2020年05月09日

話せない失語症の人たちの苦悩

【報道特集】
CBCテレビ   2020/05/09  6:30p.m.~

失語症の現実〜
話せず・聞いて理解できず  新聞の番組案内の言葉

<特集> 「話せない失語症の人たちの苦悩」


夕食後、CBCテレビを見ていたら、失語症の人の大変な日常生活、職場復帰への必死の努力、休職期間を最大限まで伸ばしてもらっても、復職できなかった事情を紹介していた。

失語症の種類は、なんと13種類あることを知った。
大きく分けて、2種類であると思う、いろいろなバリエーションがある。

運動性失語と感覚性失語


運動性失語

発話量が少なく非流暢、一般には努力でたどたどしい話し方、言葉の聴覚的理解面は比較的良好に保たれている。読み書きは、かな文字より漢字の方が良好であることが多い。

脳梗塞による運動性失語の典型的経過は全失語のような重度の言語症状の場合もあるが徐々に改善したどたどしい発語が認められるといった経過である。

感覚性失語

発話は流暢である、一般になめらかな発話の割りに内容には乏しく、言葉の聴覚的理解面が著しく障害されるのが特徴。

発話では言い間違い(錯語)が多く出現し、意味不明な新造語(ジャーゴン)もみられる。急性期ではしばしば多弁であり、障害の自覚に乏しいことが多い。

よく認められる症状は聴覚理解障害、復唱障害、錯語、ジャーゴン、語想起障害などである。

社会復帰への道

この番組では、東京地方での失語症の人への言語聴覚士による訓練風景の紹介、絶望から立ち直り、同じ障害を持つ人たちへの支援者養成の道を歩こうとしている人を紹介していた。

なんとか元の職場へ復帰したが、一人前に仕事ができなくて、先輩職員が支援の仕方を何回もやり直して、出来る新しい仕事を見つけて取り組む姿を紹介していた。


東京での若い失語症者の集いを紹介していた。

脳血管奇形の男性、交通事故・脳挫傷失語症の人は全国で30〜50万人いると推定。
その9割が脳の血管障害によるもので、高齢者の占める割合が多いが、働き盛りの現役世代も少なくないということであった。

そんな人たちが地域でグループを作り、定期的に交流会を開いている。


失語症を説明するとき、当事者や支援者がよく用いる表現は「全く言葉の分からない外国に突然放り出された状態」。


特に若い世代のショックは大きく、孤独感、疎外感から引きこもってしまう人も多い。
東京・世田谷区で夫と暮らす失語症の女性は、失語のほかにも脳に障害があり、複雑な作業をするのが難しいため料理は夫がほとんどこなしている。


病気になるまで看護師をしていた。
7年前、脳出血によって話し好きの女性は失語症になった。
家に閉じこもるようになったという女性がそのころの気持ちをつづった詩を紹介。
女性に支援の手が差し伸べられた。




posted by 花井英男 at 20:47| 日記

2020年04月16日

「名古屋 歴史散策の旅」 尾鍋明彦さんの本

「名古屋 歴史散策の旅  尾鍋 昭彦」


尾鍋さんから、1冊の本をいただいた。「名古屋 歴史散策の旅」
(A4版)を家内が頂いてきた。110頁の本。
これまで、尾鍋さんが、「めいなん」機関紙に連載をしている記事を時々読んでいた。それが60回に達して終わりとなった。2009年1月から2018年3月まで60回にわたる、「歴史探訪シリーズ」と「歴史から見た町名」という2つの連載をまとめたものだという。

1頁ごとに読んでいくと、名古屋の歴史を知り、人々の歩みを知ることになり、おもしろい。早速、尾鍋さんにお礼の電話を掛けた。「すごいことやったね。素晴らしい本だ」と申し上げた。尾鍋さんも、私も、県立高校の教員として、お互いに愛高教の組合員としてともに歩んできた。

彼は、1級建築士の資格を持つ。建築士の養成の仕事もしていると聞く。建築士の教え子から評判も良く、尊敬されている。緑区有松の有松絞の町並み保存に詳しく、愛高教退職者の会の月例会で有松・鳴海の町のぶらり旅の見学会の案内役をしてくれた。明治村のガイドもしていたと聞いている。

私の出身の瑞穂小学校について、記述がある。「歴史探訪シリーズO 瑞穂区 瑞穂小学校発祥の地 龍泉寺」が面白い。地下鉄「妙音通」の駅の近くに、龍泉寺というお寺が発祥地だ。明治5年学制発布。翌6年瑞穂区では、第二十四番小学井出学校と第十七番小学正倫学校の二つの小学校が開設されることになり、このうち井出学校は本井戸田村の龍泉寺に(現井戸田町)に設置された。その後大喜寺(現大喜町)、天聖寺(現津賀田町)に移り、・・・と記述。


いつも新瑞へ買い物に出かけるとき、龍泉寺の横を通る。また、天聖寺のそばを通る。お盆の時は、大喜寺のお世話になる。町内会の会合は、大喜寺の客殿で行われる。明治30年(1897年)に現在の瑞穂小学校に校舎が新築、移転したという。昔は、寺子屋といったが、このお寺が寺小屋だったんだと想像する。。


私の住んでいる、大喜町についての記述がある。「歴史から見た町名(十四)大喜町(だいきちょう」(瑞穂区) 大喜町の町名は、江戸時代から受け継がれているという。中世から名を残す古い地名であることを紹介している。

私は住んでいる近くに、津賀田神社がある。この神社は、尾張名所図会に出ていたという紹介。  「歴史から見た町名(二十)津賀田町(つかたちょう)(瑞穂区)」 津賀田神社の森は、私は大好きだ。昔はこの森の中からフクロウの声が聞こえてきた。もう聞こえてこない。

この地域は、水の出が悪く、したがって、水田には適さず、麦作が盛んにおこなわれたという。明治から大正にかけて、抜管真田(ばっかんさなだ=むぎわらをさなだひものように編んだもの)の技術を生かした帽子産業が多くあり、農家の副業としても大きな役割を果たしてきたが、今では見ることもできませんと紹介している。

私の近くに、本願寺町という地名がある。 「歴史から見た町名(五十八)本願寺町(ほんがんじちょう」(瑞穂区))  「江戸時代には丸林(まるばやし)村と呼ばれていたが、隣の高田村は浄土宗高田派如来寺があったことから高田村と名乗っていたのに対して、この地は浄土真宗本願寺派の地であったことから、本願寺村と改められました。」と記述している。

などなど読んでいると、面白い!









posted by 花井英男 at 10:39| 日記

2020年03月19日

コロナに負けるな

                コロナに負けるな !

 コロナウィルスのために、学会が中止とか延期になり、お彼岸のお寺参りも中止になり、桜見も出来なくなりそうだ。せっかく、春なのに、なんだか気分がよくない。家族が皆機嫌よく、元気に生活しているのが何よりだ。楽しみにしている中日文化センターの「英詩を読む会」も3月いっぱい、ない。
4月から再開を望んでいる。4月からは、「カズオ・イシグロを読む 代表作『日の名残り』を中心に」が始まる。

高校野球も中止になり、プロ野球も無観客の試合をしている、大相撲も無観客で放送している。経済状況も悪化している大変な状況である。

 WHOの事務局長が、「自分はコロナウィルスにかからないと、思わないで、自分はうつるかもしれないと、思って生活してほしい」と言っていたのが、印象的だ。そうだと思う。

 こんな時はお互い助け合って、生きていきましょう!

 年金者組合瑞穂支部の新聞「みずほ No200」に、支部長の土井敏彦さん(ドクター)が書いている文章が、いい文章なので、ここに紹介したいと思います。

コロナに負けるな!



新型コロナ肺炎は新しいウィルス感染症で、病気の実態がよくわかっていません。
伝染病ですので、ウィルスをとりこまないにようにすることが一番の予防です。

 鼻(呼吸器)から入るのか、口(消化器)から入るのかですが、両方のようです。マスクやうがい、手洗いはこまめにした方がいいですね。

 風邪気味な人には近寄らない、人込み、閉鎖空間は避けることも大事です。体を清潔に保ちましょう。


 第二はやっぱり体力づくり。睡眠、栄養、休養は大事です。

 私の個人的な感想ですが、伝染力はインフルエンザほどでなく、死亡率も非常に高いわけではない。

 子供の患者が少ないのが救いです。暖かくなれば終息に向かうのではないかと期待しています。
 お互い頑張りましょう。

      2020年3月6日     支部長 土井敏彦






posted by 花井英男 at 21:35| 日記