2020年05月24日

記憶と向き合うー作家・柳美里と福島の高校生

目撃 !にっぽん「記憶と向き合うー作家・柳美里と福島の高校生」

2020年5月24日 NHK BS1 8:00pm


BS番組を見ていて、この番組を見てしまった。最後まで見ていて、涙が出てきた。

番組内容


福島第1原発から、30キロ。3年前に開校した、福島県立ふたば未来高校の演劇部が、9月17日、新作を上演した。脚本と演出は、柳美里さん。

舞台づくりのもとにしたのは、生徒たちの震災当時の記憶。故郷の思い出。災害の時の生徒達のとるに足らないと思い、語ってこなかった個人的な記憶を、柳美里さんと皆の前で、話すことによって引き出し、一人一人の思い出のモノローグからなる演劇作品を作ることになった。

福島の遠い問題が、自分と関係のないと思っていたこと、知らないとおもっていたこと、懸命に生きる子供たちの思いに感動した。

柳美里の活躍


柳美里の福島での活躍は、新設高校の校歌を作成したエピソードをこのブログで紹介した。

柳美里は、27年南相馬市へ移住した。福島の人の思いを受け止めるには、移住しかないと思ったという。

30年4月自宅を改装し、書店を開店した。演劇活動はその店頭から始まった。書店を訪れたふたば未来学園(福島県広場町)の演劇部員が、柳美里に「一度けいこを見てください」と依頼したことから始まった。


同校を訪れ、この子らと戯曲ができると、自ら上演を申し入れた。震災当時、小学2~4年生だった演劇部員、一人一人から、丁寧に話を聞き、セリフを作っていった。内に秘めた記憶がよみがえり泣き出す子もいた。彼らしか語れない言葉を水路として演劇が必要であると思ったと、柳美里は語る。




posted by 花井英男 at 21:54| 文学・芸術