2020年01月31日

「赤毛のアン」初の全文訳 松本侑子さん 作家・翻訳家

「赤毛のアン」初の全文訳 松本侑子さん 作家・翻訳家


新聞赤旗日曜版(2020年2月2日)で、上の見出しをよんで、思わず、一気に読んでしまった。朝食を終えて一服しているときだった。

「知的な大人の文学 ケルト民族、キリスト教、戦争」という見出しが出ていた。また、「村岡花子版は抄訳だった」という見出しも出ていた。

村岡花子訳を読んだ読者の持つ素晴らしい読後の感想は、国語の女性の先生、親類の女性からも、聞いたことがある。私は、村岡花子訳を読んだこともない。

この記事によると、松本侑子さんも中学時代から村岡花子訳の古風な美しい「アン」を愛読してきたという。松本侑子さんは、新訳を頼まれたとき、「村岡花子先生の名訳がございます」と辞退したという。

しかし原書を読んで、大幅な省略と改変があることを初めて知った、という。昔の翻訳は長い西洋文学の面白いところをつなぐ省略と西洋の品々を日本的なものに変える改編が一般的だったのだ、という。

これは昔の日本人読者には必要な改編だった、と松本はいう。しかし、今は全文訳が必要だ。そこで原書に忠実な初の全文訳をさせていただくことになった、という。

そもそも、松本侑子とはどんな人物だろうと思った。ウィキペデアを見ると、英文科出身ではない。すごい人だ。

松本によれば、詩句の引用では、ブラウニングの詩に始まり、シェイクスピアの「ハムレット、「ジュリアスシーザー」、バイロンやワーズワースの詩など英文学と聖書の句が100か所登場する、という。

さらに、次々と記事を読んでいくと、興味をそそる記事がいっぱいだ。カナダは、移民からなる多民族国家で、スコットランド、イングランド、アイルランドの歴史を持つこと、ケルト族のこと、アーサー王伝説などが出てくる。

「アン」を書いたとき、モンゴメリーは、牧師と婚約中で、キリスト教文学でもある、という。聖書の言葉や、聖杯探索も出てくる、という。当時のカナダの政治状況も出てくる。「アン」は児童文学でも少女小説でもない、という。

シリーズ全8巻は、「アンの女の人生と、カナダ社会の変化を描いた大河小説だ」、という。第8巻では、カナダは第1次大戦に突入、50代になったアンの息子3人は、欧州の戦場に出征、一人は戦死する。イギリス政府の戦時スローガンも出てくる戦争文学だ、という。

松本は、「アンの青春」、「アンの愛情」、「風柳荘のアン」まで訳し、各巻に作中の英文学、民族とケルト、キリスト教、政治、衣食住を解説する訳注を300以上つけた、と述べる。
松本侑子は、「日本初の全文訳で心豊かな文学「赤毛のアン」をお楽しみいただきたい」、と記している。

この記事を読んで、私の興味関心と同じ方向であると思った。楽しみができた。

いつかゆっくり読みたい。

赤毛のアン (集英社文庫)
ルーシー・モード・モンゴメリ (著), 松本 侑子 (翻訳)

アンの青春 (文春文庫)
L.M. モンゴメリ (著), 松本 侑子 (翻訳)

アンの愛情 (文春文庫)
L.M. モンゴメリ (著), 松本 侑子 (翻訳)

風柳荘のアン (文春文庫)
L.M. モンゴメリ (著), 松本 侑子 (翻訳)










posted by 花井英男 at 10:31| 文学・芸術

2020年01月26日

堀尾一郎のイコン 「ビザンチン・ヘレニズム・トルコの旅」展


堀尾一郎のイコン

「ビザンチン・ヘレニズム・トルコの旅」展

2020年1月21日(火)−1月26日(日)

電気文化会館

5階 ギャラリー西

地下鉄「伏見」駅

作品展 鑑賞


1月26日(日)堀尾先生の個展の最終日、出かけた。
久しぶりにお会いし、お元気で、ニコニコして出迎えていただいた。私が一宮工業高校にスクールカウンセラーとして勤務し始めてから、親しくお付き合いをいただいている。

当時、先生は美術科教員、教育相談担当者であった。ずっと長く、二科会評議員として活躍されている。ペンクラブ会員として、遠藤周作氏とも親交があった。時々、新聞にエッセイを書いている。
先生の絵にほれ込んで、親しくお付き合いをしている。

先生は75歳になられた。益々、明るく、エネルギッシュになられた。

まず先に、絵を見させてくださいと、お願いし、広いギャラリーを一周してみた。作品の題名にも、絵にも明るさ、希望にあふれている絵画作品だ。気分がこちらまで明るく、希望にあふれた状態になる。幸せな気分になった。来てよかった。

「ビザンチンという言葉はどういう意味ですか」と尋ねた。ちょうど、家康が、江戸幕府を東京に移したが、昔は、田舎の江戸村だった。ビザンチンは、東ローマ帝国の首都。コンスタチヌスがここに遷都した。現在のイスタンブール。ゲルマン民族とローマ民族が混合するまえのもの。という説明だ。キリスト教で言えば、ギリシャ正教である。そのイコンと出会った。

先生は、1981年コンスタンチノープルへの旅で、ギリシャ・イコンに出会って以来、38年イコンを描き続けている、という。2019年6月〜7月にかけて、ビザンチン・ヘレニズム・トルコの旅に出かけた。

古代ヒッタイト、古代エジプト、ヘレニズム、ビザンチンの神殿や遺跡をスケッチして歩いた。この感動を油彩、水彩、パステル・ガラス絵に表現した。

家内から、「絵は買っていかんよ」とくぎを刺されて出てきた。本当に欲しくなる絵ばかりだ。いつまでもいると、欲しくなるから、さっさと帰ることにしている。
先生の作品は買えなくても、せめて、作品の題名くらいは記録させてくださいとお願いし、手帳に書いて帰った。

先生と少し話をすることができた。「絵が明るくなっていますね」と印象を述べると、率直にそうだと言われた。「在職中、教育相談の仕事をしていた時は、貧困、政治などのことを考えて考え込んでしまった。」と正直に話された。こんなに率直に話されたことはない。

「沢山のお祝いの花をもらった。枯れてしまうから、絵にかいた。」と言われた、」花の絵が多い。

「今は、もう政治のことなど考えない。すっきりした」と。そんな気持ちなのかと思う。東日本大震災のことをテーマに絵をかいておられた。先生は人の気持ちを大切にされる方だ。

先生は、中日文化センター(地下鉄、「栄」駅)で、「はじめての油彩画・水彩画」第2・4日曜日の講師もされている。

また、堀尾一郎の芸術サロン講座を(地下鉄「池下」駅)のアートクラブ「カルチェラタン」で行っている。私は、講義を聞きに行きたいが、都合で今はいけないのが残念だ。

絵画作品の題名を書きます。


トロイの木馬
アネモネの花


希望
コンスタンチノープルの朝


ひまわりの詩
ゴルディオンへの道


明日に向かって
トルコの夢


薔薇の夢
輝きの花


トルコブルーのモスク
輝く花々


トルコアキソフィア
ビザンチン命の樹


花のイスタンブール
情熱の椿


カッパドキアの朝
イスタンブールの春
青い薔薇


青春の花
初恋のカッパドキア


椿
コスモスの輝き
トルコの旅


アネモネと青い薔薇
花の聖母子


アネモネ
生命の花


愛の聖母子
コスモスの花


花のカッパドキア
青春の椿


つばき一輪
カッパドキアの気球


紅椿
赤い薔薇・青い薔薇


ボタンの朝
ヘレニズムとトルコの夢


イスタンブール・ブルーモスク
喜び


青春の薔薇
トルコの平原


生命の花
イスタンブールの椿


カッパドキアの春
カッパドキア・オルタサール


ビザンチンの風
アヤソフィアの花


花とブルーモスク
復活の花


青い薔薇
ビザンチンの騎士


希望
明日に向かって


ビザンチンの聖母子
花の聖母子


復活の祈り
復活の漁師


ビザンチンの十二支
ビザンチンの聖母子と聖者


ビザンチンの楽園
アヤンソフィアの聖母子


ビザンチン生命の華
ビザンチンの磔刑


ビザンチンの聖母子
ビザンチンの生命の樹


ビザンチンの聖母子と天使
箱舟の伝説


ネルムト・カタルーニア湖
ゴルディオン王のピラミッド


幸福の花
ゴルディオへの道


ヘレニズム・生命の樹
トルコ・イスタンブール


ビザンチンの聖者
アンカラの町


生命の花
ネルムトの遺跡













posted by 花井英男 at 19:51| 文学・芸術