2019年08月09日

「平和への誓い」を読み上げる被爆者代表の山脇佳朗さん


2019年8月9日、9日午前、長崎市の平和公園での、長崎平和祈念式典の様子をテレビで見ました。
その式典の中で、「平和への誓い」を読み上げる被爆者代表の山脇佳朗さんの姿に感激しました。その記事が、ネット上に出ていましたので、紹介させていただきます。


「平和への誓い」を読み上げる被爆者代表の山脇佳朗さん

9日の長崎市の平和祈念式典で、被爆者代表として「平和への誓い」を読み上げた山脇佳朗さん(85)は、海外への発信を重視し英語での語り部活動を続けてきた。


核廃絶が思うように進まない現状に危機感を持ち、日本政府に「戦争や核兵器のない世界を実現する指導的な役割を果たせる国になってほしい」と訴える。

山脇さんは11歳の時、長崎市内の自宅で被爆した。父の八寿雄さん(当時47)は爆心地から500メートルの勤務先の工場で爆死した。

兄弟3人で父を荼毘(だび)に付し、翌日遺骨を拾いに行くと、まだ焼け残った状態だった。「せめて頭だけでも拾って帰ろう」と兄が火箸で頭に触れると頭蓋骨が割れ、白濁したものが流れ出た。


驚いた3人はその場から逃げ出した。「父の遺体を見捨ててしまった」。きちんと埋葬できなかったことをいまも悔やみきれない。

語り部活動を始めたのは定年後。あるとき、外国人に通訳を介して語りかけていると「距離が開いていくような、気持ちが通じているのだろうかという疑問を抱いた」。外国人にじかに伝えたい――。山脇さんは独学で英語の勉強を始めた。


2010年、英マンチェスターで海外で初めて英語による講話を行った。女子高校生が涙を流して耳を傾ける姿に「思いが通じた」と、英語の発信力を実感した。その後も国内外で英語での活動に力を入れてきた。


もっとも、被爆の実相を海外で伝えても「それぞれの国で核廃絶運動が始まるきっかけになったかというと、必ずしもそうではない」ともいう。「世界全体では核廃絶への道は私たち被爆者が思うように進んでいない」


核兵器をなくし、長崎を最後の被爆地とするため「Please lend us your strength(皆さんの力を貸してください)」と訴えた山脇さん。各国から長崎に集まった出席者に「この言葉だけは頭に刻み込み、帰国したら伝えてほしい」と願っている。



posted by 花井英男 at 20:19| 戦争・平和