2020年09月08日

三宅晶子さんの受刑者への就職支援

NHK 逆転人生  2020年9月7日 

午後10:00-午後10:45 

「少年院・刑務所から再出発 “一発アウト”の社会に挑む」


三宅晶子さんは、受刑者の就職支援という大変な仕事をしている.


三宅晶子さんの活躍の番組を見た。
宇梶 剛士さんとゆきぽよさんなど芸能人が出演していた。

三宅さんも非行から立ち直った
中学時代は荒れており、高校に進学したが、1年で退学した。中退後、地元のお好みやで働いた。大学進学を志し、早稲田大学に進学した。卒業後は、留学経験もし、商社に入り、10年勤務した。

 退職後は、人材を育成したいと、受刑者支援の団体でボランティアを行い、その時の経験から、受刑者向けの求人雑誌、「Chance」を発行した。

 ここまでに至る過程は、順調ではなかった。支援をした受刑者が、また刑務所に入ってしまった。その受刑者に刑務所に会いに行って、怒鳴り上げてしまった。やってはいけないことをしてしまった。日本では受刑者のうち3人にひとりが、5年以内にまた刑務所へ逆戻りしてしまう。

 社会へ出ても、住む場所もなければ、働く場所もない、助けてくれる人もない、親類縁者からも見放されてしまう。いっそ犯罪を犯して、刑務所にいたほうが楽だという考えになる。

 受刑者に対する一般の人の目は、厳しく、関わらない、排除する、責める、非難するなどの否定的な態度だ。三宅晶子さんもその間違いをしてしまった。自ら反省したという。

 三宅晶子さんの受刑者の就職支援の仕事は、順調に進んだのではなかったことも紹介された。行きつ戻りつのことあったようだ。

初めのころは、受刑者を雇うという会社はそう簡単に見つからなかった。根気強く、会社開拓をしたようだ。大変な仕事だ。現在では、相当な数の会社が掲載されるようになった。


 受刑者たちを受け入れる社会になっていないということを知った三宅さんは、2018年3月、それまで日本になかった受刑者専用求人情報誌『Chance!!』を創刊した。「絶対にやり直す」という覚悟のある人とそれを応援する企業のための求人誌。

はじめのころ、受刑者への就職紹介雑誌を刑務所に置いてもらうことを依頼したが断られた。 
その後、活動する中で、法務省に掛け合って、刑務所にに雑誌を置いてもらえるようになった。
受刑者は漢字が読めない人が多いことを知った。

「全てのぺージ、全ての漢字にルビが振られていること。これなら平仮名さえ読めれば内容が分かります。受刑者の受け入れを希望する企業が掲載されています。受刑者たちが、一番知りたがっているのは、その会社にはどんな人たちが働いているのか、そして自分はそこで受け入れてもらえるのだろうかということ。


ですから『Chance!!』には社長の顔写真と社長自身の熱いメッセージが掲載されています。受刑者支援に熱心な社長さんは、かつて自分も非行経験がある人が多いそうです。」


「掲載されている会社は「全社身元引受けOK」「全社寮完備」となっています。これはもちろん三宅さんがそういう企業にお願いしているためです。出所後の仕事と住むところが約束されているということは、やり直したいと考えている受刑者にとって非常に大きなことです。」


『Chance!!』は年4回の刊行で、三宅さんはこれを全国の刑務所、少年院、更生保護施設など、全国約240の施設に無料で送付しています。でも、この求人誌を積極的に利用する施設はまだ10ヵ所もないそうです。」

「三宅さんは、受刑者支援団体を通じて受刑者たちに直接届けるようにしました。これまでにのべ1500人の受刑者に届けたそうです。」

「社会への復帰を阻む厚い壁があり、人生をやり直すのは厳しいのが現実だ。罪を償った人がやり直せる優しい社会になってほしい!三宅さんの熱い思いが“人生の再チャレンジを許さない”日本社会を揺さぶっていく。」

三宅晶子さんの支援が益々大きくなっていくことを期待しております。

三宅さん!素晴らしい仕事ご苦労様です!






posted by 花井英男 at 14:24| 日記