2018年12月09日

AEDP JAPAN ワークショップ 大阪

AEDPJAPAN ワークショップ

日時:2018年12月8日(土) 11:00〜17:00

主催  AEDP JAPAN

会場:TKP大阪本町カンファレンスセンター3Fホール
大阪 D I C ビル

大阪メトロ御堂筋線 本町駅 12番出口


発表者

花川ゆう子
臨床心理学博士、ニューヨーク州認定サイコセラピスト
米国AEDP研究所ファカルティ、ニューヨーク・マンハッタンにて個人開業。


杉原保史
京都大学学生総合支援センター、センター長(教授)。PH.D.
AEDPセラピスト



福島哲夫
大妻女子大学人間関係学部・同大学院人間文化研究科教授。
AEDPセラピスト





当日のプログラム

11:00〜13:40

花川ゆう子

講演&デモセッション

休憩

13:40〜14:20



討論&質疑応答


14:20〜17:00
花川ゆう子


杉原保史

福島哲夫

クライエント役(臨床心理士)


AEDPとは、HPによれば次の通りです。


「The Transforming Power of Affect (邦題「感情の変容力」)の作者であるダイアナ•フォーシャにより生み出されたAEDPは、多くの分野にルーツを持ち、またそれらと共鳴しています。その中には愛着理論、感情神経科学、身体アプローチ、そして変容に関する諸研究などがあります。」

次の言葉に刺激を受け、ワークショップに参加しました。



「AEDPの精神を表すのに次の言葉がぴったりきます。私たちは私たちの患者さんたちが ー そして自分たちも ー 傷ついたところで強くなることを助けること。

トラウマや、喪失や、人間の関わりの限界の痛々しい余波に対して心の作業をすることで、私たちは常に強く、絶対傷つくことのなかった心の場所を発見するのです。」



AEDPは、英語で、Accelerated Experiential Dynamic Psychologyの略。

日本語で、「加速化体験力動療法」と訳す。


AEDP創始者ダイアナ・フォーシャの本、

「人を育む愛着と感情の力」(福村出版)

の日本語翻訳本が出版された。

HPから、人物像を引用すると次の通り。

フォーシャ博士は、ニューヨーク市にあるニューヨーク大学およびセント・ルークス・ルーズベルト医療センターの精神医学・心理学部における教員を務める。広く講義を行うと共に、ワークショップ、遠距離講座、集中トレーニングを国内、およびヨーロッパ、アジア、北米、南米、そして中東といった海外でも行っている。また、彼女の愛するニューヨーク市においては、指導、スーパーヴィジョン、そして個人開業とともに、AEDPのスーパーヴィジョングループも時々行っている。彼女の英雄には、チャールズ・ダーウィン、D.W.ウィニコット、ウィリアム・ジェームズ、そしてパティ・スミスがいる。


詳しくは、AEDPジャパンのHPを見られたい。


ワークショップに参加しての感想


参加者は、ホールに一杯の、140名参加。隣の青年は、地元の大阪からの参加者。
周囲で聞こえる声から、関西の訛りが聞こえる。


地下鉄「本町」駅から出て、すぐの所に、DICビルがあったのに、反対の方向に、歩いて、道に迷い、30分遅れて、会場に到着した。


名古屋でも、TKPビルでの研修会場で迷った。この時は、電話をして会場の場所は、すぐに分かった。やはり、電話番号を調べておくなど準備が必要だ。


トラウマ関連のカウンセリングでは、このAEDPのカウンセリングでは、バックグラウンド、情報聴取なしで、会った瞬間から、始まる。オープンさとつながりを大切にする。


遅刻して入っていったが、話の内容に吸い込まれた。

バックグラウンドには、愛着理論、感情神経科学、身体アプローチ、変容に関する、諸研究などがある。

話の内容は、実践的ですぐに使える内容ばかりだ。
杉原哲史先生が、コンパッション・フォーカス・セラピー(CFT)に共鳴していると言っていた。

AEDPJAPANのHPからも少し引用したい。

「AEDPは、癒し志向で、病理ベースではない。

他者に見詰められ、知られ、認められる深い願望に動かされ、人間は他者とつながりたいという皆に共通する根本的な人間的ニーズを分かち持っています。
以下省略。」


話を聞いていて、実践的だ。

いいワークショップだった。


ただ一人参加者の中に、岩国市から来たTさん(EMDR療法,USPT療法の知り合い)がいて、ゆっくりと話をすることが出来た。いろいろと情報を有難うございました。



posted by 花井英男 at 12:35| 心理療法