2020年05月31日

サード・プレイスの必要性

NHKマイあさラジオ
2020年5月31日 6時台後半

サンデーエッセー: 高坂勝

サード・プレイスの必要性:高坂勝   NPO法人理事



日曜日の朝、気持ちよく目覚めて、NHKラジオの放送を聞いていた。
「サード・プレイスの必要性」という題の、高坂勝さんの話に感心した。「サード・プレイス」という言葉は、初めて聞いた。引きこもりの青年に対する支援の具体的な話に目の覚めるような感動を覚えた。


 今、世の中に、40代から64歳までの、引きこもりの人口が、60万人。39歳までのひきこもりが、54万人、と言われる世の中だ。大学を出て就職して、理不尽な処遇にあって社会復帰出来ない人が増えている。小中学校時代に、不登校から引きこもりになる人もいる。


今日の放送ではコメ作りの作業に参加した、20代から引きこもりだったが、30代半ばで、社会復帰した青年の話を紹介した。
高坂さんがしている「コメ作り」に参加した、ひきこもりの青年が自分の人生を歩き始めた。



この青年について事情を書きます。
エピソードを上手に私は記述できないことをお許し下さい。高校時代から30代までひきこもりだった。彼は、「コメ作り」に参加し、一人でせっせと草むしりをしていた。ある時、稲刈りの後、台風が来て「コメ作り」に来ていた、ボランティアの人たちが、仕事の都合で、みな帰ってしまった。


一方、作業の手伝いに続けて参加していた青年に、お礼のメールが殺到した。さらに、はさかけの手伝いにも続けて、この青年が参加していた。そのとき高坂さんが「仕事あるんだけど、やってみない?」と声をかけた。

「やってみたいです」と答えたので。そのまま会社を紹介することになった。青年を連れて行ったときに、会社の担当者が、「履歴書を出してくれない?」といった。すると彼は、「履歴書、書けないです」といった。よく、担当者から、「この空白期間、何してた?」と聞かれるのが怖かった。この空白期間に皆苦しんでいる。


会社の担当者が、その場で空気を察して、「大事なのは、過去でない。未来だよ」と言ってくれた。彼は、この会社には働き続けている。
このように引きこもりの青年に対して、配慮(合理的配慮)をしてくれるところはどれくらいあるだろう。


高坂さんが、この青年を風呂に誘ったら、「オレ、銭湯とか人間が怖いです」といった。一緒にふろに入ったとき、「オレ、何度も死にたい、消えたいと思った」といった。


さて、「サード・プレイス」について。社会学の用語。
“ファースト・プレイス”をその人の自宅で生活を営む場所、
“セカンド・プレイス”は職場、おそらくその人が最も長く時間を過ごす場所。
“サード・プレイス”はコミュニティライフの“アンカー”ともなるべきところで、より創造的な交流が生まれる場所。

アメリカの社会学者レイ・オルデンバーグは、
以下のような場所を、真のサード・プレイスの特徴を備えているという。


無料あるいは安い
食事や飲料が提供されている
アクセスがしやすい、歩いていけるような場所
習慣的に集まってくる
フレンドリーで心地良い
古い友人も新しい友人も見つかるようなところ


高坂勝さんのプロフィール:
「僕が26歳の時に会社員を辞めた理由はシンプルです。性格的に会社員という働き方が絶望的に合っていなかったこれにつきます。」さらに、

「これからの時代に必須なのが「個人で稼ぐ力」。スキルさえ身につければ今は在宅で収入を得る方法にあふれています。そのノウハウを分かりやすく紹介します。」とブログに書いている。


今朝の放送で、高坂さんの引きこもりの青年に対するすばらしい支援の話に感謝します。また、「サード・プレイスの必要性」を実践を通じて話してくれたことに感謝します。



高坂勝さんは、「そ−さぷろじぇくと」は、地方移住とサード・プレイスを進めている。

SOSA Projectとは?
千葉県匝瑳(そうさ)市の「アルカディアの里」を中心に、
都市山村交流を通じての農作業や里山活動をしています。


その目的は、
地域住民の方々と一体となって仕事を創り、Iターンを増やし、
地域のお役に立つこと。
その手始めとして、
都市住民の自給へのニーズに応えるため、
“ マイ田んぼ ” や “ マイ畑 ” を斡旋提供し、
冬水田んぼ(冬期湛水不耕起栽培)の米作などに取り組んできました。






posted by 花井英男 at 16:49| 教育