2018年11月17日

藤島九一さんを偲ぶ会

ありがとう 九ちゃん
藤島九一さんを偲ぶ会


2018年11月17日(土)12:00〜14:00

ルブラ王山 7階 アンボメ 

会費  3000円

地下鉄「池下駅」



県立緑丘商業高校(守山区)(現在名・県立緑丘高校)に在職した、旧職員13名と藤島さんの奥さんがルブラ王山に集まった。藤島九一さんを偲ぶ会に、集まった人たちが、一人一人、思い出を話した。一高校教員として生涯を過ごした彼はこういう人であったかと、改めて認識を改めた。素晴らしい会であった。


かつて顔見知りであった人が、すっかり、容貌が皆変わってしまって、昔の面影はなかった。分かったのは、3名だけだった。


受付をしているのは、垣内さんだった。どこの人だろう、と思った。後から、これが垣内さんかと確認して挨拶にいった。久しぶりの再会はうれしかった。幹事役の牧さんはすぐわかった。

加藤真さんは分かった。山本千香子さんはわかった。旧姓杉浦さんは言われて分かった。英語の小林さんは、分かった。英語の雑誌CNNenglishを紹介してくれた。


「ヤマコウ」、「ヤマコウ」と言われた、山本紘司さんは、スピーチの時、「ヤマモトコウジです」と挨拶したら、どよめきが起こった。彼も、顔を見て全く分からなかった。そういえば、面影が残っておるなあ、という感じだった。とにかく、50年以上経っている。


懐かしい話を皆さんがした。心置きなくしゃべった。楽しいひと時であった。
藤島九一さんを偲んで、皆が話した。素晴らしいひと時を過ごせた。


この偲ぶ会のために、牧さんがすばらしい栞を作ってくれた。

ありがとう!!!


全部で18頁。表紙を入れて20頁。パソコンを使わず、皆が、手紙に書いたのをコピーしたものであった。すべて手書きである。

以下紹介します。


内容は、

九ちゃんのバスケットボール部員との写真。昭和43年卒業。

藤島九一
さんのあゆみを生誕から81才までの簡単な、県立高校転任校の歩みなど。

創立当時の、旧守山市の緑ヶ丘商業高校の航空写真の全景。



奥さん作成の、通夜、葬儀告別式の日の栞。バスケットボールのゴールリングと板の写真。
九ちゃんと垣内さんと生徒たちの写真の入った、栞。


奥さんの栞の文は、九ちゃんのエピソードを紹介している。
教え子の皆さんから慕われていた。年賀状のやりとり、入院中の見舞いに来てもらったことから、生徒思いであったことを感じることが出来ましたと述べている。


人の名前と顔を覚える記憶力に長けていたこと。
定年退職後は、孫の成長を目を細めて見守っていた。優しい笑顔が甦ります、と奥さんの言葉。


愛高教退職者の会の、「あゆち」会報に出た、加藤真さんの追悼文。
その一部を紹介する。


「生徒たちは九一と呼び捨てだった」
「先生と呼ばれる者にろくな者がいない。俺は九一と呼ばれていい」

「九ちゃん、そう呼ぶことで職場の仲間からも生徒からも、信頼絶大で、九ちゃんの周りには、生徒たちが自然と集まってくる、そんな様子を見て、うらやましく思ったものだ。どれだけ多くの仲間や生徒たちが、元気をもらったことか。」



「あゆち」に出た、九ちゃん自身が書いたの文、「私を護ってくれた亡くなった祖父母―70年前の空襲」。

13名の旧職員の思い出のページ。


瀬戸電の小幡駅と喜多山駅を入れた、緑ヶ丘商業高校、金城学院大学、加藤藤九郎の家、森林公園、小幡温泉、喜多山温泉、小幡緑地などを入れた、手書きの地図。

昔を思い出させる。

昭和42年度と43年度の職員写真。

御参会の方々。(今回の偲ぶ会に参加した人の名簿)



校歌。

「こんにちは赤ちゃん」、「見上げてごらん夜の星を」、「ドナドナ」の歌詞。



九ちゃん有難う!!!

















posted by 花井英男 at 17:40| 教育