2020年08月10日

吉永小百合さんのことば、さだまさしさんのメッセージ、カズオ・イシグロさんのメッセージ

吉永小百合さんのことば、さだまさしさんのメッセージ、カズオ・イシグロさん(長崎県出身の日系イギリス人小説家。2017年にノーベル文学賞を受賞した。)のメッセージ



昨日は、TVで、被爆75周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典を見た。

今朝、朝食後、家内から、8月9日の中日の社説を読んだかと言われ、読んでみた。吉永小百合さんの言葉の紹介があった。戦後60年の時の言葉が紹介されている。女優の吉永小百合さん、自らこうおっしゃっている。と。こんな発言をされている。


「憲法九条が私たちを守ってくれていると思うんですね。よその国からうらやましがられている。それを大事にしないというのは分からない。」


「政治家の皆さんの中では、戦争への道を進んでいるように思えます。でも一般の人は、自分の子が戦争で死ぬことになるかもしれないって、そこまで考えているのかな、と考えなきゃいけない時期だと思うんですけどね。」


戦後60年の時に、吉永小百合さんは、「戦争への道が進んでいる」などと危機感を語っておられた。


中日新聞の社説では、「ぐんぐんぐんぐん」というタイトルで、がけっぷちへと誘う危機感を訴えている。


今朝、8月10日の中日新聞には、長崎の式典に寄せられた、長崎出身の、カズオ・イシグロさんからのメッセージとさだまさしさんのメッセージの全文が紹介されていた。


さだまさしさんのメッセージ全文



「被爆者だった叔母の言葉が胸に残って言います。原子爆弾だけが悪ではなく。本当の悪は人の心の中にいて、次々と兵器を考え出すのです。

そして叔母はこうも言いました。もしも私たちの国が先の爆弾を造っていたら、他のどこかの国の誰かが私たちと同じ苦しみを受けたかもしれません。

つまり戦争がすべて悪いのです。武器で平和を買うことなど絶対ににできないのです、と。

世界中から戦争と核兵器がなくなるよう、心から祈ります。」



さだまさしさん、メッセージありがとう。


カズオ・イシグロさんのメッセージ
   日本語訳全文(長崎市の発表に基づく)



「今日は恐ろしい出来事の記念日です。しかし、あの日長崎の人々を襲った苦しみが75年間繰り返されなかったという節目の日でもあります。私の母は被爆当時、市内にいた十代の若者でしたが、その後、長く平穏な人生を送ることができました。

そう考えますと、この記念日は恐怖と悲しみだけでなく、苦難からの克服と希望を想起させる日なのです。私たちの文明社会がいかに脆弱(ぜいじゃく)な状態にあるかを忘れてはなりません。


そして、現在の困難な時代にあっても、これまで安全に過ごすことができたのは国際協力と国際理解のおかげであり、その重要性をわすれてはなりません。


私たちは大きな危険にさらされ続けていること、そして人間の命こそが至上の価値を持つものであることを心に留めましょう。」


カズオ・イシグロさん、メッセージありがとう!


To Sir Kazuo Ishiguro

Thank you very much for your kind message to Nagasaki, Japan and the world .

              From (Mr) Hideo Hanai  Japanese




日本が、戦後75年、平和を維持してきたのは、憲法九条のおかげであり、平和運動、国際理解、国際協力のおかげであった。


原爆が長崎の後、繰り返されなかったことは、日本国民の努力、国際的な平和運動、国際理解、国際協力のお陰であった。


プラスの面も評価を忘れてはいけない。


posted by 花井英男 at 09:44| 戦争・平和