2020年08月10日

吉永小百合さんのことば、さだまさしさんのメッセージ、カズオ・イシグロさんのメッセージ

吉永小百合さんのことば、さだまさしさんのメッセージ、カズオ・イシグロさん(長崎県出身の日系イギリス人小説家。2017年にノーベル文学賞を受賞した。)のメッセージ



昨日は、TVで、被爆75周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典を見た。

今朝、朝食後、家内から、8月9日の中日の社説を読んだかと言われ、読んでみた。吉永小百合さんの言葉の紹介があった。戦後60年の時の言葉が紹介されている。女優の吉永小百合さん、自らこうおっしゃっている。と。こんな発言をされている。


「憲法九条が私たちを守ってくれていると思うんですね。よその国からうらやましがられている。それを大事にしないというのは分からない。」


「政治家の皆さんの中では、戦争への道を進んでいるように思えます。でも一般の人は、自分の子が戦争で死ぬことになるかもしれないって、そこまで考えているのかな、と考えなきゃいけない時期だと思うんですけどね。」


戦後60年の時に、吉永小百合さんは、「戦争への道が進んでいる」などと危機感を語っておられた。


中日新聞の社説では、「ぐんぐんぐんぐん」というタイトルで、がけっぷちへと誘う危機感を訴えている。


今朝、8月10日の中日新聞には、長崎の式典に寄せられた、長崎出身の、カズオ・イシグロさんからのメッセージとさだまさしさんのメッセージの全文が紹介されていた。


さだまさしさんのメッセージ全文



「被爆者だった叔母の言葉が胸に残って言います。原子爆弾だけが悪ではなく。本当の悪は人の心の中にいて、次々と兵器を考え出すのです。

そして叔母はこうも言いました。もしも私たちの国が先の爆弾を造っていたら、他のどこかの国の誰かが私たちと同じ苦しみを受けたかもしれません。

つまり戦争がすべて悪いのです。武器で平和を買うことなど絶対ににできないのです、と。

世界中から戦争と核兵器がなくなるよう、心から祈ります。」



さだまさしさん、メッセージありがとう。


カズオ・イシグロさんのメッセージ
   日本語訳全文(長崎市の発表に基づく)



「今日は恐ろしい出来事の記念日です。しかし、あの日長崎の人々を襲った苦しみが75年間繰り返されなかったという節目の日でもあります。私の母は被爆当時、市内にいた十代の若者でしたが、その後、長く平穏な人生を送ることができました。

そう考えますと、この記念日は恐怖と悲しみだけでなく、苦難からの克服と希望を想起させる日なのです。私たちの文明社会がいかに脆弱(ぜいじゃく)な状態にあるかを忘れてはなりません。


そして、現在の困難な時代にあっても、これまで安全に過ごすことができたのは国際協力と国際理解のおかげであり、その重要性をわすれてはなりません。


私たちは大きな危険にさらされ続けていること、そして人間の命こそが至上の価値を持つものであることを心に留めましょう。」


カズオ・イシグロさん、メッセージありがとう!


To Sir Kazuo Ishiguro

Thank you very much for your kind message to Nagasaki, Japan and the world .

              From (Mr) Hideo Hanai  Japanese




日本が、戦後75年、平和を維持してきたのは、憲法九条のおかげであり、平和運動、国際理解、国際協力のおかげであった。


原爆が長崎の後、繰り返されなかったことは、日本国民の努力、国際的な平和運動、国際理解、国際協力のお陰であった。


プラスの面も評価を忘れてはいけない。


posted by 花井英男 at 09:44| 戦争・平和

2020年08月01日

信愛塾  竹川真理子さんの歩み

NHK  2020年8月1日

こころの時代〜宗教・人生〜
その言葉が道をひらく

「“希望”の居場所を求めて〜信愛塾の42年」


この番組では、横浜市にある信愛塾は、40年以上、外国にルーツを持つ子どもたちの支援を行い、その居場所となってきた。センター長の竹川真理子さんにこれまでのあゆみとその思いを伺う。


昼飯を食べて、昼寝をして、TVをつけっぱなしにしてうとうと寝てしまった。目を覚ましたら、竹川真理子さんの42年の人生の歩みを伝えていた。

なかなかできない仕事を42年続けてきたことに共感した。立派な人生だなあと感心した。
信愛塾とは、聖書のコリント人への手紙の中のことばからとった。外国籍の子どもたちの未来への希望を託して歩んできたという。

この番組を見ていて、涙が出てきた。俺ももう少し元気を出して頑張らなくてはと気を取り直した。

一人一人のこれまで携わってきた子どもたちが、今は、竹川さんを支えている姿を伝えていた。ここまで子どもたちとの歩みは、順調に来たわけではない。竹川さんを困らせたり、喧嘩をしたり、本当に大変だったという。

支える人の中には、中国人の青年もいる。強制送還された子どもがフィリピンで生活しているか見に行ったりもした。


この信愛塾は、外国にルーツを持つ子どもたちの居場所として、学習や生活の支援、子ども食堂などを行ってきた。食べるものがない子どもが食料をもらいにいていいかと電話をかけてくる子もいる。そういう子どもたちも支えている。

ここには、小学校の退職教師もきて外国人の子どもたち九九などを教えたりする。また東日本大震災のころから、ここで支援をしようと決めてくる青年もいる。


センター長の竹川真理子さんは40年近く、信愛塾を訪れる子と親の人生に文字通り伴走している。自分の存在を肯定できない子、気持ちを伝えられず暴力に走る子もいた。叱ることもあった。

しかし「子どもたちは希望」と語る竹川さん。信愛塾が、誰もが自分でいられる場所となるよう力を尽くしてきた。


やはり、自分は自分のありのままでいいと思えるまでに時間がかかる。誰もが自分でいられる場所となるよう力を尽くしてきた。素晴らし実践である。


 さて私は、カウンセリングで人を支える仕事をしている。
私は、瑞穂区で、ささやかな心理相談室を開いている。ここの相談室の料金は、初回が、12000円。二度目からは、70分までは、8000円。90分、10000年の料金をいただく。

ここに来る方は、経済的に裕福な人ばかりではない。私としては、この料金を頂くのは、心苦しい。来る方は、辛い体験をした人たちで、長い期間来るには、経済的な負担が大きい。


健康保険の範囲以内で、カウンセリングが受けられるクリニックに来ていただくように案内をすることが多い。現在、日本では、カウンセリングが、健康保険証が使えない。そういう仕組みになっていない。

私は辛い体験をしている人を支えたい。一方で、到底払えないような料金設定をしているという相反することをしている。









posted by 花井英男 at 14:43| 戦争・平和

2020年02月01日

武漢 頑張れ!!のニュース 友好都市の武漢にマスク送る

武漢 頑張れ!!のニュース
友好都市の武漢にマスク送る


毎日、朝起きると、新型のコロナウイルスによる肺炎が相次いでいる。問題はどうなっているのかと、そちらに気持ちが動いてしまう。知らない間に、気持ちが危機感、落ちつかない気持ちになってしまう。ニュースがそちらの方向に向いている。

武漢では、険悪な雰囲気になっていることも報道されている。スマホなどでデマが飛び交い、混乱状態になりそうな雰囲気のようだ。混乱状態に巻き込まれてしまう雰囲気のようだ。

これはおかしい。今朝のニュースで、ほっとするNHKのニュースを見た。

そのニュースは次の通りです。

「武漢と友好都市提携を結んでいる大分市は27日、感染の防止に役立ててもらおうと3万枚のマスクを現地に送りました。

大分市と武漢は鉄鋼業が基幹産業というつながりから昭和54年に友好都市提携を結びそれ以降、交流を続けてきました。

しかし、新型のコロナウイルスによる肺炎の患者が増え続けたため、来月8日に大分市で予定されていた友好都市締結40周年を記念したイベントが延期されていました。

こうした中、大分市は感染の防止に役立ててもらおうと防災倉庫に備蓄していた3万枚のマスクを現地に送ることを決めました。

マスクが入った段ボールには中国語で「武漢、頑張れ」と書かれていて27日午後4時過ぎには車が市役所を出発しました。」

私たちでできる支援は何か。




posted by 花井英男 at 10:06| 戦争・平和