2018年03月26日

故キング牧師の孫が「私には夢がある」とスピーチ

故キング牧師の孫が「私には夢がある」とスピーチ


アメリカでは、2018年3月24日、銃規制強化を求める「命のための行進」が各地で行われた。
アメリカばかりでなく、世界中で銃規制のデモが行われた。

日本では、最近、名古屋で、アメリカで、留学中に、銃の犠牲になった、服部君の両親が、ささやかな会合を開いた。旭丘高校の服部君が、ハローウィーンの日に、間違えて訪問した家で銃殺された。

アメリカの集会では、小さな子どもがスピーチをした。
さらに、故キング牧師のお孫さんが、スピーチに立った。

「私のおじいちゃんには夢がありました。私にも夢があります」という銃をなくすための趣旨のスピーチをした。


アメリカは、憲法で銃所持が記述してあるため、銃社会になっている。
文明社会であるアメリカは、銃の所持なんて必要がない。

私は、英語の教師をしていたころ、高校に派遣されてくる、アメリカ人の青年教師に、アメリカは憲法に、銃所持の条文を持っていること自体がおかしい、と話したことがある。その青年は不機嫌になってしまった。


アメリカでは、にっちもさっちもいかない状況になっている。銃産業が、自分の利益追求のために、銃規制を阻んでいる。トランプ大統領は、銃産業から献金をもらっているため、本格的に銃規制強化に取り組まない状況だ。


やはり与論で銃規制強化を進めて行かなければいけない。銃規制の世論が高まることを期待します。


posted by 花井英男 at 17:37| 戦争・平和