2018年02月09日

中日文化センターの講座のあと

エリオットの詩を読む」講座の後

2018年2月8日(木)
中日文化センター

「エリオットの詩を読む」
講師:岩崎宗治先生・名古屋大学名誉教授・文学博士

テキスト:T.S. Eliot, Selected Poems (Faber 80thAnniversaru Edition,2009)
T.S.エリオット 「荒地」 岩崎宗治訳 (岩波文庫)2016
開講日:第2・4木曜日

Preludes  前奏曲集
Rhapsody on a Windy Night  風の夜の狂想曲


岩崎先生は、「この詩は、難しい。」と言われる。
脚注とか、解説は、十分すぎるほど沢山つけられている。
良くもこれだけ文献、背景を解説されたと思う。


多分、誰しもそう思うだろう。
わたしのような素人、あまり、詩のことが分からない者にとって、有難い注釈だと思い、分かったつもりになってしまいそうだ。しかし、どれだけわかっているいるか疑わしい、

ワーズワース等のロマン派の詩は、抒情を述べる詩だ。
エリオットは、抒情詩ではない。
近寄りがたい。


私は、あまり深刻に考えない。
分かるところだけわかればいい。

講座の後、ある人が、「脚注ののまた脚注が必要ですね。」と発言した。どう解釈していいのか難しいのだ。
こんな詩をよくも翻訳したものだと感心する。

今日は、地下1階で、フナ味噌を買って帰ることが楽しみで来た。
予定通り、講座の前に購入した。


無事に終わるはずの1日が、めちゃくちゃになった。今日は、講座の後、大失敗をした。

講座の後、財布、手帳、新幹線の切符などの入った、ポシェットを座席に忘れて帰ってしまった。家について、ポシェットがないことに気づいた。

中日文化センター事務局に、すぐに電話したが、「ない」という。
手帖には、カウンセリングの4月までの予約予定表がぎっしり書き込んである。
大事なメモもある。

夕方、自分で、も一度教室に調べに行ったがない。

明日から、神奈川県三浦海岸で、2泊3日の認知行動療法コロキウムがある。
もうやめようかとも思った。
新幹線の切符を新瑞のイーオンで再度、購入した。
これで明日の準備は、ととのった。

結局、もう出てこないと諦めて、新たな手帳を購入した。
ある大学の食堂で、昼食をとっている所へ、中日文化センター事務局から、落し物が出てきたと、電話が入った。
ちょうど24時間後だ。
昨晩は、どれだけ苦しんだことか。


中日文化センターへ取りに行き、中身を確認、全部ある。
この後、名古屋駅に再度購入した、切符の取り消しの手続に行った。

もっとしっかりしなきゃとも思う。
落し物でこんなに苦しんだのは初めてだ。
明日は、朝6時半に家を出る。

家族は、慰めてくれた。
友人のN君にも電話して、慰めてもらった。
posted by 花井英男 at 16:31| 文学・芸術