2021年06月18日

ノーベル賞作家カズオ・イシグロを読む     代表作「日の名残り」を中心に


「ノーベル賞作家カズオ・イシグロを読む」
代表作「日の名残り」を中心に

講師:南山大学名誉教授  橋本恵 先生

テキスト:The Remains of the Days   
     Faber & Faber,1989

  「日の名残り」土屋政雄 訳 ハヤカワepi 文庫

木曜日  10:30〜12:00

名古屋  栄  中日文化センター  
  


いよいよ「カズオ・イシグロを読む」が開講になった。1カ月に一回の講義。待ちに待った。「原書を中心に読むが、受講生のレベルに合わせて対応します。」ゆっくりとした話し方で、受講生のほうを見ながら、いろいろと、配慮されながら話される。

初日から、ハンドアウトを10枚も頂いた。参加者は、30名くらいだろうか。大体、50代、60代、70代、80代だろうか。みんな背筋をシャキッと座って聞いている。受講生の名前を一人一人読み上げ、顔を見ていただいた。

「英詩を読む」講座で一緒だった方が一人いた。他はみな、知らない人ばかりだ。大学の時の英文購読では、英語科の学生には、とにかく、沢山英文に接して、ギリシャローマ神話を読めとか、言われたものだ。必用以上に、英文購読の授業受けた。大学時代には、購読が中心であった。

しかし、この講座では、研究者橋本恵先生から、作品の見方、内容解釈、イギリス性と日本性、イギリス史年表、イギリス王室史年表、カズオイシグロについての英文・WikiPedia、The Elements of Fictionなど資料をいただいた。さらに映画も見て、作品鑑賞をすることになっている。

 かつて、日本語訳を読んだときの感想が少しづつよみがえってきた。映画は見ていないので、楽しみだ。
翻訳の巻末にある。丸谷才一の「旅の終わり」の文章は素晴らしい内容だと、紹介した。この小説は、政界の名士、ダーリントン卿に仕えた執事スティーブンの人生を描いている。ダーリントン卿の失敗を救うことができなかったし、自分自身の私生活も失敗だった。

 ダーリントン卿とは戦後、対独協力者として葬り去られる程度の人物にすぎなかった。新しい雇い主であるアメリカ人がイギリス旅行を勧めてくれるところから始まる。その中に、かつての主人のことも、女中頭とのあれこれのことも。その女との長い歳月の後に出会って悲しい打ち明け話を聞き、それを思い出し、自分の生き方を悔いて、旅に終わりに彼は泣く。

 イシグロの小説を書く手法は、ヨーロッパ、イギリスにある伝統的な、滑稽小説の手法であり、ディッケンズの流れを受け継ぐと、丸谷才一は指摘する。当時のロンドンの政界、私生活、公私双方を上手に織り込ませて描く。大英帝国の没落の姿をユーモアのこもった書き方で悲劇を物語っていく。イシグロは、イギリス小説の伝統を学び、上手に描いた、と丸谷才一は指摘する。多分、これが、研究者・橋本恵先生の言う、「イギリス性」だろう。

 研究者・橋本恵先生の言う、「日本性」とは、日本を描いた作品、「浮世の画家」に出てくるのだろうと思われる。いろんな作品を紹介しながら、イシグロの作品の概観を話された。講義の最後には、皆さんが、拍手した。これからが楽しみだ。

 橋本恵先生は、イシグロは、自宅では、両親と日本語でしゃべっていた、さらに海洋学者である父は、自宅では、着物を着ていた、と紹介した。これから、いろんなエピソードが話されるだろう。楽しみだ。イシグロの奥さんは、アイルランド系のイギリス人だと紹介した。



















posted by 花井英男 at 13:47| 文学・芸術