2018年11月26日

岡山での、日本認知療法・認知行動療法学会に参加

第18回日本認知療法・認知行動療法学会

日時:2018年11月23日(金・祝)−25日(日) 午前8:30〜17:30


会場:岡山コンベンションセンター

JR 岡山駅

参加したプログラムは次の通り。


1日目:11月23日(金・祝)

8:30〜10:20
大会企画シンポジュウム
トラウマ被害と認知行動療法

座長 金 吉晴
1.持続エクスポージャー療法とトラウマからの回復

金 吉晴

国立研究開発法人 国立精神神経医療研究センター



2.複雑性PTSDと感情と対人関係の調整スキル・トレーニングとナラティブ・ストーリー・テリング(STAIR/NT)

加藤 知子

かとうメンタルクリニック

3.トラウマを受けた親子のPCIT

小平 かやの

東京都児童相談センター



10:30〜11:25
教育講演1

座長 北川 信樹
北大通りクリニック

PTSDからの回復

演者:金 吉晴

国立研究開発法人 国立精神神経医療研究センター




12:30〜13:30
ランチョンセミナー1

精神病早期介入―包括的治療とCBTpの可能性


座長 桂 雅宏  東北大学病院精神科

 演者 佐藤 康次郎  岡山県精神医療センター

共催 大塚製薬(株)


13:45〜15:35

自主企画シンポジウム 4

双極性障害の認知・行動病理の
メカニズムとその治療A
―セルフモニタリングに焦点を当ててー

1 セルフモニタリングの基礎と実践:なにをどのようにモニタリングするか?

三田村 仰  立命館大学総合心理学部



2 双極性障害における抗うつ信念と抗うつ行動のモニタイリング

甲田 宗良   琉球大学大学院医学研究科 精神病態医学講座 


3 双極性障害患者の生活習慣
―健常者との比較からー

成瀬 麻夕   東京医科大学 精神医学分野



教育講演 5
ポジティブサイコロジーの立場から
ウェエルビーイングを考える

座長  中野有美 南山大学人文学部人間学科

演者  小林 正弥  千葉大学社会科学研究院




2日目に参加したプログラム

2018年11月24日(土)

大会企画シンポジウム
8:30〜10:20
統合失調症の認知行動療法


座長 丹野 義彦  東京大学大学院総合文化研究科

英国のCBTpの理論と実践

古村健  国立尾張東病院



精神病に対する認知行動療法の新たな展望

耕野 敏樹  地方独立行政法人 岡山県精神科医療センター


指定討論

菊池 安希子  国立精神・神経医療センター精神保健研究所地域・司法精神医療研究部




10:30〜11:30

一般演題(口演)3治療・介入技法1

1.成人ADHD患者に対する認知行動療法のホームワーク提供上の工夫

中島美鈴 他

九州大学大学院人間環境学府・肥前精神医療センター

2.専門家のノウハウを形式化した「AI対話型CBTスキル選択支援ツール」による、スキル習得期の面接トレーニング

山口美峰子 他

NECソリューションイノベータ株式会社イノベーションラボラトリ


3.アトピー性皮膚炎への遠隔オンライン型マインドフル
コンパッション統合プログラム介入研究



12:15~13:15

ランチョンセミナー
岡山県精神科医療センターにおけるクロザビン治療
〜クロザビンはいつ、誰が決めるべきなのか〜

座長 川崎 康弘 金沢医科大学精神神経学

演者  矢田 勇慈  岡山県精神科医療センター
共催  ノバルティスファーマ株式会社


14:15〜16:15
大会企画シンポジウム 13

様々な依存・嗜癖に対する認知行動療法
〜それぞれの特徴とその共通点と相違点〜

座長  澤山 透 北里大学医学部精神科学
橋本 望 岡山精神科医療センター


1. アルコール依存に対する認知行動療法の理論とその技法

澤山 透  北里大学医学部精神科学

2. 行動嗜癖(ギャンブル障害、ゲーム・ネット依存)への認知行動療法の実際

吉野 悟志 独立行政法人 国立病院機構 久里浜医療センター

3. ギャンブル障害について〜英国における認知行動療法の実践から〜

橋本 望  岡山県精神科医療センター

4. 刑事施設におおける性犯罪再販防止指導について
中村 英司  札幌刑務所


16:15〜17:10
教育講演

「自殺対策の認知行動療法」

座長 藤沢 大介  慶応義塾大学医学部医療安全管理部/ 精神・神経科

演者 耕野 敏樹  岡山県精神科医療センター


3日目に参加したプログラム

13:00〜16:00
ワークショップ 16

成人ADHDの認知行動療法

コーディネーター
中島 美鈴 九州大学大学院人間環境学府 /  肥前精神医療センター





参加しての感想


3泊4日の学会参加を、風邪をひかずに無事乗り越えた。
認知療法系の学会に参加した。2〜3週間前に送られてきた抄録集・プログラムを見て参加したくなった。


認知療法系の学会であるが、  行動療法系の学会と同じように面白い。

収穫の大きい学会参加であった。


今回の参加により、新しく学んだことは、トラウマ被害者へのPE、EMDRなどの脱落率が20%近くあることに注目して、工夫された、心理教育療法の分野として、CFT(compassion focused therapy)が英国に臨床心理学者によって、もう20年以上の歴史があることを知った。

その翻訳が日本でも紹介されている。
金剛出版から、
「トラウマへのセルフ・コンパッシション」

「セルフ・コンパッション」


10月26日〜28日、東京での、認知・行動療法学会(行動慮法系)で販売された、
PTG、ポスト・トラウマティック・グロースの翻訳の紹介を知った。

「悲しみから人が成長するときーPTG」 座間書房



倉敷の観光


22日に倉敷の宿に入った。倉敷は、すっかり、観光都市という感じだ。
久しぶりに、大原美術館を訪ねた。若い頃に2度訪れた。数十年ぶりであった。
絵画部門の部屋では、もう古くなって黒ずんだ絵もあった。


何よりも良かったのは、陶芸部門の、浜田庄司、河井寛次郎の部屋の作品群のすばらしさであった。ここでこんなにたくさんの作品が見られるとは思わなかった。
バーナードリーチの作品も出ていたが、余り感激しなかった。


ワークショップについて

ワークショップの料金は、1コマ、9000円は高い。
認知療法系のワークショップは、参加者が少ないためか、料金が高いようだ。


行動療法系のワークショップは、1コマ、6000円だった。参加者が多いから、安くできるのだろうか?


「成人ADHDの認知行動慮法」は、ADHD研究一筋にきた若い研究者の素晴らしい内容であった。
復習をして実践に生かしたい。


大会企画シンポジウムの「統合失調症の認知行動療法」では、古村健先生が、
「英国のCBTpの理論と実践」を発表した。

事前に、メールで古村先生に参加すると伝えた。どんな内容か楽しみであった。
内容は、多分、彼の博士論文ではないかと推測した。

英国を中心とした、オランダなど臨床心理士の取り組みである。
イギリス人の統合失調症の認知行動療法の本を2冊翻訳した。
イギリスにも行っている。

日本でどのように導入するのかが課題だ。

指定討論をした菊池安希子先生も、イギリスに行ったことを述べていた。古村健先生も、菊池安希子先生も頭語失調症の研究者である。

菊池安希子先生が、最新の心理療法を網羅して紹介していたのが、印象的であった。










posted by 花井英男 at 21:06| 認知行動療法