2017年12月03日

世界の名作  名犬ラッシー

NHKラジオ深夜便

【俳優が語る 世界の名作】
エリック・ナイト原作
名犬ラッシー(3)
俳優 仲代達矢
4回シリーズ



名犬ラッシーの物語をラジオ深夜便で聞いた。
懐かしいタイトルである。どういう内容のものか私は不確かであった。
仲代達也の語り口のうまさに思わず聞きほれた。


ラッシーは、エリック・ナイト (Eric Knight 1897-1943)の短編作品『名犬ラッシー 家路』の主人公である。この短編は、1940年に小説として単行本化された。


英国ヨークシャーに住む幼い少年が、類い希な美しさと気高さを持ったラフ・コリーを所有していたが、少年の一家が経済的な困窮に直面し、やむを得ずにラッシーを金持ちの貴族に売却した。



少年と犬は別離を悲しみ、新しい所有者がラッシーを何百マイルも先の自分の領地があるスコットランドへ連れていったため、悲しみはさらに募った。


しかし、ラッシーは、勇気で逃げだし、ラッシーが故郷へと、愛する少年のいる土地ヨークシャーへと、家路を辿る苦難の旅を描く。



スコットランドからヨークシャーへの距離は直線で600`。
帰る道は、行ったり来たり、他の方角へ行くこともある。迷うこともある。実際は、大変な道のりになる。3倍以上の距離になるだろうと、仲代達也は語る。


4回シリーズで語られる、道のりはすさまじいものが語られる。疲れ果て、弱り切って、親切な老夫婦に助けられて、何日間も介抱を受けた。
ようやく故里へたどり着く。いつも少年を待っていたところへたどり着いた


posted by 花井英男 at 17:07| 文学・芸術