2019年06月06日

岡崎市美術館を訪ねて

岡崎市美術館を訪ねて



用事をすませて、帰り道に岡崎市美術館の前を通りかけた。
いい機会だから、立ち寄ろうと中へ入った。


裁判所の前にある。
警察署も近くにある。
勤めている、ならい心療内科のすぐ近くではないか。
こんなに近くに美術館があるとは!!


美術館の外観がいい。2階建てとは見えない。
1階建ての様に見える。外から見ると、幅広い建物が広がっている感じだ。
周りの雰囲気が良いと思う。

美術館東館に入った。「ちぎり絵作品展」の案内が出ていた。
作品のすばらしさに驚いた。


7名の女性ばかりの出品者だ。
プロ級と言ってもいいくらい素晴らしい作品ばかりだ。
ちぎり絵でこんなに素晴らしい表現が出来るのだ。

ボタン、アイリス、
竹の子、ヒオウギ、

菊、椿、
ナデシコ、ガクアジサイ、

コスモス、干物、
グラジオラス、

ダイヤモンドリリー、など。

「岡崎南部の会」


作品を見せて頂いて有難うございました。



東館では、
岡崎ガラス工房葵の作品展も開催されていた。

ひとつひとつの作品が、プロ級の作品という印象を受けた。

座っている係の人に、「これ、プロ
の人の作品ですか」と聞いたら、
「いえ、みんな素人です」と言われた。

風鈴、ガラスの器、花瓶、などたくさんの作品が展示されていた。


市内で回収された廃瓶を再利用し、ガラス工芸の講座や商品の制作販売をしている
という紹介のパンフを頂いた。


「季節の置物やグラス・花器などを市内各所で好評発売中です!」
という紹介のパンフを頂いた。

素晴らしい作品を見せて頂いて有難うございました。


美術館の本館のほうでは
大人と子供の絵画展を開催していた。


絵画教室あーと工房の作品展。
講師、近藤ゆか先生のお弟子さんの作品発表。


講師・近藤ゆか先生の紹介は、東京芸大大学院修了。
絵画工房あーと主宰。市内各地で、絵画の講師。


これも作品はすばらしいものばかりだ。相当長く修行を積んでいる人たちの作品だろうと思った。絵の好きな人たちの作品だ。
ざあーと見て歩いてみた。大人の作品の隣に、子どもの作品の部屋があった。

素晴らしい作品を見せて頂き有難うございました。
充実したひと時を過ごすことが出来た。


隣の部屋は、常設展示作品。
藤井達吉、中根寛、竹内敏信の作品。
疲れてきたので足早に通り過ぎてしまった。またいつかゆっくりきたい。


短い時間だったが、充実した時間だ。
よかった。

沢山の作品を見せて頂き有難うございました!!!
またいつか来たい。

岡崎には、子ども美術館(おかざき世界子ども美術博物館 )がある。いつか行きたい。




posted by 花井英男 at 19:07| 文学・芸術