2020年05月31日

サード・プレイスの必要性

NHKマイあさラジオ
2020年5月31日 6時台後半

サンデーエッセー: 高坂勝

サード・プレイスの必要性:高坂勝   NPO法人理事



日曜日の朝、気持ちよく目覚めて、NHKラジオの放送を聞いていた。
「サード・プレイスの必要性」という題の、高坂勝さんの話に感心した。「サード・プレイス」という言葉は、初めて聞いた。引きこもりの青年に対する支援の具体的な話に目の覚めるような感動を覚えた。


 今、世の中に、40代から64歳までの、引きこもりの人口が、60万人。39歳までのひきこもりが、54万人、と言われる世の中だ。大学を出て就職して、理不尽な処遇にあって社会復帰出来ない人が増えている。小中学校時代に、不登校から引きこもりになる人もいる。


今日の放送ではコメ作りの作業に参加した、20代から引きこもりだったが、30代半ばで、社会復帰した青年の話を紹介した。
高坂さんがしている「コメ作り」に参加した、ひきこもりの青年が自分の人生を歩き始めた。



この青年について事情を書きます。
エピソードを上手に私は記述できないことをお許し下さい。高校時代から30代までひきこもりだった。彼は、「コメ作り」に参加し、一人でせっせと草むしりをしていた。ある時、稲刈りの後、台風が来て「コメ作り」に来ていた、ボランティアの人たちが、仕事の都合で、みな帰ってしまった。


一方、作業の手伝いに続けて参加していた青年に、お礼のメールが殺到した。さらに、はさかけの手伝いにも続けて、この青年が参加していた。そのとき高坂さんが「仕事あるんだけど、やってみない?」と声をかけた。

「やってみたいです」と答えたので。そのまま会社を紹介することになった。青年を連れて行ったときに、会社の担当者が、「履歴書を出してくれない?」といった。すると彼は、「履歴書、書けないです」といった。よく、担当者から、「この空白期間、何してた?」と聞かれるのが怖かった。この空白期間に皆苦しんでいる。


会社の担当者が、その場で空気を察して、「大事なのは、過去でない。未来だよ」と言ってくれた。彼は、この会社には働き続けている。
このように引きこもりの青年に対して、配慮(合理的配慮)をしてくれるところはどれくらいあるだろう。


高坂さんが、この青年を風呂に誘ったら、「オレ、銭湯とか人間が怖いです」といった。一緒にふろに入ったとき、「オレ、何度も死にたい、消えたいと思った」といった。


さて、「サード・プレイス」について。社会学の用語。
“ファースト・プレイス”をその人の自宅で生活を営む場所、
“セカンド・プレイス”は職場、おそらくその人が最も長く時間を過ごす場所。
“サード・プレイス”はコミュニティライフの“アンカー”ともなるべきところで、より創造的な交流が生まれる場所。

アメリカの社会学者レイ・オルデンバーグは、
以下のような場所を、真のサード・プレイスの特徴を備えているという。


無料あるいは安い
食事や飲料が提供されている
アクセスがしやすい、歩いていけるような場所
習慣的に集まってくる
フレンドリーで心地良い
古い友人も新しい友人も見つかるようなところ


高坂勝さんのプロフィール:
「僕が26歳の時に会社員を辞めた理由はシンプルです。性格的に会社員という働き方が絶望的に合っていなかったこれにつきます。」さらに、

「これからの時代に必須なのが「個人で稼ぐ力」。スキルさえ身につければ今は在宅で収入を得る方法にあふれています。そのノウハウを分かりやすく紹介します。」とブログに書いている。


今朝の放送で、高坂さんの引きこもりの青年に対するすばらしい支援の話に感謝します。また、「サード・プレイスの必要性」を実践を通じて話してくれたことに感謝します。



高坂勝さんは、「そ−さぷろじぇくと」は、地方移住とサード・プレイスを進めている。

SOSA Projectとは?
千葉県匝瑳(そうさ)市の「アルカディアの里」を中心に、
都市山村交流を通じての農作業や里山活動をしています。


その目的は、
地域住民の方々と一体となって仕事を創り、Iターンを増やし、
地域のお役に立つこと。
その手始めとして、
都市住民の自給へのニーズに応えるため、
“ マイ田んぼ ” や “ マイ畑 ” を斡旋提供し、
冬水田んぼ(冬期湛水不耕起栽培)の米作などに取り組んできました。






posted by 花井英男 at 16:49| 教育

2020年05月24日

記憶と向き合うー作家・柳美里と福島の高校生

目撃 !にっぽん「記憶と向き合うー作家・柳美里と福島の高校生」

2020年5月24日 NHK BS1 8:00pm


BS番組を見ていて、この番組を見てしまった。最後まで見ていて、涙が出てきた。

番組内容


福島第1原発から、30キロ。3年前に開校した、福島県立ふたば未来高校の演劇部が、9月17日、新作を上演した。脚本と演出は、柳美里さん。

舞台づくりのもとにしたのは、生徒たちの震災当時の記憶。故郷の思い出。災害の時の生徒達のとるに足らないと思い、語ってこなかった個人的な記憶を、柳美里さんと皆の前で、話すことによって引き出し、一人一人の思い出のモノローグからなる演劇作品を作ることになった。

福島の遠い問題が、自分と関係のないと思っていたこと、知らないとおもっていたこと、懸命に生きる子供たちの思いに感動した。

柳美里の活躍


柳美里の福島での活躍は、新設高校の校歌を作成したエピソードをこのブログで紹介した。

柳美里は、27年南相馬市へ移住した。福島の人の思いを受け止めるには、移住しかないと思ったという。

30年4月自宅を改装し、書店を開店した。演劇活動はその店頭から始まった。書店を訪れたふたば未来学園(福島県広場町)の演劇部員が、柳美里に「一度けいこを見てください」と依頼したことから始まった。


同校を訪れ、この子らと戯曲ができると、自ら上演を申し入れた。震災当時、小学2~4年生だった演劇部員、一人一人から、丁寧に話を聞き、セリフを作っていった。内に秘めた記憶がよみがえり泣き出す子もいた。彼らしか語れない言葉を水路として演劇が必要であると思ったと、柳美里は語る。




posted by 花井英男 at 21:54| 文学・芸術

ゲーム依存は大丈夫?

2020年5月23日(土)
NHKクローズアップ現代
「外出自粛の陰で…ゲーム依存は大丈夫?」


出演者
樋口進さん (国立病院機構久里浜医療センター 院長)
高橋利幸さん (ゲームプレゼンター)
武田真一 (キャスター) 、 栗原望 (アナウンサー)


23日の夕方に、クローズアップ現代の再放送を少し見た。

短い時間だったが、見るだけの価値のある番組だった。青少年たちが、ゲーム障害に陥っている現状が伝えられた。ゲーム依存になった子供を抱えた親はどうしたらいいか。クラフト(CRAFT)という技法による方法があった。

ゲーム障害の定義

栗原アナウンサーは次のように言う
:「去年、実はWHOが「ゲーム障害」を治療が必要な疾患と定めているんですね。
「ゲームの使用をコントロールできない」、
「生活の関心事や日常生活より、ゲームを優先する」、
「問題が起きてもゲームを続ける」など、こうした状況が12か月間以上続くことを「ゲーム障害」と定義しているんです。


WHO策定  ゲーム障害の定義は、
●ゲームの使用をコントロールできない
●生活の関心事や日常生活より、ゲームを優先する
●問題が起きてもゲームを続ける
●ゲームによって、日常生活のさまざまな分野で明確な問題が生じる
上記が12か月以上続く


 樋口進さん(国立病院機構久里浜医療センター 院長)によれば、
「最初の3つが依存行動ですね。一番最後、「ゲームによって、日常生活のさまざまな分野で明確な問題が生じる」、ゲーム過剰使用と。依存とどこが違うんだというと、一番最後の4番目の項目が明確にあるかどうかということがキーポイントになると思います。 」


ゲーム業界の主な取り組みは
●年齢制限による自主規制
●ペアレタルコントロールの実施
●さまざまなガイドラインの作成と運用
●その他普及・啓発・調査活動

このような規制はあるものの、現実には、どんなことが起きているか。
樋口さんは、次のように言う。


時間については、やっぱりある程度の目安が必要なんじゃないかというふうな感じはいたします。「平日のゲーム時間と生じる問題」の中の、ここでは学業成績とか仕事の能率が落ちたということについて回答していますけど、


1時間未満が5%で、1時間以上になってくると10%を超えまして、時間とともにだんだん伸びていって、6時間以上だともう30%ぐらいになっています。

このような問題は、ほかにも同じような傾向が見られまして、朝起きられないとか、遅刻が増えるとか、学校に行けなくなってしまうとか、親子の間でゲームを巡っていさかいが絶えなくなってきて、お父さんやお母さんに殴られたりですね。


ゲームへの依存から、どう脱却すればいいのか。依存の背景にある問題に目を向けて、周囲の支えによってそれを克服しようという現場も取材した、キャスターの武田さんは次のように言う。

「ゲーム依存 抜け出すには
依存症に苦しむ本人ではなく、家族の側に働きかける取り組みが、いま成果を上げています。」


ゲーム依存に悩む170組以上の家族の相談に乗ってきた、八木眞佐彦さん(精神保健福祉士)は次のように言う。

「八木さんは、家族が無意識のうちに使っている否定的なことばを、肯定的なものに変えて関係の修復をはかる「CRAFT(クラフト)」というプログラムを実践しています。」


CRAFT(クラフト)とは、「否定的な言葉を、肯定的な言葉に変え関係の修復をはかるプログラム」だと紹介しています。

ある母親の経験を紹介しています。
この母親は、息子がゲーム依存とひきこもりになり、1年半もの間悩み続けてきました。
母親
「本当に長い暗いトンネルの中に入ったような状態で、家族全員が落ち込んだ、本当に暗い気分でいたんですけれども。」
両親は「頑張ってほしい」と伝えることが息子にプラスになるのではと考え、部屋の前に千羽鶴と長文の手紙を置きました。

母親
「自分ができることとして、折り鶴を折ろうって決めて折っていた。」
しかし翌日、千羽鶴は息子に燃やされていました。


「千羽鶴を置いたことは『ゲーム依存をしている君は病的だよ』というメッセージに伝わってしまった可能性があるんですね。」
八木さんは、手紙をやめ、小さな付箋にひと言だけ感謝のことばを添えるようアドバイスしました。


母親
「食器を片づけてくれたら『片づけてくれてありがとうね』って、本当に当たり前のこと。ありのままを主人と私が受け止めているよということが息子に伝わるように。今のままで何ひとつ責めてないよっていうところを意識して。」

すると、家庭の雰囲気が少しずつ穏やかになっていったといいます。

精神保健福祉士 八木眞佐彦さんは言う。
「(息子の)自己否定感が高まっている可能性が高いところ、プレッシャーにならないポジティブなメッセージを付箋に書くことで、理解している雰囲気が伝わった。息子さんのつらさは徐々に緩和していったのかな。」


去年、息子は突然部屋を出てきて、思いを話し始めました。今は外出もできるようになり、ゲームもしていないと言います。
母親
「ただゲームをしているのではなく、心につらい悩みがあることを親が少しずつ気付いていかなければいけない。家族が理解してあげて、環境作りをすることがすごく大切だなと。」


ゲーム依存から抜け出すには、家族が理解してあげて、環境づくりをすることがすごく大切だ。

ここまでで、番組の紹介は終わります。

後略。

番組の感想



CRAFTの紹介をした、素晴らしい番組だと思います。保護者への、また、支援者である心理職、精神保健福祉士、関係者へのすばらしい贈り物だと思います。

解説:「クラフト」とは、CRAFT:Community Reinforcement and Family Trainingの頭文字、C.R.A.F.T.です。
社会的引きこもり、発達障害児、依存症などの保護者支援に適用されます。

スミス&メイヤーズ  境東洋・原井宏明・杉山雅彦(監訳)2012 CRAFT依存症患者への治療動機づけー
家族と治療者のためのプログラムとマニュアルー  金剛出版 があります。

境東洋先生の著作にクラフトについて、具体的に解説がなされています。

「地域における引きこもり支援ガイドブック」  境東洋 編著 金剛出版  




posted by 花井英男 at 10:46| 認知行動療法