2020年07月09日

ロバート・フロストの詩を読む


英詩を読む
Poems of Robert Frost

講師:名古屋大学名誉教授  岩崎宗治
テキスト:『対訳フロスト詩集』川本 晧嗣偏(岩波文庫)

名古屋・栄 中日文化センター

2020年7月9日木曜日


 待ちに待った、「英詩を読む」が始まった。2月下旬から、閉講になって、7月9日、講義再開だ。皆さん待ちに待っていただろう。教室に入って、目を合わせて挨拶した。教室の中は、感染防止のために座る席が指定されていた。

 今日は、岩崎先生のハンドアウトは、ブリューゲルの「死の勝利」1562年(プラド美術館蔵)だ。
先生は、マイクを付けてないので、聞こえない。隣の教室の声がうるさいので、教室のドアを閉めに行ったところ、ドアは明けておかないといけないと女性が合図してくれた。相変わらず隣の教室の笑い声が聞こえてきた。あきらめた。

岩崎先生にマイクを付けてくださいと誰かが頼んだ。ようやく聞こえた。

この絵は、見る限り、気持ちの悪い絵だ。何が描いてあるのかさっぱりわからない。混乱と骸骨の群、世界の終わりを表している。

ウィキペヂアによれば、「14世紀中頃にヨーロッパ全土を席巻したペストの大流行は、人々の死生観に大きな影響を与えた。有効な治療法もなく、現世のいかなる地位・武力・富も意味を成さず、あらゆる階級の人々が為す術もなく死んでいく社会情勢だった」

ペスト、あるいは、黒死病と呼ばれたという。現在、世界は、コロナの件で、脅かされている。正しく恐れるということで、対処しているが、昔は、大変だったんだろうと思う。


きょうのフロストの詩は、[8]Home Burial  自宅埋葬


ロバート・フロスト(1874年3月26日 - 1963年1月29日)が、生きていたころの、アメリカでの家庭葬についての父親と、子供を亡くした母親の対話詩だ。

読んでいると、夫婦の限りなく続く不和状態の会話にうんざりしてしまう。こんなのが詩になるのかと思った。フロスト詩集にこんなのが入るのかという疑問さえ起こる。

傑作と言える作品ではない。作品を半分くらい読んだところから、参加者がコメントやら、読んだ本の紹介を始めた。

 参加者の女性が発言して、一気に作品の理解が深まり、面白くなった。息子さんを病気で亡くした女性は、子どもを亡くした悲嘆は、男性にはわからないくらい大きいと述べた。近くに座っていた男性がうなずいた。私もうなずいた。

 この詩作品はフロンティア時代の出来事で、父親が自宅近くに子どもを埋葬するために、せっせと穴を掘り頑張った場面が描かれている。一方母親は旦那の苦労も理解せず、旦那が事務的に事を運ぶ姿勢に怒りさえ持つ。夫婦の溝は収まりそうにない。最後までこの調子だ。

 多分、子どもを亡くしたことで、夫婦で喪に服すという、つまり夫婦で子どものことを語り合う、モーニングワークが十分に持つ余裕がなかったのだろうと思う。母親はそのことが不服なのかもしれない。父親にも母親にも、そのようなことを考える余裕がなかったのかもしれない。

 モーニング・ワークとは、「喪の作業」という。愛着や依存の対象を失うことを対象喪失といい、それによって生じる心的過程を喪(悲哀)という。

 フロイトは、喪の作業を経ることによって失った対象から離脱し、新しい対象を求めることが可能になるとした。

 現代でも、子どもを交通事故で亡くし、母親が仕事を続けられなくなって、休職したということがあります。それくらい、母親にとって大きな出来事である。昔は、そんなことを十分に考えることなどできなかったかもしれない。


 作品解釈の中に、「悲しみと理性の対立」というところに落ちつた。感情の母親と理性の父親の対立。埋まりそうにない対立がある。

 この詩は、フロスト自身が自分の子どもを亡くした体験に基づいていた。フロストは、長男をコレラで亡くした。それが後々まで尾を引いたといわれている。

フロストは、アメリカの国民的詩人として親しまれている。ケネディ大統領の就任式に招かれて、自作の詩「惜しみない贈り物」The Gift Outorightを朗読した。アイゼンハワー大統領、オバマ大統領とも親しい。

ロバート・フロストの庶民性、取るに足らない人々というと失礼になるが、そのような人々を材料にして詩を書いている。子どもを亡くした夫婦の悲しみ、苦しみ、苦悩、トラブルを詩の題材にしている。

これは、(7)”The Death of the Hired Man ” (7)「雇われ農夫の死」の題材と共通する、と思う。社会の最底辺の人を題材にしている。フロンティア時代の雇われ農夫は、多分、社会の最底辺の人たちであっただろうと推測される。

社会の最底辺の人たちの出来事に温かい目を向けているのだ。












posted by 花井英男 at 20:03| 文学・芸術