2018年06月11日

第51回瑞穂区美術家展

第51回瑞穂区美術家展

平成30年6月5日〜6月10日(日)

名古屋市博物館

主催:瑞穂区美術振興会・瑞穂区役所・名古屋市役所


町内会の掲示板に、瑞穂区美術家展の案内が出ているのを見て博物館に行った。
毎年、楽しみにしている。

小島東洋治先生の名前を見つけたので、ぜひ見たいと思った。
県立高校の美術教師であった、小島東洋治先生夫妻とは、作品の購入により、交流が続いている。

教員在職時から、また、スクールカウンセラーの勤務校時代から、県立高校の美術教員の人たちとの交流が始まった。

今西英雄先生(同じ高校で勤務)、堀尾一郎先生(スクールカウンセラー校)、小島東洋治先生(作品を購入)、神内生光先生(今西先生の恩師・東京芸大の教授を断った)。
この先生たちは、業績を認められて、県内の美術系の私立大学の教員として勤務した。

神内生光先生のお宅に、同僚の故三浦寛君と作品購入のため、訪れたことがあった。神内先生の「早春大和路」(日本画)の田舎の風景画は、私の書斎に今かかっている。

小島先生は、「スペイン岩上の村」という大きい作品だった。紫と青の独特の色合いが先生のカラーだ。
どんなエピソードがあるのか聞いてみたい。


瑞穂区美術展の出品目録の中で、面白い、好きだと思った作品は、

「おみせやさん」  岡本昌子

「パウルの住む街」長沼 功
「街」      長沼 功

ボールペン画  「白川郷」世界遺産  筒井清彦

「夕景の放牧」  春田 光一
「コスモス」   春田 光一

「紙風船のある卓上静物」   山下 民雄
「マリオネットと卓上静物」  山下 民雄

「すずめの学校(1)」  下里 隆明
「スズメの学校(2)」  下里 隆明

「夕映えの表銀座山稜」  山田 育子



この瑞穂区美術家展の歴史は、戦後の復興の時代に、人々の心のうるおいを求めて、名古屋市長はじめ、画家、書道家、彫刻家、染色家などが立ち上がって始めたという。

瑞穂区役所の講堂で開催されていたのが、博物館で開催されるようになった。
プロの美術家達の気持ちに感謝します。
これからも続くことを期待します。


posted by 花井英男 at 09:55| 文学・芸術