2020年09月03日

いとうまい子さんに学ぶ

いとうまいこさんに学ぶ

『徹子の部屋』にいとうまい子さんが登場した。



 自ら開発したロボット持参し、披露した。
早稲田大学に入学し、どこの大学院へ行こうかと、相談したら、大学院のロボット工学がよいと勧められ、そこで勉強をした。

 番組では、スクワットをするかわいいロボットが、スクワットの演技をする。1,2,3,4と数を数えて、しゃがみ、4,5,6,7と数えて、立ち上がる。多分、老人に話しかけて、スクワットをやってもらうものと思う。「今日も一日、元気にお過ごしください。」と言葉がけをする。


ウィキペディアによれば、名古屋出身だ。
日本の女優、タレント、実業家、研究者、元アイドル歌手。本名・小野田 麻衣子(旧姓・伊藤)。 愛知県名古屋市 中川区 出身。


いとうまい子、40歳半ばで一念発起し大学入学 ロボット開発きっかけは父の病。


 女優のいとうまい子(56)が1日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月〜金曜後1・00)に出演。40歳半ばで早稲田大学に入学した経緯や、ロボット開発に取り組むことになったきっかけを明かした。


 アイドルやタレントとして芸能界で活躍してきた、いとう。そんな中、次に選んだ道は大学で勉強することだった。「アイドルでデビューして、いろいろとお仕事をさせていただけているのは、周りの人すべてのおかげだと思っている。それに対して恩返ししたいと思って」と、予防医学とロボット工学を学んだという。


 卒業後は大学院生になり、高齢者にスクワット運動を促すロボットを開発。父親が、がんになったことも、開発のきっかけになったという。治療を続けていく中、自力で歩くことが難しくなっていく父親の姿に「歩けないのがこんなに切ないなんて。ずっと自分の足で歩ける状態でみなさんに過ごしてもらいたい、父親のようになってもらいたくないなっていう気持ちで…」と語っていた。

 2010年に早稲田大学人間科学部eスクールへ入学し、2014年3月26日に卒業。早稲田大学では予防医学、ロボット工学を学んだ。同年4月から早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程へ進学。同年4月から早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程へ進学する。
今は、東京大学大学院で共同研究をしているという。


いとうまいこさんはすごいと思う。
勇気づけられた。







posted by 花井英男 at 10:47| 日記