2020年09月13日

小さな旅ー大分県日田市ー

小さな旅  NHK
2020年9月13日

「滔々(とうとう)たる水郷(すいきょう)〜大分県 日田市〜」


番組紹介の記事。

「大分県日田市は、山々から幾筋もの川が注ぐ水の恵み豊かな町。古くから伏流水を生かし、みそ作りや鵜飼い、陶器が受け継がれてきました。伝統を大切に生きる人々の物語。」

この番組では、大分県日田市の、味噌の老舗の紹介、数百年続く伝統の鵜飼、これも古い伝統のある小鹿田焼(おんたやき)の窯元を紹介した。

 番組では、百年以上続く古い老舗の味噌づくりの店を紹介していた。味噌を作る過程を詳しく映像を紹介した。こんな味噌を飲んでみたいと思った。

 驚いたのは、鵜飼があることだった。数百年続く、伝統のある、鵜飼だと紹介していた。豊臣秀吉の部下が取り入れたものだと紹介していた。

 この鵜飼を受け継いでいる、鵜匠は現在59歳になるが、父が、がんで58歳で亡くなった。この鵜匠は、20歳のころ、親に反抗して荒れていた。
 親類の叔父から、「鵜飼を継ぐ気がなければ、他の人に受け継いでもらうがどうだ」、と聞かれた。「他の人に」という言葉にカチンときて、「オレが受け継ぐ」と言った。

ところが、やり始めて見ると、鵜がいうことを来てくれない。難しかった。親父が入院していた病院から出てきて、8か月間、手取り足取り教えてくれた。そして8か月後に亡くなった。鵜は一度叱るとなかなか信用してくれないという性質を持つ。

現在、日田市に来るお客さんたちは、船から鵜飼を楽しんでいる。この鵜匠が、お客の乗った船に鵜と一緒に近づいて、観光客に鵜の首をなぜてもらっていた。

 もう一つ、小鹿田焼(おんたやき)の窯元を紹介していた。陶土を作る古い水車の映像を映していた。古い、古い水車だった。陶土を水車で作るのだという。焼き物を作るまでの相当な過程があることを知った。若い40代の男性と父親が小鹿田焼を作る過程の映像を紹介した。私は、この焼き物の里を訪ねた時、買った、皿を今も使ている。

 父親のそばで、10代のかわいい息子が何かして遊んでいた。「僕も父の仕事を継ぐ」という発言をしていた。お父さんの穏やかな顔、子どもの尊敬の気持ちが感じられた。おじいちゃんと、子どもと父親が縁台に座ってスイカを食べていた。

 40代のころ、私は焼き物の関心を持った。同じ興味を持つ、職場の同僚の博多の実家に泊まり、福岡県から、車で大分県の小鹿田焼の窯元まで行った。奥深い山里だった。ここの、窯元を2,3軒回って、食器や皿を買って、送ってもらった。夢中で山の中の道を走った。帰りは友人と別れて、耶馬渓 を通って、レンタカーの一人旅だった。その時のコ−スは覚えていないが、多分、大分まで出て、JRで帰った。新幹線で帰ったことは覚えている。






posted by 花井英男 at 11:53| 旅行