2018年06月22日

ニシムラマホさんの絵画展

ニシムラ マホさんの絵画展

Maho Nishimura
Live&Installation Exhibition

Inside Out
サミュエルベケット しあわせな日々より

Gallery White Cube

Nagoya Japan

2018年6月21日(木)〜7月21日13:00〜19:00
休廊6月25日(月)・26日(火)・27日(水)最終日17:00まで

Special LIVE 6月23日(土)OPEN15:00 START15:30

地下鉄 丸の内



ニシムラマホさんの絵が好きだ。抽象画だけど、私のような絵のことが分からない者にとっても、何か、感性に訴えるものがある。

見ていて何かを感じる。抽象画でも何も感動しない時もある。ニシムラさんの絵は、必ず何かを訴えるものがある。

今回は、地下鉄丸の内の駅から近い小さな画廊で展覧会を開いた。ちゃんとしたビルだ。ビルの急な階段を上って会場についた。

一度、南区での展覧会は、廃屋になったボロボロの家で行われた。正直言って驚いた。その展覧会場を探すのに苦労した。ようやくたどり着いた。そういう会場だった。

どん底の中で私は生きているのだと訴えるような感じがする。ニシムラさんは、若い女性だ。すがすがしい感じのする常識的な女性だ。

そこで展示されている作品はすばらしかった。テレビや新聞で紹介される華々しい展覧会ではない。デパートの画廊で、お祝いの花の贈り物いっぱい飾り付けた展覧会ではない。細々と、名古屋の片隅の画廊での展覧会だ。

確実に作品を創作している。

今回、ポストカードの作品、150円で買った。
その作品から感じるのは、色調は、全体に明るい、生命力を感じる、癒しがある、力を与えてくれる、見ていて楽しい、落ち着いている。安心出来る。安らぎ、安心感がある。生命力を与えてくれる。決して裏切らないものがある。

色色な作品があった。墨絵のような、真っ黒なペン画による絵もよかった。これは印象的であった。これからどうなるか、どんな作品になっていくか注目したい。

色は、空を著していると思われる薄い青色、青色はいろいろグラデーションがある、色々な緑色、黄緑色もある。川のような風景がある。牧場なような風景がある。草、木、植物のつるのようなもの。
水平線を著していると思われる線、形と言えば、ちいさい丸、丸い橙色、つるのような幹、緑の固まり、全体的に丸い形が多い。小さな画面の中にいっぱいつまっている。心地よい感じだ。

作品の値段は安い。一番大きな作品の値段を聞いた。4〜5万ですかと聞いたら、3.5万円だという。
庶民の手の届く値段だ。


こんな値段の絵で食っていけるのかと思う。力強く生きている人だ。これからも作品を作り続けてほしい。
訪れた私たちに対応してくれた。私は率直な感想を述べた。「素晴らしい作品ばかりですね。」というのが私の気持であった。元気に活躍をして頂きたい。





posted by 花井英男 at 07:56| 文学・芸術