2020年06月15日

「発達性トラウマ障害と複雑性PTSDの治療」を読んで

「発達性トラウマ障害と複雑性PTSDの治療」を読んで

「発達性トラウマ障害と複雑性PTSDの治療」  

杉山登志郎  誠信書房

2019年  1800円


この本の内容は、杉山登志郎先生が名市大の医学部の講堂で、東海EMDRの勉強会において、講演された内容である。

母親とか父親が精神疾患、精神不安定、発達障害などの事情で、子どもの養育が適切にできない場合がある。否定的な発言ばかりを子どもに日常的にぶつける親がいる。このような環境の中で、子どもは成長していく過程で正常に発達できないと思われる。情緒的にも認知の面でも、ゆがんで成長していく。

母親、父親が精神障害とか疾患を持っていなくても、「正常」と思われている場合も、「強迫性障害」の疑いのある場合がある。世の中に、いわゆる「正常」と思われる人でも、子どもに、いつも一貫して、否定的な発言をしてしまう方がいる。

このような状況の中で、子どもは親に同調しなければ、自分の安全を保てないので、親と同一化してしまう。このほうが楽である。親とおなじ考え方、感じ方になってしまう。子どもは、親の発言を正しいと思い、生きている。しかし、自分を否定する人格が自分の中に出来上がり、死にたいと思う気持ちが出てくる。楽な生き方ができない状態になる。トラウマの中で生きている。


職場においても、上司とか、同僚などにそのような人がいる。変わったひとだなあと、後で思い出す人がいる。 若い職員に、「半殺しにするぞ」と言う上司とか先輩の人がいるという世の中だ。これはほんの一例に過ぎない。

杉山登志郎先生によれば、精神科医はこのような虐待についての治療に関心がない。虐待を受けて育った子どもの施設に非常勤の心理士しか雇っていないという事情が、こういう子どもへの姿勢の表れだと指摘する。現在は、正規の職員が雇われる状況になってきたが。

臨床心理士についても同じことがいえる。このような虐待とか、不登校に関して、全く知識がないとか、無関心な人がなんと多いことか。「不登校は治らない」と中学校の保護者の講演会で発言している人もいる。


「あとがき」で、杉山登志郎先生は、次のように書いている。「トラウマをめぐる症例のあまりの多さに反して、その治療がいきわたっておらず、誤診や誤った治療があまりにも多見されるからである。」


杉山先生、「安全で有効なトラウマ処理の方法について、この数年、試行錯誤を繰り返してきた」と述べる。
講演会で熱弁を振るわれたのを思い出す。この本では、先生が独自に開発された技法を丁寧に説明している。それだけに読みガイがあった。あの時、先生は、「EMDR学会には、その技法を報告するように言われている」と言われたのを覚えている。


今回、この本を読んでいて先生のご努力に敬意を表したいと思います。




posted by 花井英男 at 22:03| 日記