2018年08月12日

エリオットの詩を読む  中日文化センター

T.S.エリオットの詩を読む
―20世紀モダニズム研究―
Part V(7月〜9月)
講師:岩崎宗治 名古屋大学名誉教授 文学博士
開講日:第2・4木曜日 13:30〜15:00

テキスト
 T.S.エリオット 『四つの四重奏』 岩崎宗治訳(岩波文庫)2011
T.S.エリオット 『四つの四重奏』 岩崎宗治訳 (国文社)2,009
T.S.Eliot  Four Quartets (London  Faber and Faber 1944,2001)

中日文化センター
2018年8月9日(木)

Four Quartets を読む
East Coker T−U

岩崎宗治先生からの提案。


現在、エリオットの詩を読んでいるが、この後、10月からは、イギリスの詩人、ジョージアンのウオルター・デラメアの詩を取り上げたい、という提案がなされた。

デラメアは、エリオットの前のジョージア朝の詩人。エリオットの詩の前は、どんな詩人がいたか。エリオットの詩を理解するためにも、いい詩人であると言われた。
モダニズムを理解するためにもいい作品であると。


ジョージ5−6世時代(1910−52)、特に、ジョージ5世時代(1910-20)の文学、特に田園詩などを指す。
Walter de la Mare, ウォルター・ジョン・デ・ラ・メア(Walter John De La Mare, OM、1873年4月25日 – 1956年6月22日)は、イギリスの小説家、詩人。優れた児童文学作家。

原書は、The Listeners and Other Poems Walter De la Mare
Leopold Classic Library 2400円

翻訳詩集は、岩崎先生の尊敬する知人である、静岡大学名誉教授 村松真一先生。
「耳を澄ますものたち他」 村松真一訳 沖積社 2012   2400円

10月からのテキストの準備をしておられた。原書のテキストの入手方法まで検討されていた。リプリント版だという。

日本では、児童文学作家として有名であるようだ。すでに児童文学作家として知っている人がいた。

それにしても、岩崎先生は、元気である。89才にして、元気そのものだ。尽きるところがない。今流の言葉でいえば、「半端、ない」

本日は、ハンドアウトを、4枚頂いた。
1枚は、本日の詩East Cokerの詩に関わる、写真2枚。ブリューゲルの絵、「野外での婚礼の踊り」

2枚目は、「四重奏」の翻訳詩集を出版した時、朝日新聞(名古屋)(2009,6.2)に寄稿された、記事のコピーである。タイトルは、『薔薇と亡霊と「四重奏」』岩崎宗治 英文学者。四重奏の4つの詩について、簡潔に解説を述べたものである。

残り2枚は、デラメア詩集「耳を澄ますものたち他」村松真一先生の訳詩集の中の、「静謐をたずねて」の文章である。


10月からの詩への案内だと思う。この暑い毎日にへこたれそうになっているのに、先生は、準備されている。有難いことである。

posted by 花井英男 at 12:15| 文学・芸術