2018年02月15日

辛い体験をした人の治療法・USPT統合法

辛い体験をした人の治療法・USPT統合法

USPT研究会の紹介

臨床心理士の方々へ




2月10日、11日、12日、神奈川県三浦市で行われた、行動療法コロキウム ’17 in三浦海岸において、事例発表の中に、「生霊に悩まされた女性」の事例があった。

行動療法でアプローチした発表であった。結構時間がかかったようだ。行動療法学会の事例の中には、つらい体験をした事例は、あまり出てこないと思われる。

解離性障害についての事例は出てこない。

この事例で出てくる、生霊など憑依霊とか、つらい感情を抱えた人格を扱うUSPT統合法を、医師とか、臨床心理士は、もっと理解する必要があると思う。

解離性障害についての医師や臨床心理士の理解がもっと深まればいいと思う。

EMDR療法では、最初のアセスメントで、「解離性障害の臨床的兆候」をチェックする。「声が聞こえる」かどうかというシュナイダー症状のチェックがある。DSM−5においては、シュナイダー症状は、扱わなくなったが、EMDRでは、「解離性障害の臨床的兆候」必ず、扱うことになっている。

このチェックの中の、声が聞こえることを、診察の時に患者が医師に話すと、「それは気のせい」と言われて相手にしてもらえないことが多いと、私(臨床心理士)に訴える。時には、統合失調症の「幻聴」と間違える医師もある。

解離性障害については、臨床心理士も、医師も、無知、無理解なことが多い。
DSM−5においては、解離性障害は、300.15(F44.89)「他の特定される解離症/他の特定される解離性障害」・OSDDの項目に該当する。憑依のエピソードについては、「1.混合性解離症の慢性および反復性症候群」の該当する。

EMDR学会に所属し、病院臨床をしている人なら、頻繁に解離性障害のクライエントに出会うだろう。
昨年、福岡県で行われた、USPT研究会のワークショップでは、質疑応答で、「自我状態療法(USPT統合法)で出現した、つらい感情を抱えた人格が融合を拒否する場合どうするか?」という鋭い質問が出た。

この質問をした参加者はもちろん、EMDR関係者だった。サンドラ・ポールセンの、「トラウマと解離症状の治療ーEMDRを活用した新しい自我状態療法ー」東京書籍発行は、かなり普及したと思われる。
今年のEMDR学会に、サンドラ・ポールセンが講演することになった。期待したい。

しかし、今、一歩、上記の本について、理解しがたいというか、使えない面があるように思われる。

このような状況の中で、私は、小栗康平先生(東京・早稲田通りクリニック)のUSPT統合法に出会った。小栗康平先生は、精神科医として、EMDRを活用しながら、、解離性障害について、アメリカの先行研究を研究し、USPT統合法を開発した。

小栗康平先生は、EMDR学会でも、USPT統合法を発表し、日本精神神経学会、精神科の医師の学会などにおいても何度も発表された。著書も3冊発表された。

昨年、6月下旬に、名古屋の国際会議場での、日本精神神経学会においては、USPT統合法について、シンポジュームが、新谷宏伸先生(USPT研究会理事長)のもとに開催され、盛況であった。

今回の行動療法コロキウムで、私は、USPT統合法について紹介した。「生霊の女性」の事例を発表した、若い臨床心理士は、私のUSPT統合法についての発言に関心を持っていただけた。

発表者の、彼は、USPT研究会のウェブサイトを見て、ワークショップにぜひ参加したいということだ。

解離性障害へのアプローチとして、勿論、EMDR療法の標準的プロトコルによってトラウマの軽減はできること言うまでもない。しかし、USPT統合法の方が、時間的に短いのではないかと思う。

心理師は、一つの治療法、例えば、行動療法にだけ、関心を持っていてはだめだと思う。例えば、ブレインスポッティングもあり、EMDRもあり、認知再構成法、スキーマ療法もある。

私は、捨ててきた治療法もある。どうしても疑問を持ってしまう、臨床動作法。催眠療法は何度ワークショップに参加しても実際にどうするのかを教えてくれない。お金の無駄だと思った。必要になったら、納得がいくなら、催眠療法もやるつもりだ。ソリューションフォーカスもあきらめた。

私の勤めるクリニックでUSPT統合法に関心を持っておられる臨床心理士がおられる。少しずつ関心を持つ人が増えていけばよい。患者さんの回復に何よりも貢献するのだ。私は病院臨床・私設相談室で、USPT統合法を使わない日はない。

USPT統合法について、詳細は、「USPT研究会」を検索して、ウェブサイト・ホームページでご覧ください。









posted by 花井英男 at 11:48| USPT研究会