2018年01月01日

紅白歌合戦 福山雅治の「トモエ学園」

紅白歌合戦を見て

福山雅治が、紅白歌合戦で、「トモエ学園」を熱唱した。




紅白に黒柳徹子が登場し、「この学校がなければ、今の私はなかった」と語った。


トモエ学園とは、どんなにすばらしい学校だったろうかと思った。
退学になった、黒柳徹子を、引き受けてくれた学校、トモエ学園。


「一人一人にあった、教育」、「子どもが楽しいと思える学校」、「子どもが喜ぶ学校」は、そう簡単にできることではない。


教育は、「特殊な技術」であるとか、或いは、「教師聖職論」という言葉もある。
人間を育てるということは、簡単なことではない。


私は、小学校1年生の時、担任の女教師に毎日、泣かされにいくような体験をした。
出来の悪い私は、きつく叱られ教室で泣いてばかりいた。

面白くない学校に行きたくないので、朝、登校するふりをして、街の中を歩き回って過ごした。それが親に通報されて、オヤジに蹴り飛ばされた。


幸いにも、次の年、その女教師はやめていなくなった。
2年生の担任になった男の先生は、安心して教室におることが出来た。
ユーモアがあり、笑いがあり、私にとって学校は楽しい所になった。
勉強が楽しくなった。


3年生も、4年生も、それ以降担任に恵まれた。

教師の力量は、素質、性格、育ちもあり、教育水準、知的レベルなどの背景があり、子どもの教育にふさわしい性格・資質は、そう簡単にできるものではない。中には、教師にふさわしくない人もいる。力量は、本人が努力して、積み上げて出来るものだと思う。

教師同士のチームワークが取れるか。
他の教師の気持が組みとれるか。自分の考えを押し付けることはないか。30人、40人いる児童・生徒の気持をそのまま受け止めることが出来るか。受容的な気持ちで、児童・生徒に接することができるか。

教頭、校長は、自分の考えを押しつけることはないか。職員に受容的に接することが出来るか。
否定的な気持ちを職員に持っていないか。

管理職を含めた、教師集団が、問題を抱える児童・生徒に全力で接する力量があるかなど教職員集団の力量が問われる。

愛知県の県立高校には、憲法を否定し、明るい職場を否定し、民主主義を否定する、団体が存在する。校長室で、校長、教頭などが、新任教員にその団体への加入を勧める。

このような団体に入ればいい教育はできないだろう。

管理職たちは、組合には加入しないように働きかける。組合つぶしを管理職たちは行う。

民間の教育研究団体が沢山存在する。すばらしい実践活動の紹介がなされている。研究者、学者が一緒に参加している。教科別の研究団体もある。

福山雅治の「トモエ学園」の歌詞が素晴らしい。

福山雅治は、黒柳徹子に頼まれて作詩した。



福山雅治  作詩
福山雅治  作曲

トモエ学園   歌詞


うれしいのに
さみしくなる
たのしいのに
かなしくなる

恋に似てまぶしかった
恋のようにせつなかった


大好きな気持ち
思い出すと
泣きそうです 今も


先生  友だち
わたしの心
育ててくれたの
学び舎の日々
ありがとう



わたしたち
違うんだね
顔のかたち
心のかたち



「違う」って
面白いな
だからその手
繋ぎたくなる




「はじめて」っていつも
こわいけど
とってもワクワクする



ねえパパ  ねえママ 
ちょっと待ってて
この場所でなら
もっといい子に
なれるから




電車の教室でお弁当食べて
裸ん坊でプールに飛び込んだ夏は
わたしの心も裸になったんだね
「この夏ずっとずっと
つづけばいいのにな・・・」




大好きな笑顔
思い出すと
泣きそうです 今も



先生 友達
わたしの明日
作ってくれたの
学び舎の日々
ありがとう



教えてくれましたね
「違う」って
「自由」ってこと



教えてくれたんですね
「大好き」って
「幸せ」ってこと
ほら自由で
幸せです
わたしは





posted by 花井英男 at 16:13| 教育

2017年09月01日

逃げ場がなければ 動物園へいらっしゃい  上野動物園

「逃げ場がなければ 動物園へいらっしゃい」
「上野」発信 共感呼ぶ


中日新聞2017年9月1日

上野動物園が短文投稿サイトで呼び掛けた。


「学校に行きたくないと思っていると思い悩んでいるみなさんへ」


「敵から逃げる時は、一目散に水の中へ飛び込む」アメリカバク」の写真を添え


「誰かの許可はいりません。脇目も振らず逃げてください。もしも逃げ場がなければ動物園へいらっしゃい。

人間社会なんぞに縛られないたくさんの生物があなたを待っていますから」


とよびかけた。

園によると、発信したのは、教育普及課のツイッター担当者。


元園長の小宮輝之さん(69歳)も
「すごくいい。無料開放してもいいくらい。命ふれられる場所」と勧める。





posted by 花井英男 at 22:03| 教育

「学校いかない」 逃げじゃない 

新学期 尾木直樹さん  呼び掛け
2学期が始まる9月1日、子どもの自殺の1年で一番多い日

中日新聞2017年9月1日

尾木直樹さん[70歳]の、親、子ども、先生へのメッセ−ジ
全文を載せます。


「一学期にいじめられたり、トラブルがあったりした子どもたちへ。
今日、朝から頭痛がしたり、玄関で動けなくなったりしたら、学校へ行かなくていい。

『緊急避難』してください。ここで学校に行かないのは、逃げではありません。
災害と同じように、命を守るために避難する正しい行為です。

学校に行かないことに後ろめたさを感じる必要はありません。
やましさを感じたとしても、命さえあれば後からなんとでも挽回できる。

自分で命を落とすことだけは、してはいけません。
学校に行かない時間は、例えばボランティア活動に参加したりして、新しい人間関係をつくることも大切です。

自分の中で新しい目標を立ててください。図書館に行って興味を広げるのもいいでしょう。

保護者は今日、学校から帰ってきた子どもの様子に特に気を配ってほしい。
夏休みの間、のびやかに過ごしていた子が、学校で変わらず
嫌な思いをすると、落差が大きくて、すごくしんどくなります。

帰ってきたら『どうだった?』『何かあったら言ってね』と、声をかけてほしい。
そして元気なうちに『学校を休んでもいいんだよ』と言ってあげて。

追いつめられ、判断力が落ちてからでは遅いのです。
自殺した後、周囲が『普段と変わらなかった』と言うことがありますが、そんなことはあり得ません。

友人や祖父母など、誰かに『死にたい』とつぶやいたりしていたはずです。冗談めかしているかおもしれません。聞いた人は親や先生に必ず相談してほしい。

先生たちは、一学期にあったいじめやトラブルが解決したと思っていても、被害、加害双方の子どもの顔色をしっかり見て下さい。

被害者側には『先生は見方だ』と伝える。加害者側には『一学期のようなことをなくすためにどう考えていますか』と聞くと同時に『先生も全力で応援する』と伝えてください。」



尊い子どもの命を守るために、尾木直樹さんの言葉は、心に響きます。


posted by 花井英男 at 21:45| 教育