2018年05月03日

憲法施行71周年記念  市民の集い

憲法71周年記念 市民の集い

岐路に立つ日本と憲法

第1部

ザ・ニュースペイパー[番外編]71年目の憲法を笑う!

出演・福本ヒデ  山本天心  浜田太一


第2部 講演

改憲問題の新局面と私たちの課題

渡辺治

一橋大学名誉教授、九条の会事務局

2018年5月3日(祝)憲法記念日

名古屋国際会議場 センチュリホール

主催 愛知憲法会議      後援  名古屋市




第1部 

コント集団 ザ・ニュースペイパー


ニュースペイパーという、3人によるコントは爆笑に次ぐ爆笑であった。
こういう芸人がいることは知らなかった。

ニュースのパロディをするグループだ。今の政治状況をコントで展開した。
名古屋は、全国一、訪れたくない都市だが、美味い食べものがいっぱいある、とからかったり、河村市長がパスポートなくしたことをからかったりして笑わせた。


「安倍総理」そっくりを演じた人が、国会での学園問題、モリカケ問題を風刺した。
「菅官房長官」そっくりを演じた人が、本当に顔つき、しゃべり方が良く似ていた。

また、「石破氏」そっくりを演じた人が、目つき、顔付そっくりで、特長を出していた。
野田聖子総務相を演じた人が、特徴を出そうとしていたが、いまいちであった。男の人が演じたので。

また、手話通訳を演じた人の演技が、面白く爆笑に次ぐ爆笑であった。
ニュースをネタにしたコントを次から次へと展開した。

会場は皆大笑いであった。


ニュースペイパーの歴代総理の形態模写の政治コントは、他にまねのできない得意分野という評判だ。その通りだ。


結成以来、ニュースを素材にひたすらライブにこだわるスタイルは変わらないという。
つねに今に生きる社会風刺コント集団。

1階のロービーでDVD、写真集を売っていた。

第2部

渡辺治先生

1947年東京生まれ。東京大学法学部卒。一橋大学教授。専門は、政治学、憲法学。

2004年から「九条の会」発足時から事務局。



13頁に渡るレジメに沿って講演をした。誰にでも分かる言葉で、整然と話すの話し方は、すばらしい。その迫力もすばらしい。

渡辺治先生を紹介する、愛敬浩二さん(名大教授)の文章がすばらしい。
渡辺先生の特徴を正確に描いている。私は、少しうとうととしたが、明解な話し方に目が覚めた。


渡辺治著『日本国憲法「改正」』7000頁に渡る大著はその面白さに丸丸2日間寝食を忘れて読みふけったと、愛敬先生は語る。

膨大な量の事実や言説を周到に用意し、憲法政治を読み解く視点を読者に示す。
講演でも、これは同じであった。ここ数年の膨大な量の政治経過を、整理して分かりやすく説いた。

憲法九条が、いかに、自衛隊が海外で出ても、紛争に巻き込まれることを防いでいるという、現実の大切さを認識しなければいけないと。


アメリカでは、シリアで戦争があれば出兵する。アメリカ国内では、国民の中に、もうすでに長い間、厭戦気分が世の中に行きわたっているという。オバマ大統領時代も、トランプ大統領時代の現在も、どうして、アメリカばかりが兵隊として出て行かなければいけないのか。日本やドイツに対する反感がある。何もしてないじゃないかという。


ドイツや日本が出ていくべきだ。日本は、アメリカから、自衛隊を海外に出すべきだ。紛争地帯に派遣するべきだ。安倍は、憲法を壊して、海外派兵したくてたまらない人物。そのために、憲法九条は、縛りになって邪魔でしょうがない。憲法は交戦権を認めていないから。

日本は、海外派兵しているが、「紛争地帯には入れない」。憲法で、交戦権を禁止している。
憲法に自衛隊明記をしさえすれば、戦前の日本に戻る。



安倍は憲法九条に、自衛隊を明記さえすれば、集団自衛権、交戦権が成り立つ。

また、現在、防衛省の日報問題が出ており、文民統制・シビリアンコントロールが問題になっているが、九条に自衛隊の明記をすれば、全然問題にならなくなる。日報問題を問題にすれば、国民が戦前と同じように取り締まりの対象になる。法的にその準備が出来てしまっている。
安倍の「自衛隊明記」は、それを狙っている。

渡辺氏は明確に述べた。

私たちの九条を守る側の力を結集するためには、相手方の権力の全体構造を解明する必要がある。その状況を、渡辺氏は説いた。

  
最後のまとめ
   本秀紀名大教授



参加者は2700名と発表された。
最後に、愛知憲法会議の事務局長、本秀紀先生(名大教授)は、難しい話をしない。
「ラブ・イズ・オーバー」の替え歌、「アベ・イズ・オーバー」の歌を披露した。
4時になって帰りを急ぐ人を意識し、シンプルにまとめをした。

河村に負けない、名古屋弁で、「マット、まっとうな政治をせよ」

「うそ、偽りのない政治を」を訴えた。

言葉遊びで、次の言葉を披露した。上から読んでも、下から読んでも同じ言葉。

「うそあべあそう」、「うそあべあそう」、「うそあべあそう」


来年の憲法記念日は、「名古屋市公会堂」が予告された。















posted by 花井英男 at 22:38| 戦争・平和

2018年03月26日

故キング牧師の孫が「私には夢がある」とスピーチ

故キング牧師の孫が「私には夢がある」とスピーチ


アメリカでは、2018年3月24日、銃規制強化を求める「命のための行進」が各地で行われた。
アメリカばかりでなく、世界中で銃規制のデモが行われた。

日本では、最近、名古屋で、アメリカで、留学中に、銃の犠牲になった、服部君の両親が、ささやかな会合を開いた。旭丘高校の服部君が、ハローウィーンの日に、間違えて訪問した家で銃殺された。

アメリカの集会では、小さな子どもがスピーチをした。
さらに、故キング牧師のお孫さんが、スピーチに立った。

「私のおじいちゃんには夢がありました。私にも夢があります」という銃をなくすための趣旨のスピーチをした。


アメリカは、憲法で銃所持が記述してあるため、銃社会になっている。
文明社会であるアメリカは、銃の所持なんて必要がない。

私は、英語の教師をしていたころ、高校に派遣されてくる、アメリカ人の青年教師に、アメリカは憲法に、銃所持の条文を持っていること自体がおかしい、と話したことがある。その青年は不機嫌になってしまった。


アメリカでは、にっちもさっちもいかない状況になっている。銃産業が、自分の利益追求のために、銃規制を阻んでいる。トランプ大統領は、銃産業から献金をもらっているため、本格的に銃規制強化に取り組まない状況だ。


やはり与論で銃規制強化を進めて行かなければいけない。銃規制の世論が高まることを期待します。


posted by 花井英男 at 17:37| 戦争・平和

2018年01月08日

祝 ご成人  みずほ九条の会

成人式会場、瑞穂小学校のまえで、赤い のしぶくろのビラ配りを
地域の人たちがした。チラシ配りに参加した方たちに、敬意を表します。

デザインのすばらしい、お祝いムードのチラシだ。




全部で4ページからなる。

表紙は(1ページ目)、


祝 ご成人
みずほ九条の会
2018.1.8



表紙をめくると(2,3ページ)、

憲法九条の大切さについて一緒に考えませんか


未来を担うあなたも


全部で5つのコラムがある。



一つ目のコラムは、




憲法九条は、あの悲惨な戦争を二度と繰り返さないために
日本が戦争をしないと約束した条項です。


私たち日本人にとっても
世界中の人々にとっても
価値のある大切な憲法です。



2つ目のコラムは、

日本は憲法九条があることにより、
今まで、武力ではなく話し合いで
いろいろ問題を解決してきました。


しかし世界では、様々なところで
争いやテロが起き命が失われています



3つ目のコラムは、

相手が武力をもっているから、
こちらも武力を持つという考えもあります。


でも、よく考えてみると
争いの原因はなんでしょうか?


相手の生活や命を、大切な人を
奪うことでしか
解決できないことなんでしょうか?



四つ目のコラムには


私たちは言葉を持っています。
私たちは話し合うことができます。


憎しみや悲しみを生む戦争ではなく
話し合いで解決する道を
選びたいと思いませんか?






最後のコラムは、



日本国憲法
第二章 戦争の放棄
(戦争の放棄と戦力及び交戦権の否認)



第9条 @日本国民は、正義と
秩序を基調とする国際平和を誠実
に希求し、国権の発動たる戦争と、



武力による威嚇又は武力の行使
は、国際紛争を解決する手段と
しては、永久に放棄する。



A前項の目的を達成するため、陸海
空軍その他の戦力は、これを保持
しない。国の交戦権は、これを認
めない。




私たちは憲法九条を守る活動をしています。

みずほ九条の会


めくると最後のページ(4ページ目)は、


MESSAGE
みずほ九条の会

ご成人おめでとうございます。



私たちは「二度と戦争はしない」「「武器は持たない」と誓った

日本国憲法九条をまもりひろめようと、

ここ瑞穂区で活動している「みずほ九条の会」です。



日本国憲法は、

第二次世界大戦の戦禍を教訓として尊重され、「基本的人権」や「平和に

生きる権利」を保障し、国家権力を縛るものです。





憲法九条は「戦争放棄」と「戦力の不保持」「交戦権」を

否認する世界にも  まれな平和主義をうたったものです。




自衛隊を憲法九条に明記すれば「戦争をしない」「軍備は持たない」
と決めた九条は、全く違ったものになります。




国の命令で見知らぬ他国の人を殺したり、

殺されたりする戦争を二度としないために、

私たちは憲法九条を手を加えてはならないと考えています。

大人の仲間入りをされたみなさん、憲法と真剣に向き合ってください。

憲法前文を読んでみてください。

平和な世界を築くために。



以上が、チラシの内容です。

すばらしい、きれいな日本語で書かれた、文章だと思いました。

私の所感を述べます。

安倍首相は、憲法は、「占領下で作られたものだ」と言います。「戦後70年もたったからもう古い」と言います。「時代に合った、新しい憲法を作りたい」と言います。本音は、九条を骨抜きにして、国民の権利を骨抜きにした内容にしたいのでしょう。


これは、自民党、財界の本音でしょう。アメリカの言いなりになる政治を目指す人たちの言い分です。


現在の憲法は、実際は、日本の良心的な学者たちが、苦労して作り上げたものだと実証されています。

終戦後に、現憲法の作成過程で、政治家たちが何度も作った憲法草案は、明治憲法の内容のものばかりだったということが事実です。

その憲法草案に対して、占領軍の担当者は拒否をした、もっとましな草案はないかと迫ったという事実があった。

純日本製の、日本人による、日本人のための、日本人の法律学者たちが、戦時中に、政府から弾圧を受け、冷や飯を食っていた、学者たちに作成された憲法草案が、現在の日本国憲法です。

日本・自家製の憲法であった。誇るべきことです。

当時の政府関係者が作成した憲法草案は、占領軍の担当者たちが、とても認められない内容であったことが明らかにされています。

そういう検閲を占領軍から受けたのは事実です。だからと言って、占領軍が作った憲法ではないのです。

悲しいかな、軍国主義の考え方の政治家たちには、主権在民、基本的人権、平和主義などの概念を持つ人はいなかった。


他国の人から見て、世界標準の、世界基準の内容の憲法草案を作成する人は、当時の政治家たちの中にはいなかった。

自民党は、明治欽定憲法がなくなったのが悔しくてならないのだと思います。日清戦争、日露戦争、太平洋戦争の侵略戦争に、国民を駆り立てた、明治憲法の中身を再現したくてしょうがないのだと思います。

明治維新をなしとげた思想家、吉田松陰、政治家たち、西郷隆盛、伊藤博文などは、アジア侵略、韓国併合などの野心を持っていた連中だ。明治維新の初めから、侵略戦争の芽があった。根深い。


自民党は、戦争犯罪を犯した政治家たちによって結党された政党です。第2次世界大戦の戦争犯罪を正しく反省できない政党です。

第2次大戦の戦争犯罪に無反省だと言うことに関していえば、県立高校退職者の会が韓国、台湾に戦争遺跡を訪ねる旅行をした時のエピソードについてお話します。

韓国のお婆さんに、日本の戦争犯罪のついて謝罪の言葉を述べると、「あなたたちがやったことでは」ないと言ってくれた。

しかし、自民政府のだらしなさには、戦争犯罪の跡の残る、韓国に行くと、肩身の狭い気持ちになる。

韓国、中国の人たちは、心の奥深いところで、根深い不信感を持つ。日本政府が、戦争犯罪に無反省だから。


いまだに、韓国政府、中国政府は、毎年、8月頃になると、国会議員たちが「第2次世界戦争を美化する靖国神社」に参拝することに対して、抗議をします。自民党などは、無反省です。恥ずかしい自民党政府です。戦争犯罪について、いまだに解決していないのが実情だ。

ドイツ政府は、第2次世界大戦の戦争犯罪をしっかりとした国です。そのことに関して、周りの国々から尊敬されています。

自民党などの国会議員などが、戦争犯罪を美化する靖国神社に参拝するとは、無反省も甚だしいです。恥ずかしい限りだ。

憲法9条は、後世に残す、最大の贈り物です。世界に誇る宝です。

平和な日本を作るため、また、守るため、平和な世界を作るために、九条を守りましょう!!!

平和憲法は、後世への、最大の贈り物。

憲法9条は、後世への最大の贈り物。














posted by 花井英男 at 17:57| 戦争・平和