2017年08月19日

日米戦没者の慰霊を続ける静岡県の医師 菅野寛也さん[83歳]

日米戦没者の慰霊を続ける静岡県の医師 菅野寛也さん[83歳]



NHKラジオ深夜便(2017年8月19日・朝4時5分からの放送)

「戦争・平和インタビュー」


菅野さんは1945年6月の静岡空襲を体験した。
12才だった菅野さんは、墜落したB29の搭乗員だった米兵の肉体を人々が、憎しみを込めて、棒切れでたたいていたのを目撃した。


菅野さんも、やはり米兵の死骸に対して憎しみをもった。
1945年6月の静岡空襲では市民約2千人が亡くなった。


菅野さんの父親は、日露戦争に行った医師であった。
その父が、敵国ロシアの負傷兵の面倒を見たというエピソードを、少年時代に聞いていた。



菅野さんは、米兵の慰霊碑を立てることにやはり周囲の抵抗があったという。
20数名の米兵の慰霊碑を墜落現場に建てることを決意したという。



「死んでしまえば敵も味方もない」との思いから40年以上にわたり静岡市で、静岡空襲で犠牲になった市民と、空襲中に墜落死した米軍機B29の搭乗員の慰霊祭を続けている。



今年も慰霊祭が行われた。静岡新聞がその様子を報道している。
「静岡空襲の犠牲者悼む 賤機山で合同慰霊祭」
この記事は、その記事を引用させて頂いている。



菅野さんは、真珠湾に、たったひとりの慰霊祭に参加していた。
91年から真珠湾での米式典にほぼ毎年参列するようになり、2006年ごろから日米双方の犠牲者を悼む式典を元米兵らとともに現地で営んでいるようになった。



静岡での日米合同の慰霊祭。今年で45回目。参列者は慰霊碑に花を
手向けたり、米政府から贈られたハナミズキに水を注いだりして犠牲者の冥福を祈った。


 太平洋戦争末期の静岡空襲で犠牲になった市民と、墜落した米軍爆撃機B29の搭乗員を追悼する日米合同慰霊祭が6月24日、静岡市葵区の賤機山で営まれた。地元遺族や在日米軍関係者ら約150人が黙とうをささげ、平和への誓いを新たにした。

 

 初参加した米ハワイ真珠湾にある太平洋航空博物館のケネス・デホフ館長は「慰霊祭は日米両国の絆を一層深めることに大きく貢献している」と述べた。


遺族会代表の掛川洋一さん(69)は「私たちは過去の悲劇をベースにしながらも日米友好の礎を築いてきた」と話し、戦争体験を若い世代に継承する必要性を訴えた。



 主催者の医師菅野寛也さん(83)は、2016年12月に真珠湾で開かれた日米合同追悼式典に出席したことを報告。


「慰霊、鎮魂なくして和解、平和はあり得ない」と強調した。
 



坊さんで、比較宗教学者の町田宗鳳(まちだそうほう)氏の2つの引用文を、次に紹介したいと思います。

「そして、『光の祈り』を国民全体が、もう少し明確に自覚すれば、世の中がもっと暮らしやすくなるはずだと、私は強く信じています。」



「次世代の文明とは、どのようなものでしょうか。私はそれを、意識下の直観力や想像力が基軸となって構築されるものではないかと予想しています。それは先述したように本来、日本文化が得意としてきた分野です。

現代日本人が『無意識との対話』を深め、過去と現在と未来とを美しく結び合わせることができる国民であることを信じて、本講座を締めくくりたいと思います。」

著書「無意識との対話 心身を見つめなおす」から引用。

 町田宗鳳 哲学博士・ペンシルバニア大学  広島大学名誉教授 ありがとう寺住職



posted by 花井英男 at 14:07| 戦争・平和

2017年07月16日

映画  「日本の青空」と「太陽がほしい」

映画会に参加

時:2017年7月15日(土) 10:30〜15:30
場所: イーブルなごや ホール
地下鉄:東別院


映画「日本の青空」10:30〜


挨拶:小出隆司さん 「ぞう列車がやってきた」作者



歌いましょう「ムクゲの花」13:25〜
ハーモニカ:加藤剛さん ピアノ:中山淑子さん



映画:「太陽がほしい」13:30〜15:30


挨拶:池住義憲さん (自衛隊イラク派兵差止め訴訟の会代表・
名古屋高裁で勝利。自衛隊イラク派遣は、憲法違反の判決を勝ち取り、勝訴。ただ一つの勝訴。)



主催: 愛知・日本軍「慰安婦」問題解決すすめる会


協賛:
 
新婦人愛知県本部
日本ベトナム友好協会愛知県連合会
愛知大学9条の会

日中友好協会愛知県連合会
日本ジャーナリスト会議東海
アジア太平洋・平和文化フォーラム




家内と2人で、イーブルなごやへ、2つの映画を見に行った。
感想を述べたい。


映画「日本の青空」は、終戦後、現在の日本国憲法の作成に尽力した鈴木安蔵・憲法学者らの活動を描いた映画。


ストーリーは女性編集者沙也可(田丸麻紀)が鈴木安蔵の足跡を取材する、というかたちで描かれる。

沙也可は、鈴木安蔵が住んでいた東京の住所から、取材を始める。ようやく鈴木安蔵の娘たちを探し当てた。
鈴木安蔵の娘たちの証言や日記から、戦時下における鈴木安蔵の苦労を描く。


戦後、46歳で初めて、静岡大学教授、愛知大学教授になった人物。立正大学教授等を歴任。
静岡大出身の連中は、鈴木安蔵を誇りにしている。


京都帝国大学文学部哲学科に入学したものの、河上肇の影響を受け経済学部に転じる。京都大学在学中に社会科学研究会のメンバーとして活動し、治安維持法違反第1号の逮捕者となり、特高の暴力的な取り調べを受けた。大学を自主退学した。豊多摩刑務所に2年間服役した。


学会からは、「唯物史観的」として発禁処分を受け完全にパージされてしまった。


戦前期において、実に20作以上に上る著作を発表し、また研究活動の過程で明治期の民権運動家による私擬憲法(憲法案)を発掘したことは、戦後の、日本国憲法制定の活動につながる。



戦後、憲法制定時に、GHQは、アメリカの大学の図書館に、鈴木安蔵の憲法に関する著書があるのを発見し、GHQのメンバーが、鈴木の家を訪ねてくる場面が出てくる。日本の良識のある学者をGHQは把握していた。


GHQが、日本政府のトップの関係者に新憲法案の作成を指示するが、その案は、明治憲法の考え方の性格を出ない物であり、どうあがいても、政府関係者は、明治憲法の思考能力しかできないし、作成能力はない。何度も、GHQは日本政府側の憲法草案を突き返した、GHQ担当者はイライラする。

日本政府側の憲法の草案を英訳するのは、優秀な若い日系アメリカ人達だ。政府のトップの連中の使う用語は、「神聖にして犯してはいけない天皇の存在、神としての存在としての認識である」。世界の常識では考えられない認識である。


一方、鈴木安蔵を中心として、高野岩三郎ら民間人による「憲法研究会」が、作成した憲法草案をGHQに提出する。これをGHQの翻訳グループが、英文に翻訳し、憲法案 となる。共産党なども憲法草案を提出していた。
沢山のタイプライターを沢山並べて、沢山の日系アメリカ人達が、翻訳で活躍する場面が出てくる。

ポツダム宣言に基づき、天皇の象徴的存在として位置づけ、戦争放棄と、陸海空軍の保持をしない(9条)、国民主権などの文章にたどり着くまで、鈴木安蔵ら研究者グループが、議論を重ねる様子が描かれている。


純粋に、日本人の良識的な研究者たちが、苦労して作成したものを、GHQが世界の常識、世界の良識の観点から、憲法草案として、これなら、良しとして採用したものが、現在の日本国憲法である。

世界の常識、世界の良識として、堂々と、世界の誇る憲法草案を作成したのは、純粋に、日本人なのだ。

現憲法は、「GHQの作成したもの」、「アメリカの押し付けたもの」と、自民党など右翼の連中は、悔しがって言っていることは有名だ。これを真に受けている人がいるのも事実だ。


何が正しいかは明らかである。


まだ、自民党など右翼勢力は、明治憲法、教育勅語の内容が、恋しくてたまらないのだろう。

ただ、びっくりするのは、身近に、そういう感覚の人たちがけっこういることだ。明治憲法がよい、教育勅語が良いと思う人がいまだに、いるんだ!

午後の映画会で、上映された、「太陽がほしい」は、15年間続いた、太平洋戦争での中国大陸の各地で頻発した、軍隊ぐるみで、組織的に日本軍の中国人女性に対する性暴力を働いたという事実を現地で、地元住民から聞き取る、ドキュメンタリー映画である。


被害者たちは、老齢になり、心身の病気に悩まされ、財産もなく、親族もない、隠れて、ひっそりと、かろうじて生きている。

慰安所にいたということが知れたら、中国では、社会から迫害される。被害者たちは埋もれている。「私は被害者ではない」と被害者たちは言う。被害者を探しだし、支援する人たちがいる。中国人、日本人のボランティアたちだ。

誰にも言えないで、苦しんでいる。心身の病気に苦しんでいる。見つけて、まず病院に連れて行き、身体疾患からの回復の支援をする光景が出てきた。映像からは、被害者たちの言葉から、フラッシュバック、侵入思考、体の異常にいつも襲われている様子がうかがわれる。。

中国政府は、何もしてくれないと怒り、恨みの感情を持つ。中国政府は、慰安婦問題を取り上げない方針だ。

10万人以上の被害者が推定されている。東南アジアには、被害者のマップが作られているが、あくまでも推定のものである。

橋下徹元大阪市長は戦争があれば世界中でどこでも起きているんだと演説する場面が紹介される。
小泉純一郎元首相が、侵略戦争を讃美する靖国神社の参拝する風景が出た。

慰安婦は、歴史上、存在しないのだと主張する団体の女性の街頭演説風景が映し出された。
日の丸を掲げて、靖国神社を参拝する若者が軍隊調で歩く姿が映し出された。
これが現代の日本の風景だ。

書籍・「太陽がほしい」など2冊は、上智大学大学院に学んだ、中国人の日本留学生、班忠義氏が、映画のシナリオを含めて、日本軍の中国での性暴力を受けた被害者たちの発掘、支援、日本での裁判闘争を記録したものである。

「太陽がほしい」  班忠義 著  合同出版  1000円

「太陽がほしい」という言葉は、侵略戦争の時、中国の女性たちが、暗い部屋に監禁され、性暴力を受けた時の願い、太陽=希望の光を遮られえることなく、いつまでも強く照りつけられるようにという思いが込められてる。

昼食休憩のときに、「ムクゲの花」が紹介された。ムクゲの花を返してほしいという歌。私たちの青春を返してほしい!という願いを歌ったもの、慰安婦とされた人たちの訴えである。木槿(ムクゲ)は韓国の国花。


韓国政府は、住民運動を背景にした日本政府への謝罪と補償を請求している。
中国政府は、日中国交回復を名目に、日本政府への謝罪と補償の民間運動を根こそぎ、弾圧している実態が、映画の中に出てくる。

少女像は、韓国各地に設置されたほうがいいという考えが出ている。
国連においても、アメリカの州議会においても、適切な扱いがされることが決議されている。

そのような中で、日本の支援団体、中国の支援団体が、共同して活動している姿が描かれている。


大変、重い、重い、映画だ。




posted by 花井英男 at 11:06| 戦争・平和

2017年04月16日

ミュシャ 未来を見つめる超大作

日曜美術館 「ミュシャ 未来を見つめる超大作」
2017年4月16日(日)放送
国立新美術館開館
ミュシャ展


2017年3月8日(水)から6月5日(月)まで。



日曜美術館のミュシャの作品紹介はすばらしかった。ミュシャの画家としての戦争の悲惨さを訴える作品の力強さを感じた。


チェコ語で書かれた聖書は、16世紀までなかった。長い間、ドイツの影響下に置かれ、公用語もドイツ語だった。自国のアイデンティティを長年、否定された。宗教改革の時には、弾圧を受け、ヒトラーに弾圧も受けた。
紹介される大画面の作品では、戦争で苦しむ民衆の姿が描かれている。


 どの絵にも数々の民衆の姿。主役はいない。なぜなのか?ミュシャが繰り返し描いたのが、戦争に巻き込まれた人々の姿。絵の中からこちらをじっと見つめる目。何を訴えているのか。見る者の心を揺さぶるその魅力をひもとく。水瓶の絵が沢山出てくる。戦時下で、水が大切だからだと、戦場カメラマンは説明する。


解説者の言葉「戦争に、勝者も、敗者もない」という言葉に同感する。

【ゲスト】演出家…宮本亜門、国立新美術館 広報・国際室長 本橋弥生【出演】戦場カメラマン 渡部陽一、【司会】井浦新,高橋美鈴


ミュシャの略歴は次の通り。


アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人、アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、オーストリア=ハンガリー帝国領モラヴィア(現チェコ)に生まれ、ウィーンやミュンヘンを経て、27歳でパリに渡り絵を学んだ。


なかなか才能を発揮する機会に恵まれなかったミュシャは、34歳の時に、演劇史上有名な女優サラ・ベルナールの依頼を受け、主演の舞台「ジスモンダ」のポスターを手がけることになり、一夜にして成功をおさめた。
ミュシャの絵は、精密で、作品を描くまでに、すごい準備をしていることを紹介した。花の絵を描くときには、沢山の下絵を徹底的に沢山描いている。

ミュシャは故郷チェコや自身のルーツであるスラヴ民族のアイデンティティをテーマにした作品を数多く描いた。


その集大成が、50歳で故郷に戻り、晩年の約16年間を捧げた画家渾身の作品《スラヴ叙事詩》(1912-1926年)。

およそ縦6メートル、横8メートルにも及ぶ巨大なカンヴァスに描かれた20点の油彩画は、古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を映し出す壮大なスペクタクルであると言われる。

一言で言えば、戦争の悲惨さを訴えている。

戦場カメラマンは、子どもを抱いた母親のじっと見つめる視線の絵を見て、
私は同じ場面の写真を撮ったと言い、その戦場での母子像の写真の作品を見せた。

人間が繰り返してきた愚かな戦争のむなしさを味わう。


今、トランプが北朝鮮を攻撃するか、或いは、北朝鮮が先制攻撃するかで、緊張している。安倍暴走政権は戦争をする国づくりを目指しているので、相変わらず、アメリカ追従の姿勢で、好戦的なトランプ支持の姿勢だ。


世界に希望の見えない状況、空しさのみあふれる状況になっている。

紛争はあくまでも、外交的手段を追求するべきだ。


何度も何度も戦争を繰り返してはいけない。

終わり




posted by 花井英男 at 11:34| 戦争・平和