2018年09月30日

音の祭前線  町の音楽教室発表会

音 の
祭 前 線
― SAI ZEN SEN −


日時:  2018.9.29(土) 2:30〜4:30
場所: 新栄 HEARTLAND
            
 雲竜ビル  地下
          
 地下鉄 新栄2番出口

主催:
 
Imanjy Music

Mizuo Guitar School

荒木ドラム研究所
             


3教室合同 発表会&ライブ イベント


会場に入ってすぐに、イマンジーミュージックのイマンジー先生から挨拶を受けて、いつも息子が世話になっていることにお礼を申し上げた。続いて共同主催者の水野ギタースクールの水野先生の挨拶を頂き恐縮した。


イマンジー先生も水野先生も見るからに気持ちの良い、気さくな方だ。出場者を丁寧に紹介し、緊張しない様に、会場の人たちに、出演者に微笑みを送って下さいと言って、発表会の雰囲気を和ませていた。


特に、出演者の語りかけ、緊張をほぐすようにトークをしていた。
会場の参加者に、「舞台の発表者が緊張しているから、皆さん!微笑みを送ってやって下さい。」と何度も話しかけるところすばらしかった。

こういう先生たちに習っているんだという安心感、信頼感がわいてきた。

若い音楽愛好者をこうやって育てているんだということを知った。町の音楽教室にこんなすばらしい先生たちがいるんだという思いだ。

「生徒」「講師」「ミュージシャン」の垣根を越えて、みんなで作りあげる発表会という気持ちで、一生懸命で作り上げている。
こういう発表会が成長していってほしい。


私は、高校で、芸術選択は、間違えて、音楽をとった。音楽の授業は、つらかった。コーリューブンゲンを蚊の鳴くような声で、自信なく、声をだしていた。

カラオケは苦手で全く行かない。
しかし、合唱の発表会を聞くのは大好きだ。

若い人が歌うことや演奏に熱中しているのはうらやましい。

あいにくの雨だ。こんな天気の悪い中、参加者は来るだろうかと思った。
会場に着くと、孫が発表するので来たという婦人に出会った。
狭い会場に、一杯入った。100人以上が入っている。


初めて参加した。会場に来る人は、息子が出るから、親類の子が出るから、娘が出るからという理由で、母親、父親、祖母、祖父、兄弟姉妹等の家族友人が参加しているようだ。


会場はそんな雰囲気で、携帯やカメラで様子をカメラに収めておこうという人たちが沢山いた。

8人の出場者の前後に、3教室の講師バンドの発表、トークなどをまじえていた。

出演者の気分は、プロ並みの気分の意気込みのように思えた。
発表者は、音楽が好きな人ばかりだと思う。


3種類のフルートを吹いて発表する女性に好感を持った。フルートがやれたいいなあとうらやましい。


キラキラ星をギター演奏する小学生の女の子もすばらしかった。

お母さんがギター演奏し、中学生のお兄ちゃんがギター演奏、弟がドラム演奏をする親子演奏もほほえましかった。

ボーカル発表で、伸び伸びと歌っている女性。さぞ気持ちがいいだろうと思った。

「アーイ、アーイ、お猿さんだよー」をみんなで合唱した。会場の雰囲気が和らいだ。その後、かわいいお猿さんのぬいぐるみを着て出てきてトークをした。私のような人間はこういう雰囲気が好きだ。


このような発表会がこれからも成長して、発展してどんどんもっと大きなコンサートになって行ってほしい!!!




posted by 花井英男 at 20:58| 文学・芸術

2018年09月27日

中日ビルさようなら!懇親会

T.S.エリオットの詩を読む
―20世紀モダニズム研究―
Part V(7月〜9月)


講師:岩崎宗治 名古屋大学名誉教授 文学博士
開講日:第2・4木曜日 13:30〜15:00



テキスト
 T.S.エリオット 『四つの四重奏』 岩崎宗治訳(岩波文庫)2011
または、
T.S.エリオット 『四つの四重奏』 岩崎宗治訳 (国文社)2,009
T.S.Eliot  Four Quartets (London  Faber and Faber 1944,2001)

中日文化センター
2018年9月27日(木)

Four Quartets 「四重奏」を読む

THE DRY SALVAGES V〜X

ドライサルベイジイズ V〜X


中日ビル さよならパーティ・懇親会


今日は講座の後、「エリオットの詩を読む」講座の受講生の親睦会、「中日ビルさよならパーティ」が、中日パレス(5階)で親睦会が開かれた。コーヒーとケーイのパーティ。


いよいよ、中日ビルでの講座は、今日が最後になった。
52年間の中日ビルは来年1月で閉館になる。講座は、今日が最後になった。
来月からは、現在の中日ビルから、
南に歩いて、5つ目位の久屋中日ビルで講座は開かれる。


日頃、話していないメンバーと聞きたいことを聞いたり、大いに楽しめた。

Tさんから、もうすぐ、フランスのワインで有名な地域に行くことを聞いた。
夫婦で旅行を楽しんでいる。
彼は、脊椎官狭窄症の本を5冊くらい読み、養生をしている。
彼の病気は、軽いほうに思われる。彼は、温泉とかプールがこの病気にいということで養生している。


深刻な痛さに悩む人もいるのに、プールや、温泉につかるのがいいと教えてくれた。
彼の話は大いに参考になった。

Sさんから、岩崎先生の中日文化センターでの講座の起源を聞くことが出来た。
岩崎宗治先生の英文学の作品を読む講座は、2005年から始まった。13年間続いている。
最初の頃の様子を初めて聞いた。出だしは大変だったようだ。
中日文化センターが岩崎先生に講座を依頼することから始まった。

最初の頃は、シェイクスピア文学の図像学(イコン)から始まった。3か月で参加者から不評で参加者がいなくなったという。最初の頃は、大変だった。
次に、シェイクスピアの翻訳を読んだ。
それから英語でシェイクスピアや詩の作品を読むようになった。


文化センターの講座で、
今でも、講座は、数人しか集まらなくて、講座が成立しないことがよくあるという。

最低、10人は参加者がいれば、成立するという。
「エリオットの詩を読む」は難解な詩を読む講座だ。それでも20余名の参加者が欠席しない。むしろ増えるほうだ。上出来のほうだ。


私は、予習をしている時は、難しくて分からないことが多い。しかし、岩崎先生が翻訳し、解説していくと、分かったような気持ちになるから不思議だ。この発言を私の横で聞いていた、岩崎先生が、「それでいいよ」と言ってくれた。

結局、エリオットの詩は難しいという人もいる。そうかもしれない。

一方、岩崎先生の学識、人柄に惚れている人も多いのではないか。私は先生の人柄と学識に惚れている。
解説はなるほどと思いながらいつも聞いている。
毎回出る、解説のハンドアウトはいつも楽しみだ。


今日の親睦会では、先生のプライベイトな話・英文学者として出発点の頃のことを初めて聞いた。
そもそも、エリオットの「四つの四重奏」は、先生が、研究者として、学者の世界にデビュウするきっかけになった作品であると言われた。


29歳の時、翻訳し、論文を書いてのがきっかけであった。
その論文発表・学会発表が評価されて、認められて英文学会の研究者の生活が始まった。
岩波文庫で「四つの四重奏」の翻訳を出版された。岩波文庫から他にも沢山翻訳を出された。

ちょうど、先生が新進気鋭の学者として出発し始めた時、岩崎先生が、30歳前後の頃、私は、愛知学芸大学(現愛知教育大学)の3,4年生であった。リチャーズの作品(英米批評文学)の購読等の授業を受けた。当時、毎回、先生の授業が楽しみであった。その頃から、同級生同士で先生を尊敬していた。

卒業してから、友人と岡崎の先生の自宅へ、ケーキを持って訪れたことがあった。奥さんから、ケーキが箱の中で踊って、壊れていると言われた。


先生は、シェイクスピア研究、英米詩研究、英米批評文学の論文を出している実績を買われた。方々の大学から、招かれ、集中講義に招かれた。

現在では、シェイクスピア研究、英詩研究、批評文学をする学者が少ないという。


今日は、中日文化センターの岩崎先生の講座の、13年間の歴史を知った。
ようやく慣れ親しんだ中日ビルにお別れだ。
中日ビル! これまで有難う!

あるとき、大江健三郎のエピソードを話された。

大江健三郎のエリオットの詩の解釈について、異論を持ち、手紙を大江健三郎と、ノーベル賞受賞時の大江の英語のスピーチの支援者である方の、両方に、エリオットの詩の解釈についての考えの手紙を書いたが、大江から返信が来ないと言うエピソードだ。
「小説家として大江に対して尊敬の念を抱いている」「人の手紙にちゃんと返事を出さないのは失礼だ」というのが岩崎先生の言い分だ。

岩崎先生は言う。「私の意見・考えだけが正しいととは思っていない。」「返事位は出すべきだ」という風に岩崎先生は述べる。大江健三郎はそうなのか!とがっかりした。

日本で、トップクラスの的な英文学者である、岩崎先生の学識に対して失礼だと思う。


久屋中日ビルで、岩崎先生の講座はこれからも続く。来年は、シェイクスピアの作品になるそうだ!
私たちにとって、先生の存在は大きい。いつまでも健康で、講義を続けてほしい。















posted by 花井英男 at 20:37| 文学・芸術