2020年08月06日

「はさみ、包丁研ぎます」の店

「はさみ、包丁研ぎます」の店


庭木の剪定ばさみ2つを研いでくれる店はないか、と、探した。カーマ、カインズの店に尋ねたが、やってないとのことであった。

偶然、南区のほうの病院に行ったときに、「包丁、はさみ研ぎます」の看板を見た覚えがあった。刈り込みばさみ2丁をもって、お願いできますか、と、たずねた。

相当年配のおじいちゃんが出てきて、「やります」という返事で、安心した。ようやく見つけることができた。今このような店がなかなか見つからない。

3日後に引き取りに行った。丁寧な説明をしてくれた。鋏の使い方、樹液がついてさびてしまうから、手当をする樹液用の液をぬって、使った後に、樹液を拭いておくことが大事だと教えてくれた。

刈り込みばさみを家の外の物置に無造作に、おいておくこともやってはいけないことだと言われた。雨にさらす状態で放置しておいたのはまずかった。

これからは、家の中に置こうと思った。

 垣根として庭木を植えていると、2か月おきに剪定しなければいけない事情だ。新芽がすぐに出て、枝が伸びる、ほっておくとすぐに伸びて、始末に負えない状態になる。垣根の手入れは、自分にとっていい運動になると思う。今のところそう思って手入れをしている。

今度来るときは、このおじいちゃんがいるだろうかと思った。このような店がなくなっています。

このおじいちゃんは、「また持ってきてください」と言ってくれた。いつになるか分からないが、うれしいことを言ってくれた。

刈り込みばさみは、娘のうちで使うから、また、我が家でも使うから、3丁で、やりくりしなくてはいけない。なんとか、木の剪定はやれそうだ。

今、包丁を研ぐ小さな道具があり、料理をしているときに、研ぐことがある。剪定用の大きなはさみを研ぐのは、やはり、専門の職人にお願いしなければいけない。このような職人を、カーマとか、カインズ、イーオンなどに、養成して配置してほしい。








posted by 花井英男 at 11:45| 日記