2020年05月15日

強迫性障害について

強迫性障害について


強迫性障害は、「単独で発症する場合もある」が、「発達障害を持つ人が併発することも」
また、「他の病気をあわせ持つ人も多い」という特徴について、記述したいと思います。

「単独で発症する」という場合、医師が診断する場合、なかなか難しいという事情が、医師によって指摘されている。


強迫性障害単独で発症する場合


「・・・一方で診る側、つまり精神科医にとっても、診断がつけやすい病気であるといえます。ところが、多彩な症状を呈することもあり、精神科医が受診する約3割の人が、統合失調症の前駆症状などと誤診されています」と指摘されています。

「図解 やさしくわかる強迫性障害」原井宏明  岡嶋美代 ナツメ社  66頁


強迫性障害は決して珍しい障害ではない。人口の2〜3%くらいの有病率であるとされている。
職場の同僚や上司などにも、本人の自覚がないかもしれないが、強迫性障害と診断されてもおかしくない人は、それなりに見てきた。ありがたいことに、強迫性障害についてはすでに明確な治療法が確立されている。


「発達障害を持つ人が併発することも」


発達障害と併存症である場合については、「よくわかる 強迫性障害」
監修 上島国俊   著 有薗正俊  主婦の友社に、次のように記述されています。

「発達障害を持つ人が併発することも」の頁で、

「発達障害があると、他の人が当たり前にしていることがうまくできずに、とまどいや不安を感じやすくなります。そのため、年齢を重ねるにつれ、進学や就職など人生の転機で、困難を感じることが多くなります。


また、発達障害の特性の中には、強迫性障害の特性と似ているものがあり、そのため、強迫性障害になりやすい人がいます。後略」


強迫性障害と関連する主な発達障害として、次のように記述しています。
広汎性発達障害(PDD)、学習障害(LD),注意欠陥・多動性障害(ADHD)

「他の病気をあわせ持つ人も多い」
の頁では、

不安障害、気分障害、依存症を挙げています。


強迫性スペクトラム障害(OCSD)の頁では、

強迫症状を併発したり、強迫性、衝動性が強迫性障害と似ている精神疾患のグループをスペクトラムという連続体として考えた呼び名です。

次のような疾患を挙げています。

身体表現性障害、心気症、身体醜形障害、解離性障害、摂食障害、統合失調症、チック、衝動性制御の障害(強迫的買い物、病的賭博、自傷行為、抜毛癖)、神経学的な障害(発達障害、てんかん)、パーソナリティ障害。



この頁の記述については、

「よくわかる 強迫性障害」 監修 上島国俊、 
著 有薗正俊  主婦の友社
  が、

大変すばらしい記述内容であると思いました。


posted by 花井英男 at 12:15| 心理療法