2018年10月29日

今西英雄先生の展覧会  2つ

今西英雄先生からの
「展覧会のご案内」



県立惟信高校の時の同僚であった、今西英雄先生(美術科)から
いつもように展覧会の案内を頂いた。


3つの展覧科の案内だった。そのうち、2つの展覧会に出た。


私は、惟信高校時代から先生の作品展に触れた。先生の「水温む」という、早春の雪景色の小川の春の風景が好きだ。先生のファンの一人となった。


ずっと作品展には見に行っている。作品のタイトルをつけるのは、大変気を使われていることを伺ったことがある。


先生の2つの展覧会を見て、私の感想を書きます。


第3回 旭美TEN
愛知県立旭丘高等学校 美術科10期展

2018年10月16日(火)〜21日(日)

会場:電気文化会館5F西ギャラリー

地下鉄 伏見


旭美TEN 作品目録

1安藤順子 工芸(レリーフ)
2板倉圭子 油彩画  水彩画


3井上 学 油彩画


4   今西英雄   パステル画

「カッパドキア」

「エルジェス山遠望」


5後藤真子 工芸(レリーフ)
6小室定子  木彫


7近藤国彦 レリーフ 彫塑
8西郷孝子 工芸(傘) 水彩画


9杉山正純 日本画
10 寒川公美子 日本画 掛け軸


11出海恵子 俳画
12寺島喜代子 アクリル画 水墨画


13西村康孝 工芸(盃 徳利 タンブラー)
14西脇三千估 写真


15平井照子  版画
16星野高志郎 紙立体


17 水谷 干城 アクリル画
18山田幸代 工芸(着物 帯)


19池上喜久子 工芸(織物)




会場には、神内先生の作品集・「河童の足跡あと」、扇子に描いた先生の絵などが展示してあった。

昔、神内生光先生(旭丘高校・美術家科教員)の自宅に、三浦寛君(惟信高校同僚)と日本画を買いにお邪魔したことがあった。

旭丘の卒業生が尊敬している先生である。
今西先生が尊敬していると、伺ったことがある。

なつかしい神内先生の作品である。
旭丘の卒業生は、神内先生を尊敬していることが分かる。


さて、今西先生の作品は、広大な風景画だった。明るい茶色系統の作品だった。
今の先生の気持ちはこういう気持ちだろうかと、推察した。

平和と静けさを愛する先生だ。

あと1つの展覧会を見たい。

濃彩パステル展
 
「日本画からパステル画」
日時:2018年10月25日(木)

妙香園画廊

地下鉄 栄



東京の認知・行動療法学会へ行く直前に栄の展覧会に立ち寄った。
妙香園のお茶の香りが漂う店に入って、どこから画廊に入るのだろうと思っていたら、妙香園の店員が案内してくれた。


3階までエレベーターで上がった。
画廊に入ると、他のお客さんと話中だったが、すぐに先生が挨拶をして迎えてくれた。


先生の説明が聞こえてくる。昔と見方、描き方が変化した経緯を話されているのが聞こえる。「そうなのか」と聞きながら、絵をマイペースで見た。


「全体的に色調が明るくなった」と話されているようだ。私もそう思った。
画家が、老齢になると色調が明るくなるという風に、私は思っている。


先回の展覧会でも思ったが、今回もそう思う。先回は、中国旅行の絵画だったと思う。
今回の作品展は、今までの作品を時間の系列で並べたと言われた。
作品を絵ハガキでにしているので、5枚買った。


絵葉書は次の通り。

晩秋の高原(開田)2016年

黄昏(裏磐梯)2009年

枯れ水車(日本画)1989年

安曇野犀川 2018年

昼下りの城跡(苗木城) 2017年





今西先生との交流は惟信高校時代からずっと続いている。
このまま、続くと事を願っている。
作品をどんどん残して頂きたい。


すばらしい作品を見せて頂き有難うございました。


先生の活躍しているところ
檸檬の会、檸檬の会DAY、名鉄カルチャーサロン西春の教室講師
絵画団体英遊会 代表




posted by 花井英男 at 11:37| 文学・芸術