2020年06月19日

見えない虐待、DV

あさイチ プレミアムトーク  杉山春さん

2020年6月19日 NHK


ルポライターの杉山春さんを紹介した。
児童虐待やひきこもりなど、家族の問題を中心に、20年以上に渡って取材を重ねてきた人だという紹介。

虐待やDVなどが増えているのでは、言われている。その多くが家庭の中に隠れ、外から見えなくなっている可能性があると指摘されている。

これは、家庭だけではなく、障碍者を受け入れる施設においても、見えない虐待が行われていると思われる。表面に出ないだけである。弱い立場の障がい者はどこへ訴えていいか知らない。

こういうことは、小学校、中学校、高校、大学などにおいても起きているのだ。こんなことを書くと、あるいは、こういうことを話題にすると、学校の管理職をしていた友人は、「むきになってそんなことは絶対にない」と言ったものだ。

学校の中には、ひどい教員もいるときがある。こどもにひどい発言をする。同僚にも同じような発言をする。険悪な雰囲気がある。管理職は知っているのかどうか知らないが、介入しない。


『ネグレクト 育児放棄―真奈ちゃんはなぜ死んだか』、『児童虐待から考える』など、杉山さんが本を書く中で見えてきた、虐待する親たちの共通点、それは意外にも、「過剰なまでに社会規範に従おうとする生真面目さ」と指摘する。


障がい者施設においても、施設の管理者、職員、ボランティアなどが、自分たちの作った「社会規範」を押し付けてメンバーを管理していることがある。


杉山さんは、自分と自分の親との関係にもゆがみがあったことに気づかされたと述べる。率直な発言である。100点満点の親ななんていない。誰でもそういう親に育てられている。


施設の職員でもそうだ。生い立ちも生まれもそれぞれだ。発言もその人特有の発言になるだろう。間違った発言を聞きながら、障碍者は生活していることもある。障碍者は変だなあと思いながらそういう発言の中で生活しているのだ。こんな身近な虐待を考えてみたい。不信感を持ちながら生活しているのだ。






紹介した杉山春さんの著書
『児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか』 朝日新書 2017年
『家族幻想 ー「ひきこもり」から問う』 ちくま新書 2016年
『ルポ 虐待 ー大阪二児置き去り死事件』 ちくま新書 2013年
『ネグレクト 育児放棄ー真奈ちゃんはなぜ死んだか』 小学館 2004年





posted by 花井英男 at 11:20| 子育て

2017年07月27日

ラジオ体操に集まる子供たち

ラジオ体操に集まった子供たち



毎週水曜日朝6時半に、家の近くのどんぐり広場に
保健環境委員として、資源ごみの整理に、出かける。

7月26日(水曜日)は、楽しみだ。どうしてかというと、町内の子ども達が、夏休みになると、ラジオ体操に
6時半に子どもたちが集まってくるからだ。

どんぐり広場に、子どもたちの様子を見ているのが楽しい。


今朝は驚いた。人数が、例年以上に多いのだ。ここ10年以上、保健委員(現在は保健環境委委員と名称変更)をしていて、子どもたちの数を見て居て、多いなあと感じた。


子ども達の数を見てうれしいと思った。
大まかに数えてみると60人以上いるようだ。どんぐり広場一杯にいる。


例年、子ども達の数を見て、さびしいなあと思っていた。どうしてこんなに増えたか分からない。「マンション効果だ」と言っている方がいた。
とにかくうれしい。

元気に育ってほしい。


posted by 花井英男 at 07:19| 子育て

2017年05月21日

孫の運動会に行く

小学校の運動会に行く
2017年5月20日(土)


晴天。運動会日和。昭和区の孫の小学校運動会に行った。

小学校に行く途中で、名市大の薬学部の近くを通った。大きなマンションが出来ていた。しばらくぶりに通る道の建物が新しいものが出来ていた。

予めもらった、プログラムを持参し、入場許可証のワッペンを胸に貼り、PTA役員さんたちに入り口で挨拶をして校庭の中に入った。


服装に無頓着なので、背広を着ていたので、暑かった。
気づいたときは遅かった。
若いパパ・ママ、おじいちゃん、おばあちゃんが狭い運動場の中に沢山参加した。OB、OGと思われる卒業生たちも来ていたようだ。

孫はどこにいるのかと探すが分からない。
とりあえず、桜の木の下に持参した椅子に座った。

パパの方のおじいちゃん、おばあちゃんに会い、挨拶して、
孫に「来たよ」と合図して、手を振ったら、向こうも手を振ってくれた。

来た人は、皆、木陰の下に集まった。シートを敷いて座った。
昼食後、太陽が動いて、日陰の場所が校舎の北側に日陰の場所が動いた。
この炎天の中で、熱中症がでるのでないか、と家内が心配した。

子どもたちは、炎天の中で1日いた。

テントは2張り、本部席にあった。

子供向けにも保護者用にも、テントを沢山、張ればよいのにと、私は思った。
沢山テントが必要になるが、児童にとっても、見学者にとっても快適な空間・アメニティが欲しい。

娘婿がプログラムを、A3版に拡大してくれた。見やすい。
配慮をしてくれて有難かった。

プログラムは、子どもたちのデザイン、挿絵がのせられている。
演技は、得点種目に、丸印がついている。
午前中に、14の演技。午後に、9演技の構成。

プログラムの中に、リクレーション的内容の演技が工夫されている。

例えば、3・4年生の「よさこい鳴子踊り・鳴子華」、

1・2年生の「みんなで☆恋ダンス」、

参加者の「幼児競争」、

「大玉ころがし」(2年)、

「一緒に大玉送り」(1・2・3年)、

「頂上決戦!「八事 春の陣」(6年)、

応援合戦(全員)など。


中でも素晴らしいと思ったのは、「よさこい鳴子踊り・鳴子華」であった。先生も壇上で踊り、児童らが観客の目の前に来て、踊った。

もう一つ、6年生の騎馬戦、「頂上決戦!八事 春の陣」は、観客も児童も総立ちになって観戦した。

校庭の日陰でシートを広げて昼食をとる人もいた。

「教室に冷房が入れてあるので、教室で昼食をとってください」という放送があった。

昼は、孫の教室で昼食をとった。冷房が入っていた。
小学校の教室に冷房が入れてあるのはいいことだ。今はこういう時代なのかと思った。

トイレは、清潔で、男子用トイレには、洋式トイレが2つあった。
今は、洋式トイレが用意してある時代なのだ。いいことだ。

家内と「トイレはどこだろう」と話をしているのを聞いていた孫が、自分から自発的に私が廊下に出たら、案内をしてくれた。
自分から僕を案内してくれた。うれしかった。

昼食後は、家内が「もう帰りたい」と言ったが、「応援合戦だけ見て帰ろう」と言った。

応援合戦がすばらしかった。
赤組、白組に分かれて、小学生の甲高い声が青空に響き渡った。

両方の青空を突き刺すような、甲高い、吠えるような声。

「薫風や応援合戦哮ける声」
(くんぷうやおうえんがっせんたけるこえ)

小学校の先生たちのご指導に感謝!



終わり

posted by 花井英男 at 08:37| 子育て