビデオ解説で見たほうが、分かりやすいと思った。
先ほどの1階でのビデオ解説はよかった。


逃げるように、3階の、いわさきちひろ展の会場に移動した。
ここで、私の体は、正直だ。体の緊張がなくなった。ほっとした。

平和な雰囲気の中の、ちひろの子どもの絵は、すばらしい。宝だ。

絵本を椅子に座ってみている人、子ども。ここならのんびり出来そうだ。

しかし、腹が減った。
とにかく、昼食に外へ出ようということになった。
出口で、えはがき、絵本、一筆箋などを売っている。
一筆箋を買って外へ出た。


posted by 花井英男 at 15:42| 文学・芸術