2018年12月16日

松尾敏男展  松坂屋美術館

松尾敏男展

2018年12月15日(土)

松坂屋美術館 

地下鉄 矢場町

松尾敏男という、名前を聞画家の展覧会を家内と見に行った。

経歴を見ると、1926年3月9日 - 2016年8月4日、日本画家、日本芸術院会員、日本美術院理事長。多摩美術大学元教授。

すごい経歴の人だ。

私は田淵俊夫などが好きだ。



興味がわいた。


入口の絵から見始めると、抽象画から始まった。

難しい。これは苦手だ。

堅山南風に40年間師事したという。

小学校時代から、絵を描くの好きだった。入選し、中学校でも入選した。
高校卒業し、本格的に、堅山南風に学んだ。


初期の抽象的な作品は、入選した。

ある時期から、抽象画を脱した。ボタンの絵など見て分かる絵だ。

分かりやすい花の絵だ。


「翠園」(すいえんと呼ぶのか)というタイトルの絵。2001年作。衆議院蔵。

紫と白のしょうぶの花の絵。



途中で、生涯と作品をビデオ解説のところで一服した。

長崎県出身で、3歳の時に東京に引っ越した。長崎出身であることを名誉にしていると。

眺めの良いホテルの部屋から、長崎の坂の多い街を眺めて絵を描く場面が出た。

細かく、本当に細かく、隅々まで長崎の街と遠くの山を描いていた。すごいと思った。

それを全部、うすい何色か言い難いが、その色で消してしまい、真っ黒に近い色にしてしまった。


驚いた。


どうするんだろうと思った。出来上がった絵は、長崎の夜景だ。

そのほとんど真っ黒に塗った画面に、灯りを示す、黄色の小さな点を付けた。


人々の住む街。人の心を表そうとしたという。

ほのぼのとした夜景だ。



帰りは、屏風の絵の作品のポストカードを1枚買った。


中日ビルの洋服店に、購入したズボンを引き取りに行った。

2階のサンモリッツで昼食をとった。ここで食事をするのも最後かもしれない。

中日カルチャーセンターの講座の後は、数人でここにきて、お茶をすることにしていた。

今度の久屋中日ビルには、喫茶店がない。

地下1階は、もう閉店にした店が多くなった。寂しくなった。











posted by 花井英男 at 08:42| 文学・芸術