2018年05月04日

白鳥庭園の青空演奏会

2018年5月3日(木・祝) 9:30〜12:00

白鳥庭園の青空コンサート

場所:白鳥庭園(名古屋市熱田区)

芝生の上にステージが作られていた。
若い女性の司会者がステージに立って、出演者の紹介をした。

無料。 熱田区の「宮の渡し」で催しものをしている太鼓のサークル。

堀川太鼓を普及する会が、活動状況を知らせるのチラシを配っていた。

2018年第24回

みんなで楽しく堀川太鼓をたたこう

主催:堀川太鼓を普及する会



熱ッコの太鼓演奏。太鼓サークル熱ッコ。熱田区を中心に活動しているようだ。
小学4年生から大人の人たち、老若男女すべての人たちによる、笛と太鼓の演奏を聞いた。
演技を含む素晴らしいものだった。

この後、皆さんに、太鼓を自由にバチを持って叩いてもらいましょうと言う時間。皆さんが初めてばちを持って太鼓をたたいて楽しんでいた。その光景がそれぞれで大変面白かった。小さなお子さんを連れたお母さんが一緒に太鼓をたたいていた。男の人が楽しそうに太鼓をたたいていた。小学生も楽しんでいた。

その後、指導者の指揮に従って、色々な叩き方を練習した。上手に初心者をリードしていた。

最後に、指揮者に従い、大きな音を出したり、小さな音を出したりした。
最後に、複雑な叩き方をして、初心者がそろって演奏をした。

皆さん、充実感を持っていた。会場には、テントが張られ、椅子が用意されていた。演奏が終わるごとに、皆さんが拍手をした。立ち見の人たちもいた。


太鼓演奏の後は、素晴らしい歌声とピアノ演奏。これも無料。

プログラムを皆さんに配った。

次の通り。曲目の選び方が気に入った。


“おしゃべりピアニストひらめ”の心の唄

〜今、伝えたい歌たち〜

1999年からの共演は今回で33回目。

ピアノ・うた おしゃべりピアニスト ひらめ(平松 八江子)

(県立知立高校講師・名古屋音楽学校講師・愛知教育大学卒)

うた・バリトン 友森 美文

(名古屋市立向陽高校教諭・愛知教育大学卒)



てるてる坊主   ひらめ(平松八江子さん)の歌

NHK大河ドラマ『西郷どん』メインテーマ  ヒラメによるピアノ演奏


友森美文さんの歌  ひらめのピアノ伴奏

    5月のバラ  
    
    ロマンチストの豚   
    
    さとうきび畑   


  ひらめの歌  友森のピアノ伴奏伴奏

   あなたの心に   
   
   悲しくてやりきれない   


歌い手が、一つ一つの歌の作詞者、作曲者の紹介をしながら、歌っていく。
どんな気持ちが込められているかを解説していく。
演奏や歌が終わるごとに皆さん、大きな拍手をした。無料でこんな素晴らしい歌声が聞けるのはすばらしい。

この二人による、ピアノ演奏と、ひらめの歌、と、友森さんのバリトンの歌声はすばらしかった。
バリトンの歌声には、涙があふれ出てきた。感動的な歌声だった。
ひらめの「かなしくてやりきれない」の歌も心にしみた。

歌を最後まで聞きたかった。プログラムの最後まで参加できなかったのは残念だ。
まだまだ続いたが、ここで私たちは退場した。
国際会議場の憲法記念日の講演会に行った。


偶然、この日は、家内と、国際会議場から、白鳥庭園に散歩をした。熱田神宮公園という広大な公園が、白鳥庭園と名古屋国際会議場の間にある。大きな壁画もある。緑もある。素晴らしい公園だ。

白鳥公園の入り口近くの東屋で家内と池を見ながら、新緑を楽しんでいたら、太鼓をたたく音が突然聞こえてきた。音に誘われて歩いて行ったら、青空コンサート会場にたどり着いた。

白鳥庭園でのコンサートは、偶然の出会いだった。この日たまたま、国際会議場から、白鳥庭園まで新緑の並木道を歩いた。新緑の公園もすばらしかったし、堀川沿いの並木道もすがすがしかったし、堀川の川の流れもきれいだった。すばらしコンサートだった。


posted by 花井英男 at 16:35| 文学・芸術