2019年01月17日

横綱 稀勢の里 ありがとう!!!

稀勢の里  有難う!!!



大好きな横綱稀勢の里が引退した。どうしてだろう?と思った。
日馬富士戦での、左の腕の断裂が原因だった。

引退の記者会見のTV放送は見られなかった。
1月17日(木)昼ごろのTV放送はどこも、稀勢の里をとり上げていた。

場所前には、TV放送は、練習相撲で、ずいぶん勝てるようになった、と伝えた。もう復帰できるかなと思わせる内容に思えた。

今迄、本人も記者たちも傷のことを隠していたことが分かった。

各局のTVは稀勢の里の歴史を振り返っていた。

通算800勝496敗。

モンゴル力士ばかり活躍する中で、
日本人力士の活躍する期待感は大きい。

新聞の見出しは、「けがと闘い、在位12場所」。「土俵人生に一片の悔いなし」。
「モンゴル勢と真っ向勝負」。「成長させてもらった」。

中日新聞の社説では、「綱の重みをかみしめる」というタイトルで、「新横綱として逆転優勝を決めた2017年春場所の13日目に左胸腕や左大胸筋のけがを負い、長引く後遺症から復活を果たすことは出来なかった。」


「絶大な人気があり、唯一の日本出身横綱の土俵の姿が見られない。寂しく感じる人は多いだろう。」

しかし、今場所、貴景勝や御嶽海ら新たな魅力ある力士たちが躍進し活躍している。

年寄「荒磯」の名で、横綱の経験を生かし、後輩の育成に臨もうとしている姿に大いに期待を抱きます。

横綱稀勢の里  ありがとう!!!


posted by 花井英男 at 21:12| スポーツ