2018年10月29日

日本認知・行動療法学会第44回大会  東京

日本認知・行動療法学会第44回大会

大会テーマ:公認心理師時代の認知・行動療法

会期:2018年10月26日(金)〜28日(日)

会場:TKP品川カンファランスセンター
東京都港区高輪3−26−33
10月26日開催

明治学院大学白金キャンパス
東京都港区白金台1−2−37
10月27日・28日開催



私は、次の企画に参加した。

ワークショップ
始めての人のための動機づけ面接
原井 宏明先生
BTCセンター東京

ワークショップ
行動活性化療法の基礎と実際
首藤 祐介先生
広島国際大学


ワークショップ
自傷行為の理解と援助
松本俊彦先生
国立精神神経医療センター精神保健研究所

行動療法士限定研修会
対人関係療法を実践する
生野信弘先生
三田こころの健康クリニック新宿



自主企画シンポジュウム
嗜癖行動への治療アプローチ
ー民間と矯正施設における最善の治療とはー


企画・司会:横谷 謙治(新潟青陵大学大学院)
話題提供:神村 栄一(新潟大学)
田中祐樹(早稲田大学大学院)


田村勝弘(新潟刑務所処遇部企画部門)
横谷謙次(新潟青陵大学大学院)
指定討論:若島孔文(東北大学大学院)


自主企画シンポジュウム
成人ADHDに対する集団認知行動療法


企画:中島美鈴(九州大学大学院)
司会:松永美希(立教大学)

話題提供:

稲田尚子(帝京大学)
大野史博(医療法人社団心劇会さっぽろ駅前クリニック)
中島美鈴(九州大学大学院)
指定討論:松永美希(立教大学)



一般演題ポスター発表では次の発表者に参加した。

P1-12 信教の自由に葛藤し10年間ひきこもった
強迫症女性への訪問カウンセリングの効果
吉川千香、平田祐也、岡嶋美代


P1-22 弄便・食便を示す重度知的障害児への
機能的アセスメントに基づいた介入

小林 正人


P2-16 過敏性腸症候群を有する中高生に対するアクセプタンス&コミットメント・セラピーの有効性の検討
中谷結花 武藤崇

P2−18 精神疾患に対するスティグマへのアクセプタンス&コミットメント・セラピーによる介入
津田菜摘、武藤崇




学会に参加して   感想



3泊4日の参加であった。宿泊は、飯田橋の東京セントラルYHと代々木の少年センター。いずれも慣れた所で快適だった。
東京セントラルYHの朝食はバイキング式で、おいしかった。風呂もトイレも快適だった。


少年センターの夕食・朝食は値段も手ごろでおいしかった。風呂もいつも通り快適だった。日本シリーズのTVが見られて安心した。


懐かしい友人・恩師との再会が楽しかった。
明治学院大学の小野昌彦先生(奈良教育大学院の時の恩師)には、2日目に、昼食後にゆっくり話が出来た。

準備委員長として、忙しく動いておられた。発表者の機器の故障などが出ているようであった。


小野先生のWS(不登校)の参加状況、不登校が14万人以上も出ていること、相変わらずスクールカウンセラーが対応できていないこと、公認心理士師試験、白金キャンパス全体の風景が話題になった。来年2月の小樽でのコロキウムに出るとのことだった。


私は、明治学院大学は、2度目の訪問。改めて、キャンパスのデザインがすばらしいという印象だ。
やはり専門の人がいるということだ。建物、体育館、運動場のデザインがユニークだ、
構内にある椅子一つをとっても、面白い、和やかな雰囲気。私は、座って心地が良かった。



島崎藤村が卒業生で、校歌は島崎藤村作で、校歌の碑があった。明治初期の宣教師の住んでいた建物などが、地震、火事による消失などを経て、何度も再建され現在に至るまで残されている。

国、東京都、港区の重要文化財に指定されている。キャンパスは、森に囲まれている感じで、白金キャンパスの入り口は、心地よい芝生の広場があり、狭いキャンパスだが清潔できれいだ。


創立155年。NHKの英会話を21年間勤めたことで有名な松本亨は明治学院の出身で、平和主義者としても有名。奥さんがアメリカ人。


キャンパス内の古い建物は歴史的建造物で、それぞれ掲示が出て説明文が出ていた。
広島のホロコースト館から贈られた、「アンネのバラ」の花壇があった。


交通の便はよく、都バスが品川、目黒に出る便がある。ちょっと離れた所に地下鉄の駅がいくつかある。すぐそばは、国道1号線が走っていた。


WS会場で、「おー元気ジャン」と声をかけられた、東京の原田憲明先生がいっしょだった。話が弾んだ。USPT療法に関心を持たれた。熱心に質問をされた。外国人によるスキーマ療法のWSを受講するとのことだった。
小樽のコロキウムで発表をしようということだ。私も小樽に行きたいと思っている。
お互いが情報交換をした。


原田先生はEMDR学会と行動療法学会での昔からの友人だ。
今回会えたのは久しぶりだ。
BSPとUSPTでも共通になりそうだ。



構内で、懐かしい大学院の同窓生にあった。諏訪湖湖畔病院に勤務する堀田賢君、
諏訪湖湖畔が大好きで、住み着いたという。
認知・行動療法学会(行動療法系)で、時々会う。


認知療法・認知行動療法学会(認知系)で古村健君にあったという。
久しぶりの再会はうれしい。ポスター発表の会場まで一緒に歩いた。
お互いが情報交換をした。



古村健君に、3日目に会った。忙しくて、日曜日しか出られないようだ。
堀田賢君にあったと伝えた。
「統合失調症の認知行動療法のワークショップを俺がの生きているうちにやってよ」とお願いをした。


立命館の博士課程に行った、瀬口君が通りがけに会釈をしてくれた。
岡嶋美代先生は、座長を務めておられた。WSなどで活躍しておられた。

無事に学会参加は終わった。


小野先生によれば、参加人数960名、ワークショップ受講1480名。
 益々、行動療法系の学会が発展することを期待します。



来年は、名古屋で認知・行動療法学会が開催される。

日本認知・行動療法学会第45回大会

会期:2018年8月30日(金)〜9月1日(日)

会場:中京大学名古屋キャンパス

大会会長 坂井誠 (中京大学)
大会準備委員長 山本竜也(中京大学)



posted by 花井英男 at 18:43| 研修