2021年08月29日

2020年度の児童虐待の数

2020年度の児童虐待の数が、
8月26日頃、NHKニュースで報道された


 児童虐待、2020年度、過去最多の20万件 前年度より5.8%増

 ニュースの内容は、以下の通りです。

 「18歳未満の子どもへの児童虐待は、30年連続で増え続け、2020年度は過去最多の20万5029件になった。20万件を超えたのは初めて。前年度より5・8%(1万1249件)多くなった。厚生労働省が27日、全国の児童相談所(児相)が相談対応した件数を公表した。

  件数が増えているのは、相談経路の50・5%を占める「警察等」からの連絡が増えていることが大きい。通報で駆けつけた警察官が、夫婦間の暴力が子どもの前で行われる「面前DV」を心理的虐待と判断して児相に連絡するケースが目立つという。

  相談の経路はこのほか、「近隣・知人」の13・5%、「家族・親戚」の8・2%と続いた。「学校」が6・7%と前年度から0・5ポイント減っており、厚労省は「新型コロナウイルスの感染拡大による休校が影響した可能性がある」としており、虐待の見落としが懸念される。」

  以上です。
 
  私の虐待被害者についての経験と感想をお伝えしようと思います。

  ニュースでは、児童相談所(児相)が相談対応した件数が発表されます。しかし、実際には、誰にも助けてもらえなかったケースもあります。幼児期・児童期・青年期に必死に助けを求めて電話したが助けてもらえなかったという方もお見えになります。相談件数には入らないケースもあります。例えば、片親の虐待に耐えて大学まで卒業し、就職したが続けられず、無職の状態になり、PTSDの症状に苦しんでおられる方もおられます。

  心理相談室の料金は、一般に、高額です。私の相談室では、初回は、90分くらいの事情聴取と心理検査で、12000円です。健康保険証が使えません。大変な高額です。わたしの相談室の料金は、これでも、周辺と比べれば低いほうです。

    相談を受けたい方にとって、この料金は、相当な負担です。だから、相談室に来られない事情の方が多いのではないかと思います。料金のために、相談室にかかりたくても、かかれないという事情の方がお見えになると思います。

  医師にかからないで、相談室に行きたいと思っておられる方がいると思います。しかし、そういう方は、就職できていない方もあれば、収入がない方もいるし、収入が少ない方もおられます。こういう方は、虐待の被害者の症状に苦しんでおられると推察します。

「医療難民」という言葉があります。どこの医療機関も受けつけてもらえないという方がおられると推察します。受け付けてもらっても治らないという方もいるかもしれません。このような方がおられるという現状を知っていただきたいと思います。

心理相談室の料金が高いのは、臨床心理士の心理療法の研修費用が相当高いことと、臨床心理士も、生活費を稼がなくてはいけない事情があります。研修費についていえば、EMDR療法にしても、ブレインスポッティング療法にしても、USPT療法にしても、研修費用が相当高い費用を払っています。

相談室がどんな方でも相談に乗るかと言えば、そうではありません。精神科でも、相談室でも相手にしてくれないこともあると思われます。虐待を受けた子どもたちが児童養護施設に保護されると思います。そういう施設で手厚い保護を受けておられると思います。

 児童養護施設を出た後も、医療・カウンセリングが必要になる方が多いと思います。こういう方々への支援制度はないと言っていいいと思います。社会人として生活が成り立たない方もおられます。児童養護施設に入らなかった方でも、大学卒業後、就職してから、症状に苦しみ、職業生活が続けられない方々がおります。児童養護施設に入らなかった人も、フラッシュバックの症状に苦しんでおられ、仕事が続けられない人もおります。

当相談室では、被害者に対するカウンセリングの手法は、EMDR療法、ブレインスポッティング療法、USPT療法(自我状態療法)、ボディコネクト療法などを使っています。

これらの手法が有効な場合もあります。また、効果が出るまでに時間がかかる方もあります。回復までに、何年もかかる場合もあります。経済的な負担を減らす工夫をして頂くために、クリニックにかかって、健康保険を使い、福祉制度を活用していただくことが大切です。被害者のカウンセリングとか医療費の経済的負担が大変大きいのご実情です。

現在、一番大切なことは、被害者が、カウンセリング機関とか、医療機関につながるということです。これさえできない方がいると思います。医療機関にかかり、ドクターに実情(虐待の被害者であること)を告げ、ご自分の症状をを告げ、社会福祉制度の手続きを尋ね、現在、受けられる福祉制度の手続きを作成してもらうようにしたらどうでしょうか?

 成人された、幼児期・児童期逆境経験者、幼児期・児童期・青年期逆境経験者の方で、トラウマ症状、フラッシュバックの症状、人格障害、解離性障害の症状などに困っておられる方は、まずは、現在ある福祉制度の活用に取り組んだらいかがでしょうか?

 こういう方々への治療支援制度がもっとしっかりとしたものにしていくことは大切であると思います。医療難民の状態の方もおられると思います。ちゃんとした、福祉制度にのっている方もおられると思います。

 被害者へのカウンセリング方法、治療方法の確立もしっかりしたものするように、EMDR学会とか、ブレインスポッティング学会でも、USPT研究会でも探求する方向を関係者が、探すべきだと思います。

 もう一つの大事な問題は、カウンセリングが受けたくても、経済的な事情のために、カウンセリング機関へ通えない方々がお見えになるということです。このような方たちへの支援が緊急に必要です。























posted by 花井英男 at 13:03| 子育て

2020年06月19日

見えない虐待、DV

あさイチ プレミアムトーク  杉山春さん

2020年6月19日 NHK


ルポライターの杉山春さんを紹介した。
児童虐待やひきこもりなど、家族の問題を中心に、20年以上に渡って取材を重ねてきた人だという紹介。

虐待やDVなどが増えているのでは、言われている。その多くが家庭の中に隠れ、外から見えなくなっている可能性があると指摘されている。

これは、家庭だけではなく、障碍者を受け入れる施設においても、見えない虐待が行われていると思われる。表面に出ないだけである。弱い立場の障がい者はどこへ訴えていいか知らない。

こういうことは、小学校、中学校、高校、大学などにおいても起きているのだ。こんなことを書くと、あるいは、こういうことを話題にすると、学校の管理職をしていた友人は、「むきになってそんなことは絶対にない」と言ったものだ。

学校の中には、ひどい教員もいるときがある。こどもにひどい発言をする。同僚にも同じような発言をする。険悪な雰囲気がある。管理職は知っているのかどうか知らないが、介入しない。


『ネグレクト 育児放棄―真奈ちゃんはなぜ死んだか』、『児童虐待から考える』など、杉山さんが本を書く中で見えてきた、虐待する親たちの共通点、それは意外にも、「過剰なまでに社会規範に従おうとする生真面目さ」と指摘する。


障がい者施設においても、施設の管理者、職員、ボランティアなどが、自分たちの作った「社会規範」を押し付けてメンバーを管理していることがある。


杉山さんは、自分と自分の親との関係にもゆがみがあったことに気づかされたと述べる。率直な発言である。100点満点の親ななんていない。誰でもそういう親に育てられている。


施設の職員でもそうだ。生い立ちも生まれもそれぞれだ。発言もその人特有の発言になるだろう。間違った発言を聞きながら、障碍者は生活していることもある。障碍者は変だなあと思いながらそういう発言の中で生活しているのだ。こんな身近な虐待を考えてみたい。不信感を持ちながら生活しているのだ。






紹介した杉山春さんの著書
『児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか』 朝日新書 2017年
『家族幻想 ー「ひきこもり」から問う』 ちくま新書 2016年
『ルポ 虐待 ー大阪二児置き去り死事件』 ちくま新書 2013年
『ネグレクト 育児放棄ー真奈ちゃんはなぜ死んだか』 小学館 2004年





posted by 花井英男 at 11:20| 子育て

2017年07月27日

ラジオ体操に集まる子供たち

ラジオ体操に集まった子供たち



毎週水曜日朝6時半に、家の近くのどんぐり広場に
保健環境委員として、資源ごみの整理に、出かける。

7月26日(水曜日)は、楽しみだ。どうしてかというと、町内の子ども達が、夏休みになると、ラジオ体操に
6時半に子どもたちが集まってくるからだ。

どんぐり広場に、子どもたちの様子を見ているのが楽しい。


今朝は驚いた。人数が、例年以上に多いのだ。ここ10年以上、保健委員(現在は保健環境委委員と名称変更)をしていて、子どもたちの数を見て居て、多いなあと感じた。


子ども達の数を見てうれしいと思った。
大まかに数えてみると60人以上いるようだ。どんぐり広場一杯にいる。


例年、子ども達の数を見て、さびしいなあと思っていた。どうしてこんなに増えたか分からない。「マンション効果だ」と言っている方がいた。
とにかくうれしい。

元気に育ってほしい。


posted by 花井英男 at 07:19| 子育て