2019年04月27日

日本精神神経学会学術総会が新潟の朱鷺メッセで開催

第115回日本精神神経学会学術総会

2019年6月に新潟の朱鷺(とき)メッセで開催されます。


USPT研究会の理事、

小栗康平先生(USPT統合法の開発者)が症例発表をされます。


USPT研究会の理事長の

新谷宏伸先生(埼玉県 本庄児玉病院 )が、

下記の様に、2つのシンポジュームを開催されます。


一つのシンポジュームでは、

憑依人格という、一般人にとって理解しがたい、「死霊」、「生霊」の憑依人格を扱うことになります。

スピリチュアルな事柄です。


2つのシンポジュームのシンポジストの中に、

ブレインスポッティングの鈴木孝信先生、認知行動療法・スキーマ療法の伊藤絵美先生、

行動療法の西川公平先生、ホログラフィートークの嶺輝子先生などが参加しています。

幅広く、USPT統合法が、他の心理療法と一緒に、話題になることは、すばらしいと思います。

盛会を祈ります。


小栗康平先生(東京・早稲田通りクリニック)が、



「憑依障害を伴った解離性同一性障害の1例」という演題で、発表されます。

2019年6月20日(木)13:50〜14:50

会場:朱鷺メッセ 4階 国際会議室・M会場


2つのシンポジュームは下記の通りです。


2019年6月20日(木)10:40-12:40

【シンポジウム18】 ICD-11に収載された複雑性PTSDの理解と治療ートラウマケア技法の実際

K会場 (朱鷺メッセ 3F  小会議室303+304)

[コーディネーター] 新谷 宏伸、黒木 俊秀、松本 俊彦

[座長]松本 俊彦、新谷 宏伸

[シンポジスト] 嶺 輝子(ホログラフィートーク)、新谷 宏伸(USPT)、

伊藤 絵美(スキーマ療法)、鈴木 孝信(ブレインスポッティング)

[指定発言者] 植村 太郎
-----------------------


2019年6月22日(土)13:30-15:30

【シンポジウム85】 憑依再考ーDSM-5時代の精神医療と霊のナラティブ

B会場 (朱鷺メッセ 1F  展示ホールA 1/2)

[コーディネーター] 新谷 宏伸、宮岡 等

[座長] 宮岡 等、黒木 俊秀

[シンポジスト] 蒲生裕司、新谷 宏伸、西川 公平、東畑 開人

[指定発言者] 大宮司 信

(以上、敬称略)



posted by 花井英男 at 07:59| 研修

2019年04月22日

共感することは 『学べる』

共感することは
『学べる』

臨床における共感

共感力を伸ばす知識と訓練
〜共感の最新研究より〜


講師:鈴木孝信先生

アダムズ州立大学大学院
国際BSPトレーナー


日時:2019年4 月21日(日)10時〜4時半

場所:名古屋都市センター  14階 会議室

JR・地下鉄・名鉄 「金山」駅




鈴木孝信先生は、ブレンスポッティングばかりでなく、臨床心理学の最新の共感の研究に取り組んでいた。

21枚のレジメをもとに、午前中の講義のあと、午後は、テーマに基づく話し合い、実習を取り入れた内容であった。

鈴木先生は、「共感」(Empathy)という点に焦点をあてた。
カール・ロジャーズのカウンセラーの態度、「無条件の肯定的関心」、「共感的理解」、「自己一致」の中の、「共感」である。

改めて、共感についての最新の研究のいくつかを紹介したものである。
共感について、脳科学の分野からアプローチした研究の成果、おそらく、共感の中身を因子分析をした内容の紹介だと推測した。


コロラド州の大学で授業をされるようだ。アメリカの大学と大学院出身であるという強みを持っている。
昼休みの間に、久しぶりにお話が出来た。レジメの内容について、疑問点を率直に話し、疑問は溶けた。


コロラド州で、今度、ブレンスポッティングの世界大会が開かれるという。行きませんかと誘われたが、とても行けるようなエネルギーはない。


鈴木先生は、当日東京から来たのではなく、前日から来られた。
お元気で何よりだ。西田先生がサポーターでお手伝いをされた。西田先生には昼休みに挨拶をした。


今回の講演は、ブレンスポッティングの内容ではない。32名の人が、京都、三重、名古屋などから参加した。


ズームという、オンラインによる、ネット参加の方たちもいた。
私の隣は、三重からの医師であった、後ろの方は、三重からの臨床心理士であった。久しぶりにお会いした方がいた。EMDRを学んでおられると聞いた。
和やかな雰囲気で、活発に行われた。

        昼休みの街づくりコーナーの見学

名古屋都市センターに久しぶりに入った。昼休みに、11階の「街づくり」の展示室の見学をした。喫茶店と広い展示コーナーがあった。
展示コーナーには、縄文時代から、現代に至るまでの、名古屋の移り変わりを展示していた。

面白いと思ったのは、名古屋の平凡な良い所の風景の写真が沢山出ていたこと。名古屋にこんなところがあるのかと、再発見した。

中川運河などをいくつか紹介したビデオもよかった。改めて、名古屋を再発見した。親子連れなどの参加者が来ていた。



posted by 花井英男 at 15:00| 研修

2019年04月16日

地方国立大学への運営交付金

地方国立大学の資金の落ち込みについて



4月15日の参議院決算委員会で、共産党の田村智子議員が、学術研究予算の「選択と集中」が、大学など研究機関を疲弊させ、研究力を低下させていることを示し、「政策の方向性が間違っている」とただしました。

私は、十数年前に、臨床心理士養成大学院の受験のために、
愛知教育大学の心理学分野の先生方の共同著書、学生向きのテキストを
古本屋で購入し、勉強しました。
十数人の先生方が、得意分野の分担執筆した本でした。


その著者の一人である、T先生(愛知教育大学名誉教授)と、中日文化センターの「英詩を読む」の講座で、
一緒に今勉強しております。講座で知り合いになり、お茶しているときに、

そのテキストにお世話になったことを話し、
「心理学の分野に、沢山のスタッフがおりますねえ」と話しました。


T先生は、嘆いて言いました。「十数人いた心理学のスタッフが、今は、半分に削られてしまった。よその大学から、非常勤の先生に来てもらっている」ということです。これを聞いて、驚きました。学生数は変わらないのに、無茶苦茶だ。

これは、自民党の文教政策の欠陥です。


 安倍内閣の文教政策のために、特定分野への集中的な予算配分や国立大学等への運営費交付金の傾斜配分で、学術研究予算の選択と集中を一層加速させてきました。


 田村議員は、論文数の国際比較では、主要国で日本だけが停滞・減少、とりわけ国立大学の論文数が減少していることを指摘しました。


「国際的に見た、研究力の低下は明らかだ」と追及した。

内閣府の平井卓也担当相は、「日本の研究力が相対的に低下していることに
危機感をもっている」と認めました。



さらに、田村議員は、「選択と集中によって地方国立大学の資金が落ち込み、
教育・研究を維持する限界点を超えている」
と指摘しました。


国策にかなう研究プロジェクトに予算を集中投下することが、若手研究者の自由な研究を阻害している」と指摘し、「基盤的経費である運営交付金が増えなければ、安定的なポストは増えない」と強調しました。


柴山昌彦文相は、「運営交付金が減ってきたことで特に地方国立大学が経営の危機にひんしている。
指摘を踏まえ、財務当局に運営費交付金の更なる確保を働きかけたい」と述べました。


安倍政治の監視をして、正常な方向に持っていく必要があります。軍事予算ばかり増やしていく必要があるのでしょうか?未来の国民を育成し、大事にする、教育予算を充実してほしいと思います。



posted by 花井英男 at 10:12| 政治