2017年10月08日

愛知県精神科心理ネットワーク研究会

第1回 愛知県精神科心理ネットワーク研究会

日時:平成29年10月8日(日)13:30〜17:00

場所:カネジュービル 6階 会議室

名古屋駅新幹線口


会費:1500円

プログラム

司会  古村健先生(研究会代表)

13:30 開会の挨拶と参加者の自己紹介

14:00 <伝達講習1>自殺念慮のアセスメントと対応方法
古村健先生(東尾張病院)

  15:00  休憩

15:20 <伝達講習2>うつ病の行動活性化
山内 恵理子先生(京ケ峰岡田病院>

16:00事例検討(行動活性化を用いた事例)
西村 勇人先生(上林記念病院)


17:00 終了

懇親会




今年の愛知県臨床心理士会の愛知県精神科心理ネットワーク分科会
から生まれた研究グループの活動が始まった。東尾張病院の古村健先生の呼びかけで始まった。


名古屋駅の新幹線口には、桜通り口側の超高層ビル群ほどではないが、高層ビルが立ち並び、私の大学生時代(50数年前)のころには考えられなかったビル街になってしまった。


昔は、「駅裏」と言っていた。危険地帯だった。「駅西」になり、「新幹線口」となったと思う。今、「駅裏」という言葉を使うことはできない。


県内の病院、心療内科、メンタルクリニック、区役所などに勤務する若手の臨床心理士ばかりが集まった。私だけ例外だ。しかし、私も、ヤング・アットハートだ。


始めと終わりは、参加者全員が自由に発言し、発表中も自由に発言でき、質問もできる雰囲気は、魅力的である。
お互いの発言を尊重する雰囲気は素晴らしい。代表の古村健さんの気配りがあってのこと。
古村先生は、新潟の認知・行動療法学会のワークショップでお世話になった。話をしていると、幅広く勉強されている。、

伝達講習というユニークな発表。
学会の発表者(大学の研究者)の内容を忠実に伝えるのは大変な仕事だ。古村さんの発表内容は膨大だ。忠実に、内容の充実した伝達講習だった。ただ感謝のみ。学会発表の大切なものを皆さんと共有しようというもの。

古村さんは、自殺関連のことに関心を持っていたのかと思った。こういうものばかりに集中しての伝達講習だ。
「自殺念慮のアセスメントと対応方法」は18枚のパワーポイント。
簡潔にして要領を得た、内容。自殺関連のことは、町内の保健環境委員会でも話題になる。

厚生労働省の「ゲートキーパー手帳」の紹介も貴重だ。膨大な量の資料を準備していただいた。
素人でもできる支援に重きを置いた内容。


大学の研究者の作成した、

”10エッセンシャルズ
ーメンタルヘルス支援と自殺予防のための教育プログラムー
2014年版


は、よく考えられた内容。これもたくさんの資料だ。
貴重な資料だ。


この資料の中で、「症例の概念化」の中の、「気質的脆弱性因子」(きしつてき ぜいじゃくせい いんし)という用語を使っている。「脆弱性」という言葉について考えたい。
「こういう用語で片付けられない」と私は思う。「ぜいじゃくせい」という言葉は、、人間は強そうで、弱い、弱そうで強いという言葉で使われる。

私は、人間誰でも『脆弱な部分」を持つのではないかと思う。お互いの弱い部分を知るのは、難しいかもしれない。分からなくて、理解できなくて、腹を立てるかもしれない。理解しようとする場合があるかもしれない。

これは、「もろくて弱い性質または性格」という意味だが、誰も小さい時から、恵まれた環境で育つとは限らない。恵まれた環境に育っているなあと思う、立派な人だと思う人もいる。

一方、学歴があっても、学識があっても、性格的に、人間的にゆがんだ人がいる。「歪みがあるなあ」と思っても、口に出しては言えない。私自身もゆがんだところを持つ。人に迷惑をかけたと思う。

犯罪を犯す人、何かの過ちを犯してしまう人、大なり、小なり、欠点を持つ人。人にはわからないが、生きづらさを抱えている人。人に危害を加えても、人に迷惑を与えても、自分の欠点を自覚していない人。


10才までに体験した事柄によって、その人の記憶、認知、感情、、行動、対人関係、身体感覚の形成に影響を与えるという観点、(スキーマ療法の観点)から、クライエントにアプローチすることが可能になったと思う。

勿論、10歳以降からの体験に基づく、その人の記憶、感情、認知、行動、対人関係、身体感覚の形成に影響を与えた事柄にも配慮する観点も必要だと思う。

その場、その場で頭に浮かぶ、様々な考えやイメージのことを「自動思考」と呼ぶが、すでに頭の中にある、自分や世界や他者に対する深い思いや価値観のこと」を「スキーマ」と呼ぶ。

日本で、認知・行動療法の開拓者の一人である、伊藤絵美先生は、スキーマ療法は、もっと深いレベルの認知であると言う。まずは自動思考から取り組むことを勧める。

まずは、自動思考について認知・行動療法をし、さらに深めるためにスキーマ療法に進む必要がある。

さて、「脆弱性」(ぜいじゃくせい)という言葉の説明とどうアプローチしていくかということから、本日の研究会の内容と離れてしまった。本日の研究会に戻る。

参加してよかった。うつ病の「行動活性化」についての伝達講習も、分かりやすく、見やすい内容にパワーポイントを作成してくれた。発表までに、大変なことだったと思う。ご苦労様と労いたいと思う。


行動活性化を適用したクライエントの成功した症例発表もすばらしかった。
行動活性化の本は何冊も出ている。どう実践するかが問題だ。


シンプルに、本人の意思を尊重して、実践を積み上げて、復職に成功した。
臨床心理士がどのように実践するかが問題だ。
9枚のパワーポイントに見事にまとめた。


この研修グループだが発展することを期待しております。




츄㾆
posted by 花井英男 at 20:03| 研修