2020年10月25日

核兵器禁止条約来年1月発効

2020年10発25日朝7時のNHKニュースで、核兵器禁止条約の批准国・地域が24日、条約が発効する条件となっている50に達したことを伝えた。


午前10時のNHKニュースで、核兵器禁止条約が、来年1月に発効することを伝えた。

ネット上のニュースは次の通り。

「核兵器禁止条約が、来年1月22日に条約が発効する。「核なき世界」の実現を求める国際的な声に後押しされ、核兵器を非人道的で違法だとみなす初めての国際条約が動き出す。

 中米ホンジュラスが24日に批准したと、国連関係者が明らかにした。国連が定める五大州別の批准国・地域数は、アフリカ6▽米州21▽アジア8▽欧州5▽オセアニア10となった。小国や島国が多いのが特徴だ。」

「長崎・広島を繰り返していけない」という願いは、実現するためには、長い長い道のりが予想される。
  
 正しい世論を作ることは並大抵ではできない。

日本は「日米同盟の下で核兵器を有する米国の抑止力を維持することが必要」などとして批准していない。

 国連のグテーレス事務総長は2日、「核兵器の廃絶は地球の生存に不可欠だが、取り組みは失速している」と指摘。

国連加盟国は、190以上ある。せめて100以上の賛同が必要だと言われている。現在50か国が批准した。







posted by 花井英男 at 07:59| 戦争・平和

2020年10月24日

「核兵器禁止へあと一つ」 核兵器禁止条約「発効要件」50か国まであと1か国に

NHKニュース  朝も夜も7時ニュースで
「核兵器禁止へあと一つ」

核兵器禁止条約「発効要件」50か国まであと1か国に
2020年10月24日



詳細は、次の通り。

核兵器の開発、保有、使用を禁じる核兵器禁止条約を批准した国と地域が49に達し、発効の要件となる50まであと1つとなった。条約を推進する国際NGOは50番目の批准は近いとして強い期待を示しました。

核兵器禁止条約は核兵器の使用は武力紛争の際に適用される国際法などに反するとして、その開発、保有、使用などを禁じる条約で、3年前の2017年に国連で採択されました。

条約の発効には50の国や地域の批准が要件となっていますが、23日、条約の推進国などが開いた会合で新たにジャマイカとナウルが批准したと明らかにしました。

これにより批准した国と地域はそれまでの47から2か国増えて49となり、50まで残り1つとなりました。

条約は批准が50に達してから90日後に発効することになっている。


国際NGOのICAN=核兵器廃絶国際キャンペーンは50番目の批准は近いとして強い期待を示しました。


条約が発効すれば核兵器を違法とする初めての条約となりますが、アメリカとロシア、中国などの核保有国やアメリカの核抑止力に依存する日本などの同盟国は参加していません。

広島で被爆 サーロー節子さん「世界の多くの人の連帯感じる」「涙があふれてきた。ついにここまできて、世界のとても多くの人たちが連帯した力を感じている」と述べました。


平和を願う人々の気持ちを温めてくれるニュースだと思います。50か国まで到達するだろうかと、率直に疑問を持っていました。そんなことを吹き飛ばすように、世界の国々で、地道な努力がされてきたと思います。

日本国内でも、市町村議会、県議会で、核兵器廃絶に向けた、取り組みが地道になされていることは報道されています。地道に世論を作っていくことが大切だと思います。

まずは、ここまで到達したことは、おめでとう、バンザイ!!と言いたいです。





posted by 花井英男 at 19:32| 戦争・平和

2020年08月23日

岡本太郎の美術館、2つ。

2020年8月23日の日曜美術館・アートシーンで
川崎市岡本太郎美術館と岡本太郎記念館が紹介された。

岡本太郎のすばらしさを感じた。

太陽の塔は、有名だ。

作品制作のエピソードは、「1970年(昭和45年)に大阪で万国博覧会が開催されることが決まり、通産官僚の堺屋太一ら主催者(国)は紆余曲折の末、テーマ展示のプロデューサー就任を要請した。

岡本は承諾すると、「とにかくべらぼうなものを作ってやる」と構想を練り、出来上がったのが『太陽の塔』であった。」という。

これは、私のような素人の素朴な感じは、「命の賛歌」の作品。

渋谷駅の岡本太郎の絵は有名です。

JR渋谷駅と京王井の頭線の連絡通路に岡本太郎さん作品「明日の神話」はある。

「明日の神話」の数奇な運命がつぎのように紹介されています。

「明日の神話」は、メキシコのホテル経営者からの依頼でメキシコで制作されたものですが、依頼者の経営状態の悪化によりホテルは未完成で人手に渡り「明日の神話」は行方不明となった。

その後、2003年メキシコシティの郊外の資材置き場で発見された。

再生プロジェクトが立ち上がり、日本に輸送し修復後、日本テレビ・東京都現代美術館にて一般公開された。

2008年3月からパブリックアートとしてJR渋谷駅と京王線の連絡通路に設置されています。」

「アメリカの水爆実験により第五福竜丸が死の灰を浴びた事件をモチーフにしています。
ピカソのゲルニカに通じるものがあるように感じます。」


川崎市岡本太郎美術館は、神奈川県川崎市多摩区桝形の生田緑地内にある。

1991年(平成3年)11月、岡本太郎所有の作品352点が川崎市に寄贈されたことに伴い、
1999年(平成11年)2月、美術館は竣工、同年10月30日に開館した。

交通アクセス
小田急小田原線向ヶ丘遊園駅より徒歩。

「川崎市岡本太郎美術館」には、高さ30メートルのシンボルタワー「母の塔」があるという案内がある。その塔の紹介・解説の文。

「この「母の塔」は、下記の3つをイメージして原型に忠実に再現・製作されたという。

1)大地に深く根ざした巨木のたくましさ
2)ゆたかでふくよかな母のやさしさ
3)天空に向かって燃えさかる永遠の生命」

このイメージは、思い浮かべているだけで気持ちがいい。



岡本太郎記念館の紹介文


「ここ岡本太郎記念館は、1996年、84歳で亡くなるまで、岡本太郎のアトリエ兼住居だった。1954年から40年以上彼が生活した空間である。

絵を描き、原稿を口述し、彫刻と格闘し、人と会い、万国博の太陽の塔をはじめ巨大なモニュメントや壁画など、あらゆる作品の構想を練り、制作した場所。」


東京メトロ
【銀座線】・【千代田線】・【半蔵門線】 『表参道』駅より徒歩8分


開館時間 10:00〜18:00(最終入館17:30)
休館日 火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12/28〜1/4)及び保守点検日。



いつかぜひ行きたい。






posted by 花井英男 at 11:42| 戦争・平和