2020年06月19日

見えない虐待、DV

あさイチ プレミアムトーク  杉山春さん

2020年6月19日 NHK


ルポライターの杉山春さんを紹介した。
児童虐待やひきこもりなど、家族の問題を中心に、20年以上に渡って取材を重ねてきた人だという紹介。

虐待やDVなどが増えているのでは、言われている。その多くが家庭の中に隠れ、外から見えなくなっている可能性があると指摘されている。

これは、家庭だけではなく、障碍者を受け入れる施設においても、見えない虐待が行われていると思われる。表面に出ないだけである。弱い立場の障がい者はどこへ訴えていいか知らない。

こういうことは、小学校、中学校、高校、大学などにおいても起きているのだ。こんなことを書くと、あるいは、こういうことを話題にすると、学校の管理職をしていた友人は、「むきになってそんなことは絶対にない」と言ったものだ。

学校の中には、ひどい教員もいるときがある。こどもにひどい発言をする。同僚にも同じような発言をする。険悪な雰囲気がある。管理職は知っているのかどうか知らないが、介入しない。


『ネグレクト 育児放棄―真奈ちゃんはなぜ死んだか』、『児童虐待から考える』など、杉山さんが本を書く中で見えてきた、虐待する親たちの共通点、それは意外にも、「過剰なまでに社会規範に従おうとする生真面目さ」と指摘する。


障がい者施設においても、施設の管理者、職員、ボランティアなどが、自分たちの作った「社会規範」を押し付けてメンバーを管理していることがある。


杉山さんは、自分と自分の親との関係にもゆがみがあったことに気づかされたと述べる。率直な発言である。100点満点の親ななんていない。誰でもそういう親に育てられている。


施設の職員でもそうだ。生い立ちも生まれもそれぞれだ。発言もその人特有の発言になるだろう。間違った発言を聞きながら、障碍者は生活していることもある。障碍者は変だなあと思いながらそういう発言の中で生活しているのだ。こんな身近な虐待を考えてみたい。不信感を持ちながら生活しているのだ。






紹介した杉山春さんの著書
『児童虐待から考える 社会は家族に何を強いてきたか』 朝日新書 2017年
『家族幻想 ー「ひきこもり」から問う』 ちくま新書 2016年
『ルポ 虐待 ー大阪二児置き去り死事件』 ちくま新書 2013年
『ネグレクト 育児放棄ー真奈ちゃんはなぜ死んだか』 小学館 2004年





posted by 花井英男 at 11:20| 子育て